第34回介護福祉士筆記試験

 

【人間の尊厳と自立】2問   1〜2問題 注意:【介護の基本】【人間の尊厳と自立】は同一試験科目群です。

 問題1 著書「ケアの本質-生きることの意味」 の中で、 「一人の人格をケアするとは、最も深い意味で、 その人が成長すること、 自己実現することをたすけることである」と述べた人物として、 正しいものを1つ選びなさい。

1神谷美恵子

2糸賀一雄

3フローレンス・ナイチンゲール(Nightingale, F)

4ミルトン・メイヤロフ(Mayeroff. M)

5ベンクト・ニィリエ (Nirje. B)

解答

1×精神科医でハンセン病(ライ病)患者のために人生を捧げた人物です。

2×日本の社会福祉の実践家。で知的障害のある子どもたちの福祉と教育に一生を捧げた人物です。

3×近代看護教育の母として有名。

4〇著書の. 「ケアの本質-生きることの意味」は、日本ではケアについて論じる際の必読文献となっています。

5×ノーマライゼーション8つの原則の提唱者です。

 

間題2 Aさん 80歳、女性、要介護)は、筋力や理解力の低下がみられ、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。 訪間介護員(ホームへルバー)がいない時間帯は、同居している長男(53歳 無職)に頼って生活をしている。 長男はAさんの年金で生計を立てていて、 ほとんど外出しないで家にいる。ある時、Aさんは訪間介護員 (ホームへルパー)に、「長男は暴力がひどくてね。この間も殴られて. とても怖かった。長男には言わないでね。あとで何をされるかわからないから」と話した。 訪問介護員(ホームへルパー)は、 Aさんのからだに復数のあざがあることを確認した。訪問介護員(ホームヘルパー)の対応に関する次の記述のうち、 最も適切なものを1つ選びなさい。

1長男の虐待を疑い、上司に報告し、市町村に通報する。

2長男の仕事が見つかるようにハローワークを紹介する。

3 Aさんの気持ちを大切にして何もしない。

4すぐに長男を別室に呼び、 事実を確認する。

5長男の暴力に気づいたかを近所の人に確認する。

解答

1〇虐待は疑った段階で通告する義務があります。

2×

3×

4×

5×

 

人間関係とコミュニケーション】(2問) 3〜4問題 【人間関係とコミュニケーション】、【コミュニケーション技術】は同一科目試験群です。

問題 3 介護福祉職はBさんから, 「認知症 (dementia)の母の介護がなぜかうまくいかない。 深夜に俳御するので, 心身共に疲れてきた」と相談された。 介護福祉職は,「落ち込んでいてはダメですよ。 元気を出して頑張ってください」とBさんに言った。後日,介護福祉職はBさんに対する自身の発言を振り返り,不適切だったと反省した。介護福祉職はBさんに対してどのような返答をすればよかったのか, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1「お母さんに施設へ入所してもらうことを検討してはどうですか」

2「私も疲れているので, よくわかります」

3「認知症(dementia)の方を介護しているご家族は,皆さん疲れていますよ」

4「近所の人に助けてもらえるように,私から言っておきます」

5「お母さんのために頑張ってきたんですね」

解答

1×

2×

3×

4×

5〇受容や共感が必要な言葉かけとして最も適切。

 

問題4 利用者とのコミュニケーション場面で, 介護福祉職が行う自己開示の目的として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 ジョハリの窓(Johari Window)の「開放された部分(open area)」を狭くするために行う。

2 利用者との信頼関係を形成するために行う。

3 利用者が自分自身の情報を開示するために行う。

4 利用者との信頼関係を評価するために行う。

5 自己を深く分析し, 客観的に理解するために行う。

解答

1×他者とのコミュニケーションを円滑に進めるためには、ジョハリの窓の中で開放の窓を広げることが重要だと説いています。開放の窓を広げることで、他者とのコミュニケーションで信頼感を高めることができるという考え方です。

2〇自分にとって都合の良い情報だけでなく、悩みや弱点を含めたありのままの自分を開示することで信頼関係が築けるというというのが自己開示の目的です。

3×

4×

5×

 

 【社会の理解】(12問) 5〜16問題

問題5 2016(平成28)に闇議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」にのる「地域共生社会の実現」に関する記述として、 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 日本型福祉社会の創造

2 我が事・丸ごとの地域づくり

3 健康で文化的な最低限度の生活の保障

4 社会保障と税の一体改革

5 皆保険·皆年金体制の実現

解答

1×

2〇「地域共生社会」とは、制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が『我が事』として参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えて『丸ごと』つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を目指すものです。

3×

4×

5×

 

問題6 2019(平成31年、 令和元年)の日本の世帯に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 平均世帯人員は、 3人を超えている。

2 世帯数で最も多いのは、2人世帯である。

3 単独世帯で最も多いのは、 高齢者の単独世帯である。

4 母子世帯数と父子世帯数を合算すると、高齢者世帯数を超える。

5 全国の世帯総数は、 7千万を超えている。

解答

1×

2選択肢について、総務省と厚生労働省の調査で数値が異なっております。

3△選択肢について、総務省と厚生労働省の調査で数値が異なっております。

4×

5×2019(令和元)年6月6日現在における全国の世帯総数は 5178 5 千世帯

 

問題7 2015(平成27) 以降の日本の社会福祉を取り巻く環境に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1人口は,増加傾向にある。

2共働き世帯数は,減少傾向にある。

3 非正規雇用労働者数は, 減少傾向にある。

4 高齢世代を支える現役世代(生産年齢人口), 減少傾向にある。

5 日本の国民負担率は, OECD加盟国の中では上位にある。

() 0ECDとは, 経済協力開発機構 (Organisation for Economic Co-operation and Development)のことで, 2020(令和2)現在 38か国が加盟している。

解答

1×減少傾向

2×増加傾向

3×増加傾向

4

5×国民負担率は31.4で、OECD加盟国の中では日本は国民負担率は低い部類に入る。

 

問題8 次のうち, 2020(令和2)の社会福祉法等の改正に関する記述として最も適切なものを1つ選びなさい。

1 市町村による地域福祉計画の策定

2 入所施設の重点的な拡充

3 医療·介護のデータ基盤の整備の推進

4 市町村直営の介護サービス事業の整備拡充

5 ロボット等の機械の活用から人によるケアへの転換

() 2020(令和2)の社会福祉法等の改正とは, 「地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律(令和2年法律第 52)」をいう。

解答

1×

2×

3〇下記参照

4×

5×

参考 「地域共生社会の実現のための社会福祉法等の一部を改正する法律(令和2年法律第 52)

1.地域住民の複雑化・複合化した支援ニーズに対応する市町村の包括的な支援体制の構築の支援 【社会福祉法、介護保険法】

2.地域の特性に応じた認知症施策や介護サービス提供体制の整備等の推進 【介護保険法、老人福祉法】

3.医療・介護のデータ基盤の整備の推進 【介護保険法、地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律】

4.介護人材確保及び業務効率化の取組の強化 【介護保険法、老人福祉法、社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律】

5.社会福祉連携推進法人制度の創設 【社会福祉法】

 

問題9  Cさん(78歳、男性、 要支援1)は、 公的年金 (月額19万円)で公営住宅の3階で一人暮らしをしている。妻と死別後も通所型サービスを利用し、自炊を楽しみながら生活している。最近、膝の具合がよくないこともあり、階段の上り下りが負担になってきた。そこで、転居について、通所型サービスのD介護福祉士に相談をした。次のうち、D介斑福祉士がCさんに紹介する住まいの場として、最も適切なものを1つ選びなさい。

I 認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

2 介護付有料老人ホーム

3 軽費老人ホームA

4 サービス付き高齢者向け住宅

5 養護老人ホーム

解答

1×

2×

3×

4〇比較的介護度が軽い方、自立している方が、自宅で暮らすことが難しくなってきた時の選択肢となることが多い住宅という点でCさんに最も適切。

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の高齢者、あるいは要介護者認定を受けた60歳未満の方が入居対象となっています。

同居できる方の条件は主に以下の3点です。

1配偶者(届出はしていないが事実上の夫婦と同様の関係にあるものも含む)

60歳以上の親族、要支援・要介護認定を受けている親族

3特別な理由により同居させる必要があると知事が認める者

5×

 

問題10

 介護保険制度の保険給付の財源構成として、 適切なものを1つ選びなさい。

1 保険料

2 公費

3 公費、保険料、 現役世代からの支援金

4 公費、第一号保険料

5 公費、第一号保険料、 第二号保険料

解答

1×

2×

3×

4×

5

 

 問題 11 2016 (平成28)生活のしづらさなどに関する調査 (全国在宅障害児者等実態調査)(厚生労働省)における身体障害,知的障害,精神障害の近年の状況に関する次の記述のうち, 正しいものを1つ選びなさい。

1 最も人数の多い障害は, 知的障害である。

2 施設入所者の割合が最も高い障害は,身体障害である。

3 在宅の身体障害者のうち, 65歳以上の割合は7割を超えている。

4 在宅の知的障害者の数は,減少傾向にある。

5 精神障害者の8割は, 精神障害者保健福祉手帳を所持している。

解答

1×身体障害者が最も多い

2×知的障害者

3〇年齢階級別で対前回比をみると、65 歳以上の増加が顕著となっていて約74%の割合

4×増加傾向にある

5×

 

問題 12 Eさん(30 , 女性, 知的障害, 障害支援区分2), 現在,日中は特例子会社で働き,共同生活援助(グループホーム)で生活している。 今後,一人暮らしをしたいと思っているが、初めてなので不安もある。次のうち、Eさんが安心して一人暮らしをするために利用するサービスとして,適切なものを1つ選びなさい。

1 行動援護

2 同行援護

3 自立訓練(機能訓練)

4 自立生活援助

5 就労継続支援

解答

1×障害支援区分が区分3以上

2×「同行援護」とは、視覚障がいがあるために移動の案内が必要な人が使うことができるサービス

3×自立訓練(機能訓練)は、地域生活を営む上で、身体機能・生活能力の維持・向上等のため、一定の支援が必要な方が対象となるがEさんは該当しない。

4〇自立生活援助は、「居宅において単身等で生活する障害者につき、定期的な巡回訪問又は随時通報を受 けて行う訪問、相談対応等により、居宅における自立した日常生活を営む上での各般の問題を把握し、 必要な情報の提供及び助言並びに相談、関係機関との連絡調整等の自立した日常生活を営むために必要 な援助を行う。」 と規定されておりEさんに最も適している。

5×Eさんは現に就労しており就労が困難な人に対する支援は必要ない

 

 問題 13 重度訪問介護に関する次の記述のうち, 適切なものを1つ選びなさい。

1外出時における移動中の介護も含まれる。

2 知的障害者は対象にならない。

3 利用者が医療機関に入院した場合,医療機関で支援することはできない。

4 訪問看護の利用者は対象にならない。

5 障害が視覚障害のみの場合でも利用できる。

解答

1

居宅における

■ 入浴、排せつ及び食事等の介護

■ 調理、洗濯及び掃除等の家事

■ その他生活全般にわたる援助

■ 外出時における移動中の介護

2×重度訪問介護を利用できるのは、原則として18歳以上の重度の肢体不自由者、重度行動障がいのある知的障害者や精神障害者

3×利用可能

4×

5×重度訪問介護を利用できるのは、原則として18歳以上の重度の肢体不自由者、重度行動障がいのある知的障害者や精神障害者

参考 重度訪問介護を利用できるのは、原則として18歳以上の重度の肢体不自由者、重度行動障がいのある知的障害者や精神障がい者です。 障害支援区分「4以上」で、条件を満たす肢体不自由や行動障がいのある人が利用できます。 15歳以上の障害児も、児童相談所長が必要性を認めた場合には利用できます。

 

問題 14 成年後見関係事件の概況(令和21月〜12) (最高裁判所事務総局家庭局)における。成年後見人等として活動している人が最も多い職種として,正しいものを1つ選びなさい。

1 行政書士

2 司法書士

3 社会保険労務士

4 精神保健福祉士

5 税理士

解答

1×

2

3×

4×

5×

 

問題 15 保健所に関する次の記述のうち, 正しいものを1つ選びなさい。

1 保健所の設置は, 医療法によって定められている。

2 保健所は,全ての市町村に設置が義務づけられている。

3 保健所は,医療法人によって運営されている。

4 保健所の所長は, 保健師でなければならない。

5保健所は、結核(tuberculosis)などの感染症の予防や対策を行う。

解答

1×医療法→地域保健法

2×全市町村設置の義務付けはない

3×地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核市、その他指定された市(保健所政令市)、特別区(東京23区)が設置し運営されている

4×医師

5

 

問題 16 生活保護制度に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 生活保護の給付方法には, 金銭給付と現物給付がある。

2 生活保護の申請は, 民生委員が行う。

3 生活保護法は, 日本国憲法第 13条にある幸福追求権の実現を目的としている。

4 生活保護を担当する職員は, 社会福祉士の資格が必要である。

5 生活保護の費用は, 国が全額を負担する。

解答

1〇生活扶助は現金給付、その他は全て現物給付

2×日本に永住権があって生活に困っている人なら誰にでも申請する権利がある

3×生活保護法は、日本国憲法第25条の「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」の理念に基づいている

4×生活保護業務を行うケースワーカーは社会福祉主事であることが、法律で定められている

5×保護費の4分の3は国が負担。 残り4分の1が自治体負担

 

 【介護の基本】(10問) 17〜26問題

問題 17 Fさん(66 , 戸籍上の性別は男性, 要介護3), 性同一性障害であることを理由に施設利用を避けてきた。 最近,数年前の脳卒中 (stroke)の後遺症がひどくなり,一人暮らしが難しくなってきた。 Fさんは, 担当の訪問介護員(ホームヘルパー)に施設入所について, 「性同一性障害でも施設に受け入れてもらえるでしょうか」と相談した。訪問介護員(ホームヘルパー)の応答として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1「居室の表札は,通称名ではなく戸籍上の名前になります」

2「多床室になる場合がありますよ」

3「施設での生活で心配なことは何ですか」

4「トイレや入浴については問題がありますね」

5「同性による介護が原則です」

解答

1×

2×

3

4×

5×

 

問題 18 利用者主体の考えに基づいた介護福祉職の対応に関する次の記述のうち最も適切なものを1つ選びなさい。

1.1人で衣服を選ぶことが難しい利用者には, 毎日の衣服を自分で選べるような声かけをする。

2 食べこぼしが多い利用者には,こぼさないように全介助する。

3 認知症(dementia) の利用者には, 排池の感覚があっても, 定時に排池の介護を行う。

4 転倒しやすい利用者には, 事故防止のため立ち上がらないように声をかける。

5 入浴が自立している利用者も, 危険を避けるため個別浴ではなく集団での入浴とする。

解答

1〇本人の意思を尊重したものなので適切

2×自分で食事を摂ることが困難な方には全介助は必要であるが、自力で食事ができる場合には食べこぼしがある程度では一部介助が望ましい

3×定時に行うより、排泄パターンを理解したうえで本人のペースにあった介助をおこなう

4×

5×入浴が自立できている利用者の個別浴の場合は、利用者自身が浴槽をまたぐ必要があるため機能維持にもつながります。

 

問題 19 利用者の自立支援に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1利用者の最期の迎え方を決めるのは, 家族である。

2 利用者が話しやすいように, 愛称で呼ぶ。

3 利用者が自分でできないことは, できるまで見守る。

4 利用者の生活のスケジュールを決めるのは, 介護福祉職である。

5 利用者の意見や希望を取り入れて介護を提供する。

解答

1×本人の希望が第一でなければならない

2×利用者の尊厳・人格の尊重の点から愛称で呼ぶことは不適切

3×できるまで見守るではなく、自分でできない場合は了解をとって一部補助するなりの対応をおこなう

4×本人の希望を尊重する

5

 

 問題 20 Gさん(70 , 男性, 要介護2), パーキンソン病 (Parkinson disease)と診断されていて, 外出するときは車いすを使用している。 歩行が不安定なため週2回通所リハビリテーションを利用している。 Gさんは,1年前に妻が亡くなり,息子と二人暮らしである。 Gさんは社交的な性格で地域住民との交流を望んでいるが、自宅周辺は坂道や段差が多くて移動が難しく, 交流ができていない。Gさんの状況をICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)で考えた場合, 参加制約の原因になっている環境因子として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 パーキンソン病 (Parkinson disease)

2 不安定な歩行

3 息子と二人暮らし

4 自宅周辺の坂道や段差

5 車いす

解答

1×健康状態

2×心身機能

3×個人因子

4〇参加制約の原因になっている環境因子

5×

 

問題 21 Hさん (75 , 女性, 要介護2), (17, 男性, 高校生) と自宅で二人暮らしをしている。 Hさんは関節疾患 (joint disease) があり, 通所リハビリテーションの利用を開始した。 介護福祉職が送迎時に孫から,「祖母は,日常生活が難しくなり,自分が食事を作るなどの機会が増え, 家事や勉強への不安がある」と相談された。介護福祉職の孫への対応として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1「今までお世話になったのですから, 今度はHさんを支えてください」

2「家事が大変なら, Hさんに介護老人福祉施設の入所を勧めましょう」

3「高校の先生や介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談していきましょう」

4「家でもリハビリテーションを一緒にしてください」

5「近所の人に家事を手伝ってもらってください」

解答

1×

2×

3〇基本的には支援が必要なヤングケアラーが確認できた場合は、まずは地域包括支援センターに連絡することだと思います。また高校の先生に相談することも有効です。1〜5の中には地域包括支援センターはありませんが介護支援専門員(ケアマネジャー)への相談が最も適切です。

4×

5×

 

問題 22 介護保険制度のサービス担当者会議に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1. 会議の招集は介護支援専門員(ケアマネジャー)の職務である。

2 利用者の自宅で開催することが義務づけられている。

31回以上の頻度で開催することが義務づけられている。

4 サービス提供者の実践力の向上を目的とする。

5 利用者の氏名は匿名化される。

解答

1〇サービス担当者会議とは、ケアマネージャーが作成したケアプランの内容を各サービスの担当者が集まって検討しあう会議なので正解

2×開催場所については規定されていない

3×月1回以上の規定はなし。原則としてケアプラン作成・変更時、要介護認定更新時、要介護認定区分変更時、継続して福祉用具を利用する場合には開催が義務づけられている。

4×目的としては、利用者・家族の意向の確認や事業者から専門的意見を求め、ケアプランの修正や最終決定をする場となっている。

5×実名で論議する

参考 過去に同様の問題(第28回試験)

サービス担当者会議に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1サービス提供者の実践力の向上を主な目的とする。  

2 .利用者とその家族の参加を基本とする。  

3 .市町村社会福祉協議会が主催する。 

4 .市町村の会議室で開催することが望ましい。 

5 .利用者を匿名にして議論する。

 

問題 23 社会資源に関する次の記述のうち, フォーマルサービスに該当するものとして,適切なものを1つ選びなさい。

1一人暮らしの高齢者への見守りを行う地域住民

2 買物を手伝ってくれる家族

3 ゴミ拾いのボランティア活動を行う学生サークル

4 友人や知人と行う相互扶助の活動

5 介護の相談を受ける地域包括支援センター

解答

1×下記参照

2×下記参照

3×下記参照

4×下記参照

5〇下記参照

参考 フォーマルサービス(=フォーマルケア)とは公的機関や専門職による制度に基づくサービスや支援のことで、具体的には、介護保険(介護予防)サービス、介護保険外の行政サービス、医療・保健サービス、地域包括支援センターや社会福祉協議会の支援、非営利団体(NPO)などの制度に基づくサービスなどが挙げられます。

 

問題 24 介護福祉士の職業倫理に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 介護が必要な人を対象にしているため, 地域住民との連携は不要である。

2 全ての人々が質の高い介護を受けることができるように,後継者を育成する。

3 利用者のためによいと考えた介護を画一的に実践する。

4 利用者に関する情報は, 業務以外では公表してよい。

5 利用者の価値観よりも,介護福祉士の価値観を優先する。

解答

1×下記参照

2〇下記参照

3×下記参照

4×下記参照

5×下記参照

参考 日本介護福祉士会倫理綱領

(利用者本位、自立支援)

介護福祉士は、すべての人々の基本的人権を擁護し、一人ひとりの住民が心豊かな暮らしと老後が送れるよう利用者本位の立場から自己決定を最大限尊重し、自立に向けた介護福祉サービスを提供していきます。

(専門的サービスの提供)

介護福祉士は、常に専門的知識・技術の研鑽に励むとともに、豊かな感性と的確な判断力を培い、深い洞察力をもって専門的サービスの提供に努めます。

また、介護福祉士は、介護福祉サービスの質的向上に努め、自己の実施した介護福祉サービスについては、常に専門職としての責任を負います。

(プライバシーの保護)

介護福祉士は、プライバシーを保護するため、職務上知り得た個人の情報を守ります。

(総合的サービスの提供と積極的な連携、協力)

介護福祉士は、利用者に最適なサービスを総合的に提供していくため、福祉、医療、保健その他関連する業務に従事する者と積極的な連携を図り、協力して行動します。

(利用者ニーズの代弁)

介護福祉士は、暮らしを支える視点から利用者の真のニーズを受けとめ、それを代弁していくことも重要な役割であると確認したうえで、考え、行動します。

(地域福祉の推進)

介護福祉士は、地域において生じる介護問題を解決していくために、専門職として常に積極的な態度で住民と接し、介護問題に対する深い理解が得られるよう努めるとともに、その介護力の強化に協力していきます。

(後継者の育成)

介護福祉士は、すべての人々が将来にわたり安心して質の高い介護を受ける権利を享受できるよう、介護福祉士に関する教育水準の向上と後継者の育成に力を注ぎます。

 

問題 25 施設における利用者の個人情報の安全管理対策として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 介護福祉職が個人所有するスマートフォンの居室への持込みは制限しない

2 不要な個人情報を破棄する場合は, 万が一に備えて復元できるようにしておく。

3 利用者からの照会に速やかに応じるために, 整理用のインデックス (index) は使用しない。

4個人情報に関する苦情対応体制について, 施設の掲示板等で利用者に周知徹底する。

5 個人情報の盗難を防ぐために, 職員の休憩室に監視カメラを設置する。

解答

1×

2×不要な個人情報に対し復元は必要ない

3×インデックス使用のほうが素早い対応ができる

4

5×個人のプライバシーに関する情報となるので不適切

 

 問題 26 訪問介護員(ホームヘルパー) , 利用者や家族からハラスメント(harassment)を受けたときの対応に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者に後ろから急に抱きつかれたが, 黙って耐えた。

2 利用者から暴力を受けたので,「やめてください」と伝え,上司に相談した。

3 利用者が繰り返す性的な話を,苦痛だが笑顔で聞いた。

4 家族から暴言を受けたが, 担当なのでそのまま利用者宅に通った。

5 家族からサービス外のことを頼まれて, 断ったら怒鳴られたので実施した。

解答

1×下記参照

2〇下記参照

3×下記参照

4×下記参照

5×下記参照

参考 介護事業者が講ずることが望ましい取組

1相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備

2被害者への配慮のための取組(メンタルヘルス不調への相談対応、行為者に対して1人で対応させない等)

3被害防止のための取組(マニュアル作成や研修の実施等、業種、業態等の状況に応じた取組)

 

 【コミュニケーション技術】8問 27〜34問

問題 27 介護福祉職が利用者とコミュニケーションをとるときの基本的な態度として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 上半身を少し利用者のほうへ傾けた姿勢で話を聞く

2 利用者の正面に立って話し続ける。

3 腕を組んで話を聞く。

4 利用者の目を見つめ続ける。

5 緊張感が伝わるように, 背筋を伸ばす。

解答

1上半身を少し利用者のほうへ傾けた姿勢で話を聞くほうがコミュニケーションがとりやすい

2×相手に緊張や圧迫感を与えてしまう

3×相手に緊張や圧迫感を与えてしまう

4×相手に緊張や圧迫感を与えてしまう

5×相手に緊張や圧迫感を与えてしまう

 

問題 28 介護福祉職によるアサーティブコミュニケーション(assertive communication) として, 最も適切なものを1つ選びなさい

1 利用者の要求は, 何も言わずにそのまま受け入れる。

2 利用者から苦情を言われたときは, 沈黙して我慢する。

3 利用者を説得して介護福祉職の都合に合わせてもらう。

4 介護福祉職の提案に従うことが利用者の利益になると伝える。

5 利用者の思いを尊重しながら, 介護福祉職の意見を率直に伝える。

解答

1×自分の意見を飲み込むことはアサーティブコミュニケーションに該当しない

2×自分の意見を言わず我慢することはアサーティブコミュニケーションに該当しない

3×

4×

5〇アサーティブコミュニケーションとは、自分と相手の両者の双方を尊重した自己表現をすることです。

参考 アサーティブコミュニケーション→アサーティブ(assertive)とは、「自己主張すること」という意味です。ただし、ここでいう自己主張とは、自分の主張を一方的に述べることではなく、相手を尊重しながら適切な方法で自己表現を行うことを指します。つまりアサーティブ・コミュニケーションとは、お互いを尊重しながら意見を交わすコミュニケーションのことです。

 

次の事例を読んで, 問題 29, 問題 30 について答えなさい。

【事 例)

Jさん(75 ,男性)は先天性の全盲である。 これまで自宅で自立した生活をしてきたが、最近,心身機能の衰えを感じて, 有料老人ホームに入居した。施設での生活にまだ慣れていないので, 移動は介護福祉職に誘導してもらっている。ある日,介護福祉職がJさんを自室まで誘導したときに, 「いつも手伝ってもらってすみません。なかなか場所を覚えられなくて。私はここでやっていけるでしょうか」と話してきた。

 

問題 29 Jさんの発言への介護福祉職の共感的理解を示す対応として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 Jさんの発言にうなずく。

2 Jさんの発言のあと沈黙する。

3 Jさんの話の内容を短くまとめて伝える。

4 Jさんの立場に立って感情を推し測り, 言葉で表現して伝える。

5 Jさんの気持ちが前向きになるように, 励ましの言葉を伝える。

解答

1×先天性の全盲なのでコミュニケーションにならない

2×共感的理解の対応ではない

3×共感的理解の対応ではない

4

5×励ましの言葉より共感が大切

 

問題 30 Jさんの不安な気持ちを軽くするための介護福祉職の対応として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 いきなり声をかけると驚くので, 肩にふれてから挨拶をする。

2 誘導時の声かけは歩行の妨げになるので, 最小限にする。

3 角を曲がるときには, 「こちらに」と方向を伝える。

4 トイレや食堂などを, 一緒に歩きながら確認する。

5 食堂の座席は, Jさんの好きなところに座るように伝える。

解答

1×声かけした後に、握手をしてください、それによって背の高さなど、体格がわかり親近感を持ちます。

2×細かい点についてまでの声かけが必要

3×先天性の全盲であるJさんには不適切

4

5×

 

次の事例を読んで, 問題31, 問題 32 について答えなさい。

【事 例)

Kさん(83 ,女性, 要介護3), 10年前の脳出血(cerebral hemorrhage)による後遺症で高次服脳機能障害 (higher brain dysfunction) がある。感情のコントロールが難しく,興奮すると大声をあげて怒りだす。 現在は,訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用しながら,自宅で長男(60 ) と二人暮らしをしている。長男は,会社を3年前に早期退職し, Kさんの介護に専念してきた。 顔色が悪く。介護による疲労を訴えているが, 「介護を続けて, 母を自宅で看取りたい」と強く希望している。別居している長女は,長男の様子を心配して, 「母親の施設入所の手続きを進めたい」という意向を示している。

 

問題31

訪問介護員(ホームヘルパー)が、 興奮しているときのKさんとコミュニケーションをとるための方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 興奮している理由を詳しく聞く。

2 興奮することはよくないと説明する。

3 冷静になるように説得する。

4 事前に作成しておいた日課表に沿って活動してもらう。

5 場所を移動して話題を変える。

解答

1×興奮時に理由を詳しく聞いても意味なし

2×興奮時の対応として不適切

3×

4×

5〇このような気をそらす対応が最も適切

 

問題32

長男に対する訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として、 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 長男自身の意向を変える必要はないと励ます。

2 Kさん本人の意向が不明なため、 長男の希望は通らないと伝える。

3 これまでの介護をねぎらい、自宅での看取りを希望する理由を尋ねる。

4 自宅での生活を継続するのは限界だと説明する。

5 長女の言うように、 施設入所の手続きを進めることが正しいと伝える。

解答

1×

2×

3

4×

5×

 

問題 33 利用者の家族から苦情があったときの上司への報告に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい

1 苦情の内容について, 時間をかけて詳しく口頭で報告した。

2 すぐに口頭で概要を報告してから, 文書を作成して報告した。

3 結論を伝えることを重視して, 「いつもの苦情です」とすぐに報告した。

4 上司が忙しそうだったので, 同僚に伝えた。

5 自分の気持ちが落ち着いてから,翌日に報告した。

解答

1×文章報告が大事

2

3×文章報告が大事

4×上司に文章で伝えなければならない

5×迅速的対応ではない

 

問題 34 利用者の自宅で行うケアカンファレンス(care conference)に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 検討する内容は, インフォーマルなサポートに限定する。

2 介護福祉職の行った介護に対する批判を中心に進める。

3 利用者本人の参加を促し,利用者の意向をケア方針に反映させる。

4 意見が分かれたときは, 多数決で決定する。

5 対立を避けるために, 他の専門職の意見には反論しない。

解答

1×検討する内容は, フォーマルとインフォーマル

2×

3

4×ケアカンファレンスでは、多数決で決めることはせず、少数でも重要な意見は取り入れます。

5×他の専門職の意見もとりいれ論議を行う

参考  ケアカンファレンス過去問題

ケアカンファレンス(care conference)に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 議題は司会者が把握しておけばよい。

2 経験年数の長い職員の意見に従う。

3 自分の思いにこだわって発言する。

4 意見が分かれるときは、多数の意見を尊重する。

5 各職種の専門性を理解して参加する。

解答

1 ✕ケアカンファレンスは他職種間の話し合いの場所です。議題は参加者全員で把握します。

2 ✕経験年数にかかわらず、専門的観点から意見を出し合います。

3 ✕自分の意見にこだわるのではなく、自分の専門性のある意見を出します。"

4 ✕ケアカンファレンスでは、多数決で決めることはせず、少数でも重要な意見は取り入れます。

5 〇設問のとおりケアカンファレンスは他職種間の話し合いの場所であり、どのような専門職が参加するかを理解して参加します。

 

 【生活支援技術】26問 35〜60問題

問題 35 老化に伴う機能低下のある高齢者の住まいに関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 寝室はトイレに近い場所が望ましい。

2 寝室は玄関と別の階にする。

3 夜間の騒音レベルは80 dB 以下になるようにする。

4 ベッドは照明の真下に配置する。

5 壁紙と手すりは同色にするのが望ましい。

解答

1

2×

3×昼間にあっては45デシベル以下、夜間にあっては40デシベル以下

4×ベッドに横になったときに眩しい光源が直接目に入らない位置が望ましい。

5×別色のほうが区別しやすく安全である

 

問題 36 Lさん (25 , 男性) ,7胸髄節(Th7) を損傷したが, 現在, 状態は安定していて,車いすを利用すれば1人で日常生活ができるようになった。 図はLさんの自宅の浴室であり, 必要な手すりは既に設置されている。Lさんが1人で浴槽に入るための福祉用具として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 段差解消機

2 ストレッチャー

3 すべり止めマット

4 四点歩行器

5 移乗台

解答

1×

2×

3×

4×

5〇下画像参照

 

問題37 耳の清潔に関する介護福祉職の対応として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 耳垢(じこう)の状態を観察した。

2 綿棒を外耳道の入口から3cm程度挿入した。

3. 耳介を上前方に軽く引きながら,耳垢(じこう)を除去した。

4 蒸しタオルで耳垢(じこう)塞栓(そくせん)を柔らかくして除去した。

5 耳かきを使用して, 耳垢(じこう)を毎日除去した。

 

解答

1〇介護福祉職といてはまず耳垢の観察をすること

2×耳掃除は奥側の耳垢を取り出すのではなく、外側まで出てきたものをふき取る程度で十分。奥まで綿棒などをいれた場合、出てこようとしている耳垢を押し込んでしまい、かえって耳垢が溜まりやすくなる。

3×

4×耳鼻咽喉科において耳鏡や顕微鏡で耳の中を見ながら、耳垢鉗子や吸引管などを使って耳の穴を塞いでいる耳あかを取り除きます。

5×基本的に耳には自浄作用があるため何もしなくても耳垢は自然に体外へ排出されるので毎日の除去は必要なし

 

 

問題 38 歯プラシを使用した口腔ケアに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 歯ブラシの毛は硬いものを勧める。

2 強い力で磨く。

3 歯と歯肉の境目ブラッシングは避ける。

4.歯ブラシを小刻みに動かしながら磨く。

5 使用後の歯プラシは, 柄の部分を上にしてコップに入れて保管する。

解答

1×歯茎を傷めるので柔らかいものを使用

2×強すぎると歯や歯肉を傷める原因となる

3×歯と歯ぐきの境目には段差があり歯垢がたまる原因となるのでよくブラッシング

4

5×ヘッドを下にしたり、乾きにくい場所で保管したりするのはNG

 

問題 39 Mさん(84 ,男性),10年前に脳梗塞 (cerebral infarction)右片麻輝になり,右上肢の屈曲拘縮がある。今までは自分で洋服を着ていたが, 1週間ほど前から左肩関節の周囲に軽い痛みを感じるようになり, 上着の着脱の介護が必要になった。Mさんへの上着の着脱の介護に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 服を脱ぐときは,右上肢から脱ぐ。

2 右手首に袖を通すときは, 介護福祉職の指先に力を入れて手首をつかむ。

3 右肘関節を伸展するときは, 素早く動かす。

4 右肘に袖を通すときは, 前腕を下から支える。

5 衣類を準備するときは, かぶり式のものを選択する。

解答

1×着患脱健の原則により、Mさんは左側が麻痺なしなので左上肢から脱ぎます。

2×

3×右片麻輝で,右上肢の屈曲拘縮があるので慎重に動かす。

4

5×服の上衣の形には、かぶり式と前あき式があるが、右片麻輝で,右上肢の屈曲拘縮があるのでかぶり式よりも前あき式のほうが便利。

 

問題 40 経管栄養を行っている利用者への口腔ケアに関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 スポンジブラシは水を大量に含ませて使用する。

2 上顎部は,口腔(こうくう)の奥から手前に向かって清拭する。

3 栄養剤注入後すぐに実施する。

4 口腔内(こうこうない)を乾燥させて終了する。

5 空腹時の口腔(こうくう)ケアは避ける。

解答

1×水を大量に含ませると誤嚥のおそれがあるので必要最小限に

2

3×口腔ケアの刺激が原因で嘔吐や逆流を起こしてしまう可能性があるので、栄養注入終了後、一定の時間を空けてからか栄養注入前に口腔ケアを行う必要がある。

4×口腔内を湿させて終了

5×刺激による嘔吐や嘔吐物の誤嚥を避けるために、栄養注入直後は避け、空腹時に口腔ケアを行う。

 

問題 41 スライディングボードを用いた、ベッドから車いすへの移乗の介護に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 アームサポートが固定された車いすを準備する。

2 ペッドから車いすへの移乗時には, ベッドを車いすの座面より少し高くする。

3 ベッドと車いすの間を大きくあけ, スライディングボードを設置する。

4 スライディングボード上では, 臀部(でんぶ)を素早く移動させる。

5 車いすに座位を安定させ, からだを傾けずにスライディングボードを抜く。

 解答

1×

2

3×

4×

5×

参考 車いす移乗動画

 

 

問題 42 利用者を仰臥(ぎょうが)()(背臥位(はいがい))から側臥(そくが)()へ体位変換するとき, トルクの原理を応用した介護方法として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者とベッドの接地面を広くする。

2 利用者の下肢を交差させる。

3 利用者の膝を立てる。

4 滑りやすいシートを利用者の下に敷く。

5 利用者に近づく。

解答

1×

2×

3〇ベッドなどで仰向け(仰臥位)になっている要介護者の体勢を変えるときには、膝をたてて身体を小さくまとめてもらいます。すると、介助する側が小柄でも簡単に姿勢を変えることができます。これをトルクの原理と言います。

4×

5×

 

問題 43 視覚障害のある利用者の外出に同行するときの支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 トイレを使用するときは, トイレ内の情報を提供する。

2 階段を上るときは, 利用者の手首を握って誘導する。

3 狭い場所を歩くときは、利用者の後ろに立って誘導する。

4 タクシーに乗るときは,支援者が先に乗って誘導する。

5 駅ではエレベーターよりエスカレーターの使用を勧める。

解答

1

2×支援者が利用者の前の位置で、腕を握ってもらい誘導

3× 「ここからせまくなります」と声をかけて、持ってもらっている腕を背中側に回す。誘導されている人は真後ろに入って一列で通る。

4×視覚障害者が先に乗車し、誘導者は後で乗り、ドアの開閉は誘導 者が行います。 降りるときは、誘導者が先になります。

5×エレベーターのほうが安全

 

問題 44 Aさん (78, 男性, 要介護2), 脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症で嚥下(えんげ)障害がある。 自宅で妻と二人暮らしで, 訪問介護(ホームヘルプサービス)を週1回利用している。 訪問時,妻から,「飲み込みの難しいときがある。上手に食べさせるにはどうしたらよいか」と相談があった。訪問介護員(ホームヘルパー)の助言として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 食事のときは, いすに浅く座るように勧める。

2 会話をしながら食事をするように勧める。

3 食事の後に嚥下(えんげ)体操をするように勧める。

4 ,野菜,魚などは軟らかく調理するように勧める。

5 おかずを細かく刻むように勧める。

解答

1×浅く座ると頭部が後ろにのけぞった姿勢になる可能性があり、誤嚥のリスクが高まる。 そのため、深くしっかり座る姿勢が良い

2×

3×嚥下体操を実施する一番よいタイミングは、お食事前

4

5×

 

問題 45 慢性腎不全 (chronic renal failure)の利用者の食材や調理方法として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 エネルギーの高い植物油を控える。

2 レモンや香辛料を利用し, 塩分を控えた味付けにする。

3 肉や魚を多めにする。

4 砂糖を控えた味付けにする。

5 野菜は生でサラダにする。

解答

1×蛋白制限を行うと、その分の摂取カロリーが減るので蛋白質以外の栄養素である「糖質」と「脂質」でカロリーを補給します。

2

3×腎機能が低下すると、電解質の1つであるカリウムの排泄も減少し、「高カリウム血症」が認められます。したがって、カリウム制限が必要になります。肉や魚はカリウムが多いので制限が必要

4×砂糖は問題なし。ただし塩分の摂りすぎに注意。食塩摂取量の基本は、3g/日以上6g/日未満です。

5×

 

問題 46 利用者の食事支援に関して, 介護福祉職が連携する職種として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 スプーンや箸がうまく使えないときは, 食事動作の訓練を言語聴覚士に依頼する。

2 咀嚼(そしゃく)障害があるときは、義歯の調整を作業療法士に依頼する。

3 座位の保持が困難なときは, 体幹訓練を理学療法士に依頼する。

4 摂食,嚥下(えんげ)障害があるときは, 嚥下(えんげ)訓練を義肢装具士に依頼する。

5 食べ残しが目立つときは,献立や調理方法の変更を社会福祉士に依頼する。

解答

1×言語聴覚士は、言葉によるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職なので間違い。作業療法士に依頼する。

2×歯科医師

3

4×作業療法士に依頼

5×栄養士に依頼

 

問題 47 入浴の介護に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 着替えの衣服は, 介護福祉職が選択する。

2 空腹時の入浴は控える。

3 入浴前の水分摂取は控える。

4 食後1時間以内に入浴する。

5 入浴直前の浴槽の湯は, 45℃で保温する。

解答

1×利用者本人

2

3×喉が渇いていなくても、意識的に飲むことが大切。 入浴前に1杯のお水を飲むことで発汗を促し、入浴後にさらにもう1杯のお水を飲み、体内の水分量を減らさないように心がける。

4×入浴するにしても、食後60分程度は休憩をとったほうがいい。入浴により全身の血行がよくなってしまうと、消化器に血液が集まりにくくなる。

5×38℃〜40

 

問題 48 シャワー浴の介護に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 シャワーの湯温は, 介護福祉職よりも先に利用者が確認する。

2 からだ全体にシャワーをかけるときは,上肢から先に行う。

3 利用者が寒さを訴えたときは, 熱いシャワーをかける。

4利用者が陰部を洗うときは, 介護福祉職は背部に立って見守る。

5 脱衣室に移動してから, からだの水分を拭きとる。

解答

1×安全のため介護福祉職が先に確認

2×下肢から先に

3×

4〇利用者の尊厳を守る

5×脱衣室に出る前にタオルで身体を軽く拭き取る

 

問題 49 左片麻癖のある利用者が, 浴槽内から一部介助で立ち上がる方法として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の左膝を立てて, 左の(かかと)臀部(でんぶ)に引き寄せてもらう。

2 浴槽の底面に両手を置いてもらう。

3 右手で手すりをつかんで前傾姿勢をとり, 腎部を浮かしてもらう。

4 利用者の両腋窩(えきか)に手を入れて支える。

5 素早く立ち上がるように促す。

解答

1×麻痺のない右膝を立てて右の踵を臀部に引き寄せてもらう。

2×

3

4×麻痺のある左側腋窩に手を入れ支える

5×転倒防止でゆっくり

 

問題 50 入浴関連用具の使用方法に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ。選びなさい。

1 シャワー用車いすは, 段差に注意して移動する。

2 入浴の移乗台は,浴槽よりも高く設定する。

3 浴槽設置式リフトは, ()()の状態で使用する。

4 入浴用介助ベルトは, 利用者の胸部に装着する。

5 ストレッチャーで機械浴槽に入るときは, ストレッチャーのベルトを外す。

解答

1

2×浴槽と同程度の高さに設定

3×座位の状態で使用

4×腰部

5×ベルトは締めたままに

 

問題 51 便秘の傾向がある高齢者に自然排便を促すための介護として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 朝食を抜くように勧める。

2 油を控えるように勧める。

3 散歩をするように勧める。

4 腰部を冷やすように勧める。

5 就寝前にトイレに座るように勧める。

解答

1×朝食を摂ることで腸に刺激が与えられ、便意が促されるので朝食は抜かないようにする

2×オリーブ油やごま油などの植物性油脂は、腸内で潤滑油となり、便の滑りをよくする効果が期待できる

3

4×腰を温めることで、その温熱刺激が腸管の運動を亢進させ排便効果がある

5×

 

問題 52 認知機能の低下による機能性尿失禁で, 夜間,トイレではない場所で排尿してしまう利用者への対応として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 日中,足上げ運動をする。

2 ズボンのゴムひもを緩いものに変える。

3 膀胱(ぼうこう)訓練を行う。

4 排泄(はいせつ)してしまう場所に入れないようにする。

5 トイレの照明をつけて,ドアを開けておく。

解答

1×

2×

3×機能性失禁とは尿道、膀胱、直腸といった臓器が問題で失禁ではないので膀胱訓練は不要

4×

5

参考 機能性失禁とは尿道、膀胱、直腸といった臓器が問題で失禁がおきるわけではなく、トイレまで遠いので間にあわないといった環境が原因でおきる失禁。

 

問題 53 次の記述のうち, 排泄物(はいせつぶつ)で汚れた衣類をタンスに隠してしまう認知症(dementia)の利用者への対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 タンスの中に汚れた衣類を入れられる場所を確保する。

2「汚れた衣類は入れないように」とタンスに貼紙をする。

3 トイレに行くときには, 同行して近くで監視する。

4 つなぎ服を勧める。

5 隠すところを見たら,毎回注意する。

解答

1〇汚れた物を隠すという行為は、本人にしてみれば、どう対処したらいいかわからず、恥ずかしいから見えないところにしまってしまうので、本人に気づかれないように汚れた衣服を入れる場所を確保するなどの配慮を行う。

2×自尊心を傷つける行為

3×自尊心を傷つける行為

4×

5×認知症では羞恥心が残っている場合が多く、汚したことを恥じている場合があるので、自尊心を失うような注意は不適切

 

問題 54 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする衣類用漂白剤に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 全ての白物の漂白に使用できる。

2 色柄物の漂白に適している。

3 熱湯で薄めて用いる。

4 手指の消毒に適している。

5 衣類の除菌効果がある。

解答

1×

2×塩素系漂白剤は、強い漂白力で染料まで抜き取ってしまうため色柄物には使えない。

3×熱湯だと急激に反応を起こし、思い通りの結果にならない可能性

4×塩素系漂白剤は、非常にアルカリ性の強い製品であり、薄めた液でも皮膚を傷めるおそれがあるので不適切。

5

 

問題 55 次の記述のうち,ズボンの裾上げの縫い目が表から目立たない手縫いの方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 なみ縫い

2 半返し縫い

3 本返し縫い

4 コの字縫い(コの字とじ)

5 まつり縫い

解答

1×

2×

3×

4×

5

 

問題 56 心地よい睡眠環境を整備するためのベッドメイキングに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 シーツを外すときは, 汚れた面を外側に丸めながら外す。

2わを作らないために,シーツの角を対角線の方向に伸ばして整える。

3 袋状の枕カバーの端を入れ込んで使用するときは,布の折り込み側が上になるように置く。

4 掛け毛布はゆるみを作らずにシーツの足元に押し込む。

5 動かしたペッド上の利用者の物品は, 使いやすいように位置を変えておく。

解答

1×外側に丸めながら→内側に丸めながら

2

3×布の折り込み側が下になるように

4×掛け毛布はゆるみがあったほうがいいのでシーツの足元に押し込まない

5×位置を変えないこと

 

問題 57 夜勤のある施設職員が良質な睡眠をとるための生活習慣に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 夜勤に入る前には仮眠をとらない。

2 寝る前にスマートフォンでメールをチェックする。

3 朝食と夕食の開始時間を日によって変える。

4 夜勤後の帰宅時にはサングラス (sunglasses)をかけるなど, 日光を避けるようにする。

5 休日に寝だめをする。

解答

1×仮眠をとったほうが夜勤での覚醒効果がある

2×寝る直前までスマホを操作していると、入眠直後から浅い眠りを繰り返すので良質な睡眠を得られない

3×生活のリズムを作ったほうが良質な睡眠を得られる

4

5×寝だめをしてもその後の睡眠不足に耐えられない

 

 

問題 58 Bさん (102 ,女性), 介護老人福祉施設に入所している。 高齢による身体機能の衰えがあり, 機能低下の状態が長く続いていた。 1週間前から経口摂取が困難になった。1日の大半は目を閉じ,臥床状態が

続いている。医師から,「老衰により死期が近い」 と診断され, 家族は施設で看取りたいと希望している。死が極めて近い状態にあるBさんの看取りに必要な情報として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 体重の減少

2 夜間の睡眠時間

3 延命治療の意思

4 嚥下可能な食形態

5 呼吸の状態

解答

1×老衰の場合、筋肉や臓器の萎縮による体重の減少は当然あるので看取りでの必要情報とはならない

2×老衰の場合、睡眠時間が増加し、一日中眠っている状態になるので看取りでの必要情報とはならない

3×老衰死は延命治療を施さず自然に任せること

4×1週間前から経口摂取が困難になったとあるので、誤嚥の危険性がある

5

 

問題 59 介護老人福祉施設における終末期の利用者の家族支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 緊急連絡先を1つにすることを提案する。

2 面会を控えるように伝える。

3 死に至る過程で生じる身体的変化を説明する。

4 死後の衣服は浴衣がよいと提案する。

5 亡くなる瞬間に立ち会うことが一番重要だと伝える。

解答

1×連絡が取れないことを想定し複数の連絡先を提案

2×終末期の面会制限は、「つながり」「寄り添い」「触れ合うこと」を重要とする緩和ケアと相反することであり、終末期患者にとって家族や親しい人と過ごす時間が制限されることは精神的苦痛を与えることになる

3

4×家族等の希望も考慮する

5×

 

問題 60 死亡後の介護に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 死後硬直がみられてから実施する。

2 生前と同じように利用者に声をかけながら介護を行う。

3 義歯を外す。

4 (ひげ)()り後はクリーム塗布を控える。

5 両手を組むために手首を包帯でしばる。

解答

1×死後硬直がみられない死後1〜2時間で実施する。

2

3×死後外すと 再び取り付けるとき入らなくなることがある。

4×髭剃り後 皮膚をきれいに整える効果がある。

5×死者の尊厳の面から不適切。

 

【介護過程】8問 61〜68問題

問題 61 介護福祉職が介護過程を展開する意義に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 チームアプローチ (team approach) による介護を提供することができる。

2 直感的な判断をもとに介護を考えることができる。

3 今までの生活から切り離した介護を提供する。

4 介護福祉職が生活を管理するための介護を考えることができる。

5 介護福祉職が実施したい介護を提供する。

解答

1

2×客観的な判断のもとに

3×利用者の生活を尊重した介護

4×介護は利用者の生活を管理するのもではない

5×利用者本位の介護

 

問題 62 介護過程における情報収集に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の日常生活の困難な部分を中心に収集する。

2 利用者との会話は解釈して記載する。

3 他の専門職が記載した記録は直接的な情報として扱う。

4 利用者の生活に対する思いを大切にしながら収集する。

5 情報収集はモニタリング (monitoring)を実施してから行う。

解答

1×日常生活全般について情報収集

2×解釈とは援助者の側から理解することなので不適切。利用者本人の言葉を記載

3×直接的な情報→間接的な情報

4

5×モニタリングの前に実施するのが情報収集。モニタリングとは、ケアプランに沿って提供されている介護サービスが利用者本人や家族のニーズに合っているかを定期的にチェックすること。

 

問題 63 介護過程における生活課題に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 効率的な支援を提供するために解決するべきこと。

2 利用者が家族の望む生活を送るために解決するべきこと。

3 介護福祉職が実践困難な課題のこと。

4 利用者の生活を改善するために思いついたこと。

5 利用者が望む生活を実現するために解決するべきこと。

解答

1×

2×

3×

4×

5〇生活課題とは、介護過程のアセスメントを通して、 利用者の生活全般における解決すべき課題を抽出したものを指す。この生活課題が複数発見された場合は、 優先順位を決定する。

 

問題64介護過程における目標の設定に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1長期目標の期間は,1か月程度に設定する。

2短期目標は,長期目標の達成につながるように設定する。

3短期目標は,抽象的な内容で表現する。

4短期目標は,生活全般の課題が解決した状態を表現する。

5長期目標は,短期目標ごとに設定する。

解答

1×3〜6か月

2×

3×具体的内容で

4×短期目標→長期目標

5

 

問題 65 介護計画における介護内容に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者の能力よりも介護の効率を重視して決める。

2 業務の都合に応じて介護できるように, 時間の設定は省略する。

3 介護するときの注意点についても記載する。

4 利用者の意思よりも介護福祉職の考えを優先して決める。

5 介護福祉職だけが理解できる表現にする。

解答

1×効率よりも利用者の能力を重視

2×利用者の都合を重視し時間を設定

3

4×利用者の意思が優先する

5×介護福祉職だけでなく利用者も理解できる表現にする

 

問題 66 Cさん (84歳。 女性, 要介護3), 2か月前に自宅で倒れた。 脳出血(cerebral hemorrhage) と診断され, 後遺症で左片麻痺になった。 Cさんは自宅での生活を希望している。長男からは,「トイレが自分でできるようになってから自宅に戻ってほしい」との要望があった。 そのため, 病院から, リハビリテーションを目的に介護老人保健施設に入所した。入所時、Cさんは,「孫と一緒に過ごしたいから,リハビリテーションを頑張りたい」と笑顔で話した。 Cさんは,自力での歩行は困難だが,施設内では健側を使って車いすで移動することができる。 また, 手すりにつかまれば自分で立ち上がれるが、上半身が後ろに傾くため,移乗には介護が必要な状態である。入所時に介護福祉職が行うアセスメント (assessment)に関する次の記述のうち。最も優先すべきものを1つ選びなさい。

1 自力で歩行ができるのかを確認する

2 排泄に関連した動作について確認する。

3 孫と面会する頻度について希望を聞く。

4 リクライニングの活用について尋ねる。

5 住宅改修に必要な資金があるのかを確認する。

解答

1×問題文書中に「,自力での歩行は困難」とあるので、その確認は不必要

2〇問題文書中に「上半身が後ろに傾くため,移乗には介護が必要な状態である。」とあり排泄に関連した動作の確認は必要

3×介護におけるアセスメントとは、支援が必要なCさんの情報を専門的な視点から分析し、どのようなケアが求められているか検討する事前評価を指す。「孫と一緒に過ごしたいから,リハビリテーションを頑張りたい」とのことなので孫との面会頻度の希望を聞くことはアセスメントにはならない

4×

5×

 

次の事例を読んで, 問題 67, 問題68 について答えなさい。

【事 例)

Dさん(73 ,女性,要介護2),認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)に入居した。入居後,本人の同意のもとに短期目標を,「食事の準備に参加する」と設定し, 順調に経過していた。ある日, Dさんが夕食の準備に来なかった。翌日,担当する介護福社職が居室を訪ねて理由を聞くと, 「盛り付けの見た目が….」と小声で言った。当日のDさんの記録を見ると, 「お茶を配ると席に座ったが、 すぐに立ち上がり料理を皿に盛り付けるEさんの手元を見ていた」「配膳された料理を見て, ため息をついた」とあった。その後, 食事の準備には参加していないが, 早く来て様子を見ている。また,食事中は談笑し, 食事も完食している。以上のことから再アセスメントを行うことになった。

 

問題 67 Dさんの再アセスメントに関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 お茶を配る能力について分析する。

2 ため息の意味を料理の味が悪いと解釈する。

3早く来て様子を見ている理由を分析する。

4 安心して食事ができているかを分析する。

5 Eさんに料理の盛り付けを学びたいと解釈する。

解答

1×Dさんが早く来て様子を見ている理由を分析する

2×「盛り付けの見た目が….」と小声で言ったとあるので料理の味の解釈は間違い

3

4×Dさんが早く来て様子を見ている理由を分析する

5×「盛り付けの見た目が….」と小声で言ったとあるので料理の盛り付けを学びたいという解釈は不適切

 

問題 68 カンファレンス (conference)が開かれ, Dさんの支援について検討することになった。Dさんを担当する介護福祉職が提案する内容として, 最も優先すべきものを1つ選びなさい。

1 食器の満足度を調べること。

2 昼食時だけでも計画を継続すること。

3 居室での食事に変更すること

4 食事の準備の役割を見直すこと。

5 食事以外の短期目標を設定すること。

解答

1×

2×

3×

4〇短期目標を,「食事の準備に参加すること」の見直しが必要

5×

 

【発達と老化の理解】8問 69〜76問題

問題 69 愛着行動に関する次の記述のうち, ストレンジ・シチュエーション法における安定型の愛着行動として, 適切なものを1つ選びなさい

1 養育者がいないと不安な様子になり, 再会すると安心して再び遊び始める。

2 養育者がいないと不安な様子になり, 再会すると接近して怒りを示す。

3 養育者がいないと不安な様子になり, 再会すると関心を示さずに遊んでいる。

4 養育者がいなくても不安な様子にならず, 再会すると関心を示さずに遊んでいる。

5 養育者がいなくても不安な様子にならず, 再会すると喜んで遊び続ける。

解答

1

2×

3×

4×

5×

参考 ストレンジ・シチュエーション法による愛着の質の4タイプ

Aタイプ:回避型

母子分離時の混乱がほとんどなく、親との再会時も無関心で、母親が安全基地として機能しません。

[親の特徴] 子どもの働きかけに拒否的で、微笑んだり身体的接触が少なく、 子どもの行動を強く規制しようとします。

Bタイプ:安定型

母子分離時に多少の混乱を示しますが、親との再会時には積極的に身体的接触を求め、混乱は容易に沈静化し、母親が安全基地として機能しています。

[親の特徴] 子どもの欲求や状態変化に敏感で、過剰あるいは無理な働きかけは少なく、遊びや身体的接触を楽しんでいます。

Cタイプ:葛藤型/アンビバレント型

母子分離時に強い不安や混乱を示し、 親との再会時には強く身体接触を求める一方で、怒りや攻撃を示します。母親は安全基地としてあまり機能していません。

[親の特徴] 子どもの働きかけに敏感でなく、 子どもへの働きかけが母親の気分や都合に合わせたもので、 結果的に、子どもが同じことをしても、 それに対する反応に一貫性を欠いたり、タイミングが微妙にずれます。

Dタイプ:無秩序型

突然のすくみ、顔を背けて親に接近するなど、 不可解な行動パターンや本来は両立しない行動が同時に活性化され、観察者に個々の行動がバラバラで組織立っていない印象を与えます。

[親の特徴] このタイプは、 子供の持つ未解決の心的外傷や、 抑うつ傾向の強い母親の養育、 虐待によることが推測されます。 

 

問題 70 乳幼児期の言語発達に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 生後6か月ごろに初語を発するようになる。

2.1歳ごろに喃語(なんご)を発するようになる。

3 1歳半ごろに語葉爆発が起きる。

42歳半ごろに一語文を話すようになる。

5 3歳ごろに語文を話すようになる。

解答

1×

2×

31歳半頃から新しい言葉が急速に増える「おしゃべりスタート期」のことを語葉爆発。

4×

5×

 

問題 71 2019(平成31,令和元年)における, 我が国の寿命と死因に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 健康寿命は,平均寿命よりも長い。

2 人口全体の死因順位では, 老衰が悪性新生物より上位である。

3人口全体の死因で最も多いのは, 脳血管障害(cerebrovascular disorder)である。

4 平均寿命は,男女とも 75歳未満である。

5 90 歳女性の平均余命は,5年以上である。

解答

1×2019年は健康寿命男性が72・68歳、女性は75・38歳 。平均寿命は男性が81.41年、女性が87.45年。したがって平均寿命のほうが健康寿命より長い

2×第1位「悪性新生物(腫瘍)」,第2位「心疾患(高血圧性を除く)」,第3位「老衰」

3×第1位「悪性新生物(腫瘍)」,第2位「心疾患(高血圧性を除く)」,第3位「老衰」

4×平均寿命は男性が81.41年、女性が87.45年

55.66

 

問題 72 A さん(87 , 女性, 要介護3), 2週間前に介護老人福社施設に入所した。Aさんにはパーキンソン病 (Parkinson disease) があり, 入所後に転倒したことがあった。介護職員は頻繁に, 「危ないから車いすに座っていてくださいね」 と声をかけていた。 Aさんは徐々に自分でできることも介護職員に依存し,着替えも手伝ってほしいと訴えるようになった。Aさんに生じている適応 (防衛)機制として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 投影

2 退行

3 攻撃

4 抑圧

5 昇華

解答

1×

2〇下記参照

3×

4×

5×

参考 適応機制例

@テレビスタ−と全く同じ髪型、服装をする。              (同一化)

Aテストで0点のとき、親には他にも0点は大勢いるという。    (合理化)

B弟などができ、親の注目が無くなったときに注目を得ようとだだをこねる。(退 行)

Cコンサ−トへ行けなかったので、CDを買って聞き我慢した。      (代 償)

D親から注意されて腹がたったので、弟に八つ当たりをした。       (攻 撃)

E満たされない欲求を努めて忘れるようにして押さえ込んでしまう。    (抑 圧)

F宿題をやっていなかったため、腹痛を起こして学校を休んでしまう。   (逃 避

 

問題 73 記憶に関する次の記述のうち, 適切なものを1つ選びなさい。

1 エビソード記憶は, 短期記憶に分類される。

2 意味記憶は,言葉の意味などに関する記憶である。

3 手続き記憶は,過去の出来事に関する記憶である。

4 エピソード記憶は, 老化に影響されにくい。

5 意味記憶は、老化に影響されやすい。

解答

1×長期記憶に分類される

2

3×手続き記憶は自転車に乗ることが出来るなど身体的記憶

4×老化に影響されやすい

5×意味記憶は、老化に影響されにくい

 

問題 74 老化に伴う感覚機能や認知機能の変化に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 大きな声で話しかけられても, かえって聞こえにくいことがある。

2 会話をしながら運転するほうが, 安全に運転できるようになる。

3 白と黄色よりも, 白と赤の区別がつきにくくなる。

4低い声よりも, 高い声のほうが聞き取りやすくなる。

5 薄暗い部屋のほうが, 細かい作業をしやすくなる。

解答

1〇耳元に大声で話しかけるのはあまり効果がない。効果的なのは低い声でゆっくりと話すこと

2×会話をしながら運転すると運転に集中できなくなる

3×高齢者は白と黄色の区別がつきにくい

4×低い声のほうが聞き取りやすい

5×明るい部屋のほうがよい

 

問題 75 高齢者の睡眠に関する次の記述のうち, 適切なものを1つ選びなさい

1 午前中の遅い時間まで眠ることが多い。

2 刺激を与えても起きないような深い睡眠が多い。

3 睡眠障害を自覚することは少ない

4 不眠の原因の1つはメラトニン (melatonin)の減少である。

5 高齢者の睡眠時無呼吸症候群 (sleep apnea syndrome)の発生頻度は, 若年者よりも低い。

解答

1×高齢者の場合は早朝覚醒

2×高齢者は浅い睡眠が多い

3×高齢者睡眠障害を自覚することが多い

4〇睡眠ホルモンのメラトニンは、年齢を重ねるとともに分泌量が減る

5×睡眠時無呼吸症候群は高齢者に多い

 

問題 76 高齢者の肺炎 (pneumonia)に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 意識障害になることはない。

2 体温が37.5℃未満であれば肺炎 (pneumonia) ではない

3 頻呼吸になることは, まれである。

4 誤嚥による肺炎 (pneumonia)を起こしやすい。

5 咳·痰などを伴うことは,まれである。

解答

1×意識がはっきりしない症状

2×高齢者の肺炎では37.5℃以上の発熱などがある

3×呼吸数の増加したものを頻呼吸という。高齢者の場合頻呼吸であれば肺炎を疑う

4

5×咳や痰、息切れ、胸の痛みなどの症状

 

【認知症の理解】10問 77〜86問題

問題 77 認知症ケアにおける「ひもときシート」に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1「ひもときシート」では, 最初に分析的理解を行う。

2 認知症(dementia)の人の言動を介護者側の視点でとらえる。

3 言動の背景要因を分析して認知症(dementia) の人を理解するためのツールである。

4 評価的理解では, 潜在的なニーズを重視する。

5 共感的理解では, 8つの要因で言動を分析する。

解答

1×

2×

3〇ひもときシートは、 援助者の思いこみや試行錯誤で迷路に迷い込んでいる状況から脱するために、 シートのそれぞれの段階で 「評価的理解」 「分析的理解」 「共感的理解」 の考え方を学び、 援助者中心になりがちな思考を本人中心の思考(すなわち本人の気持ちにそった対応)に転換し、 課題解決に導こうとするツール。

4×援助者自身が自分の気持ちに向き合う

5×

参考 ひもときノートとは

ひもときシートは、援助者の思いこみや試行錯誤で迷路に迷い込んでいる状況から脱するために、シートのそれぞれの段階で「評価的理解」「分析的理解」「共感的理解」の考え方を学び、援助者中心になりがちな思考を本人中心の思考(すなわち本人の気持ちにそった対応)に転換し、課題解決に導こうとするツールです。

 

問題 78 レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)の幻視の特徴に関する次の記述のうち,最も適切なものを 1つ選びなさい。

1幻視の内容はあいまいではっきりしない

2 睡眠中でも幻視が生じる。

3 本人は説明されても幻視という認識ができない。

4 薄暗い部屋を明るくすると幻視が消えることがある。

5 抗精神病薬による治療が行われることが多い。

解答

1×幻視の内容は生々しくはっきりしている

2×睡眠中幻視はない

3×周りの人には見えていないものが、本人にはありありと見えている

4

5×レビー小体型認知症の特徴の一つに抗精神病薬に対する過敏性が認められる。そのため可能な限り非薬物療法が推奨されている。

 

問題 79 軽度認知障害(mild cognitive impairment)に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 本人や家族から記憶低下の訴えがあることが多い。

2 診断された人の約半数がその後1年の間に認知症(dementia) になる。

3 CDR(Clinical Dementia Rating)のスコアが2である。

4 日常生活能力が低下している。

5 治療には,主に抗認知症薬が用いられる。

解答

1

2×診断された人の10%が一年の間に認知症となる

3×CDR0.5を軽度認知障害(MCI)、CDR1以降を認知症として捉えることが多い

4×日常生活に困難をきたす程度ではない

5×抗認知症薬ではなく食事や運動による治療

参考 軽度認知症とは

物忘れが主たる症状だが、日常生活への影響はほとんどなく、認知症とは診断できない状態。 軽度認知障害は正常と認知症の中間ともいえる状態。

 

問題 80 若年性認知症(dementia with early onset)に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 75歳未満に発症する認知症(dementia) である。

2 高齢者の認知症(dementia)よりも進行は緩やかである。

3 早期発見·早期対応しやすい。

4 原因で最も多いのはレビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies)である。

5 不安や抑うつを伴うことが多い。

解答

1×18歳以上65歳未満で認知症が発症した場合

2×進行は早い

3×初期症状に気付いていても、「まさか自分が認知症になるなんて」と、早期発見が難しい病気

4×血管性認知症(39.8%)、アルツハイマー病(25.4%)、頭部外傷後遺症(7.7%)

5〇記憶がなくなる・忘れてしまうことに対しての不安が募り、イライラ、涙もろくなる、また消極的になるなどがみらる。

参考 「若年性認知症」は、18歳以上65歳未満で認知症が発症した場合を総称した言い方。 厚生労働省によると、若年性認知症が発症する平均年齢はおおむね51歳と推計。

 

問題 81 認知症 (dementia)の行動·心理症状(BPSD)に対する抗精神病薬を用いた薬物療法でよくみられる副作用として, 最も適切なものを1つ選びなさい

1 歩幅が広くなる。

2 誤嚥(ごえん)のリスクが高くなる。

3 過剰に活動的になる。

4 筋肉の緊張が緩む。

5 怒りっぽくなる。

解答

1×歩幅は狭まる

2〇時に重篤な摂食嚥下障害

3×動きが鈍くなる

4×筋肉の緊張を和らげる筋弛緩作用

5×怒りっぽくならず元気がなくなる

 

問題 82 軽度の認知症(dementia)の人に, 日付, 季節, 天気, 場所などの情報をふだんの会話の中で伝えて認識してもらう認知症ケアとして, 正しいものを1つ選びなさい。

1 ライフレビュー (life review)

2 リアリティオリエンテーション (reality orientation)

3 バリデーション(validation)

4 アクティビティ·ケア (activity care)

5 タッチング(touching)

解答

1×ライフレビューとは、高齢者が自らの人生を回想、総括、評価しようとする活動のこと

2〇リアリティ・オリエンテーションとは、今は、何月何日なのかとか、季節はいつなのかといった時間や今いる場所等が判らないなどの見当識障害を解消するための訓練で、現実認識を深めることを目的とする。

3×バリデーションは介護の現場では、認知症の方とコミュニケーションをとるための方法のひとつとして活用されている。

4×アクティビティケアは残存機能の維 持、認知症進行の防止、仲間との交流の機会、豊かな 生活の支援など、高齢者にいきいきとした生活をもた らし、QOL を向上させるケア方法

5×タッチングとは、「非言語的コミュニケーションの1つとして手や指で撫でる、さするなど肌と肌との触れ合いを通じた相互作用性のある行為であり、心の触れ合い、情緒的安定をもたらす

 

問題 83 Bさん(86 ,女性),中等度のアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)である。短期入所生活介護(ショートステイ)の利用を始めた日の翌朝,両手に便が付着した状態でベッドに座っていた。Bさんへの声かけとして, 適切なものを1つ選びなさい。

1「臭いからきれいにします」

2「汚い便が手についています」

3「ここはトイレではありません」

4「手を洗いましょう」

5「こんなに汚れて困ります」

解答

1×自尊心を傷つけないように声をかけをすること

2×自尊心を傷つけないように声をかけをすること

3×自尊心を傷つけないように声をかけをすること

4

5×自尊心を傷つけないように声をかけをすること

 

問題 84 Cさん (80 , 女性)は夫(85 ) と二人暮らしである。 1年ほど前から記憶障害があり,最近, アルツハイマー型認知症 (dementia of the Alzheimer's type)と診断された。探し物が増え,財布や保険証を見つけられないと,「泥棒が入った,警察に連絡して」と訴えるようになった。 「泥棒なんて入っていない」と警察を呼ばずにいると,Cさんがますます興奮するので,夫は対応に困っている。夫から相談を受けた介護福祉職の助言として, 最も適適切なものを1つ選びなさい

1「主治医に興奮を抑える薬の相談をしてみてはどうですか」

2「施設入所を検討してはどうですか」

3Cさんと一緒に探してみてはどうですか」

4Cさんの希望通り, 警察に通報してはどうですか」

5Cさんに認知症 (dementia) であることを説明してはどうですか」

解答

1×

2×

3〇なくなった物が、現実に存在しているかどうかに関わらず、高齢者の訴えに添って、まずは、高齢者の身辺を一緒に捜してみる

4×

5×

 

問題 85 認知症 (dementia) の人に配慮した施設の生活環境として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 いつも安心感をもってもらえるように接する。

2 私物は本人の見えないところに片付ける。

3 毎日新しい生活体験をしてもらう。

4 壁の色と同系色の表示を使用する。

5 日中は1人で過ごしてもらう。

解答

 

1

2×探しやすいように配慮する

3×新しい事を覚えることが苦手なので毎日の新しい生活体験は不適切

4×色の認知力が低下しているので同系色は避ける

5×

 

問題 86 認知症初期集中支援チームに関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 自宅ではない場所で家族から生活の様子を聞く。

2 チーム員には医師が含まれる。

3 初回の訪問時にアセスメント (assessment)は不要である。

4 介護福祉士は, 認知症初期集中支援チーム員研修を受講しなくてもチームに参加できる。

5 認知症疾患医療センター受診後に,チームが対応方法を決定する。

解答

1×自宅訪問により家族から生活の様子を聞く

2〇医師 看護・福祉の専門職

3×アセスメントは必要

4×認知症初期集中支援チーム員研修を受講する必要あり

5×地域包括支援センターの紹介によりチームが対応方法を決定

参考 認知症初期集中支援チーム

複数の専門職が家族の訴え等により認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、アセスメント、家族支援などの初期の支援を包括的、集中的(おおむね6ヶ月)に行い、自立生活のサポートを行うチーム

 

【障害の理解】10問 87〜96問題

問題 87 障害者の法的定義に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい

1 身体障害者福祉法における身体障害者は,身体障害者手帳の交付を受けた18歳以上のものをいう。

2 知的障害者は,知的障害者福祉法に定義されている。

3「精神保健福祉法」における精神障害者には, 知的障害者が含まれていない。

4 障害者基本法において発達障害者は,精神障害者に含まれていない。

5 障害児は,障害者基本法に定義されている。

()「精神保健福祉法」とは, 「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

解答

1

2×精神保健福祉法における障害者の定義には知的障害者を含んでいる

3×知的障害者は含まれる

4×「身体障害、知的障害又は精神障害があるため、継続的に日常 生活又は社会生活に相当な制限を受ける者」と定義

5×児童福祉法

 

問題 88 半側空間無視に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 食事のとき,認識できない片側に食べ残しがみられる。

2 半盲に対するものと介護方法は同じである。

3 失行の1つである。

4 本人は半側空間無視に気づいている。

5 認識できない片側へ向かってまっすぐに歩ける。

解答

1

2×半盲は眼球を固定したときの 視覚の欠損という視野における障害で,障害を認 識し代償動作を行うが,半側空間無視は眼球の動 きを制限しないときの視覚の欠如で,空間におけ る障害なので介護方法は異なる

3×半側空間無視とは、片側に置かれたものに気づかない、認識できない症状のこと。失行とは、パターンや順序を覚える必要がある作業を行う能力が失われる障害のこと。従って半側空間無視は失行とは別のもの

4×本人は半側空間無視に気づいていない

5×半側空間無視は、極端に言えば左側の空間そのものがなくなってしまっている状態ゆえに片側へ向かってまっすぐ歩けない

 

問題 89 Dさん(35 , 男性)は重度の知的障害があり, 地元の施設入所支援を利用している。Dさんの友人Eさんは, 以前に同じ施設入所支援を利用していて, 現在は共同生活援助 (グループホーム)で暮らしている。 Dさんは, 共同生活援助(グループホーム)で生活するEさんの様子を見て, その生活に関心をもったようである。施設の職員は, Dさんの共同生活援助(グループホーム)での生活は,適切な援助を受ければ可能であると考えている。 一方, Dさんの母親は,親亡き後の不安から施設入所支援を継続させたいと思っている。介護福祉職が現時点で行うDさんへの意思決定支援として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 母親の意思を,本人に伝える。

2 共同生活援助 (グループホーム)の生活について話し合う。

3 介護福祉職の考えを, 本人に伝える。

4 具体的な選択肢を用意し,選んでもらう。

5 地域生活のリスクについて説明する。

解答

1×

2Dさん自身の意思決定を尊重する対応として最も適切

3×

4×

5×

 

問題 90 筋葵縮性側索硬化症 (amyotrophic lateral sclerosis: ALS)では出現しにくい症状として,適切なものを1つ選びなさい。

1 四肢の運動障害

2 構音障害

3 嚥下(えんげ)障害

4 感覚障害

5 呼吸障害

解答

1×下記参照

2×下記参照

3×下記参照

4〇下記参照

5×下記参照

参考 筋葵縮性側索硬化症の主な症状は、筋力の低下、手足のこわばり、筋肉の萎縮、嚥下障害、呼吸障害、舌運動麻痺、構音障害

 

問題 91 Fさん (21 , 男性),交通事故による(けい)(ずい)損傷(そんしょう)(cervical cord injury)で重度の四肢(しし)麻痺(まひ)になった。 最近はリハビリテーションに取り組まず, 周囲の人に感情をぶつけ強くあたるようになった。介護福祉職の対応

に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい

1 歩けるようになるために, 諦めずに機能訓練をするように支援する。

2 トラブルが起きないように, Fさんには近寄らないようにする。

3 生活態度を改めるように, Fさんに厳しく注意する。

4 自分でできることに目を向けられるように, Fさんを支援する。

5 障害が重いので, Fさんのできることも手伝うようにする。

解答

1×

2×

3×

4

5×

 

問題 92 Gさんはパーキンソン病 (Parkinson disease) と診断され, 薬物療法が開始されている。立位で重心が傾き, 歩行中に停止することや向きを変えることが困難である。Gさんのこの症状を表現するものとして, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 安静時振戦

2 筋固縮

3 無動

4 募動

5姿勢保持障害

解答

1×安静時振戦とは何もしていないとき、リラックスして安静を保っているときに手足がふるえること

2×筋肉がこわばり、身体がスムーズに動かなくなること

3×無動はあらゆる動作が遅くなり、時間がかかること

4×動作の開始に時間がかかり、動作そのものも遅くなること

5〇姿勢保持障害とは身体のバランスがとりにくくなる症状

 

問題 93 障害者への理解を深めるために有効なアセスメントツールの1つであるエコマップが表すものとして, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 家族との関係

2 社会との相関関係

3 認知機能

4 機能の自立度

5 日常生活動作

解答

1×

2〇エコマップは、利用者を中心に、社会資源(家族や介護機関など)との関係性を図にしたもの

3×

4×

5×

 

問題 94 「障害者総合支援法」で定める協議会に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 当事者·家族以外の専門家で構成する。

2 療育手帳を交付する。

3 相談支援専門員を配置しなければならない。

4 国が設置する。

5 地域の実情に応じた支援体制の整備について協議を行う。

()「障害者総合支援法」とは, 「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

解答

1×当事者・家族を含む行政・福祉組織・学校・企業等

2×交付なし

3×規定なし

4×市町村・都道府県

5

 

問題 95 障害者が障害福祉サービスを利用するために相談支援専門員が作成する計画として,正しいものを1つ選びなさい。

1 地域福祉計画

2 個別支援計画

3 サービス等利用計画

4 障害福祉計画

5 介護サービス計画

解答

1×

2×

3〇サービス等利用計画・障害児支援利用計画は、サービス利用者を支援するための中心的な総合計画(トータルプラン)。計画には、本人の解決すべき課題、その支援方針、利用するサービスなどが記載される。利用するサービスについても、福祉、保健、医療、教育、就労などの幅広い支援から、本人にとって適切なサービスの組み合わせを記載する。

4×

5×

 

問題 96 Hさん(45 , 男性),脳梗塞(cerebral infarction)を発症して半年間入院した。退院してからは, 障害者支援施設に入所して自立訓練を受けている。 2か月ほど過ぎたが、右片(みぎかた)麻痺(まひ)と言語障害が残っている。 妻のJさん(35 )はパート勤務で、小学3年生の子どもがいて, 将来が見えずに不安な気持ちである。家族に対する介護福祉職の支援として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 家族の不安な気持ちに寄り添い, 今の課題を一緒に整理し考えていく。

2 Jさんの気持ちを最優先して方向性を決める。

3 訓練の様子を伝えるために, 頻繁にJさんに施設に来てもらう。

4 家族が困っているので専門職主導で方向性を決める

5 レスパイトケアを勧める。

解答

1

2×Hさんの気持ちを尊重しながら方向性を決める

3×子育てしながらパート勤務をしているので頻繁に施設に来てもらうのは不適切

4×

5レスパイトケアとは、介護にあたるご家族様が一時的に介護から解放されるよう、代理の機関や公的サービスなどが一時的に介護等をおこなうこと。Hさんはすでに障害者支援施設に入所して自立訓練を受けている。

 

【こころとからだのしくみ】12問 97〜108問題

問題 97 Kさん (83 ,女性,、要介護1),3年前にアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer's type)と診断された。 一人暮らしで訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。 金銭管理は困難であり, 長男が行っている。最近,認知症(dementia) の症状がさらに進み, 訪問介護員(ホームヘルパー)Kさんの自宅を訪問すると, 「通帳を長男の嫁が持っていってしまった」と繰り返し訴えるようになった。考えられるKさんの症状として, 適切なものを1つ選びなさい。

1 もの盗られ妄想

2 心気妄想

3 貧困妄想

4 罪業(ざいごう)妄想

5 嫉妬妄想

解答

1

2×身体の健康状態に対しての不安感を抱いてしまうこと→心気妄想

3×金銭面で心配をしてしまうこと→貧困妄想

4×自分が行ったことが罪であったのではないかと自分を追い詰めてしまうこと→罪業妄想

5×異様なほどの嫉妬感情に支配されてしまうこと→嫉妬妄想

 

問題 98 Lさん(87 ,男性,要介護1),冷房が嫌いで, 部屋にエアコンはない。ある夏の日の午後, 訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問すると, 厚手の布団を掛けて眠っていた。 布団を取ると大量の発汗があり, 体温を測定すると38.5℃であった。朝から水分しか摂取していないという。前から不眠があり, この5日間便秘が続いていたが,食欲はあったとのことである。次のうち,体温が上昇した原因として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 布団

2 発汗

3 空腹

4 不眠

5 便秘

解答

1〇厚手の布団をかけることにより、体温を上昇させたり、汗をかきすぎて脱水することがある

2×

3×

4×

5×

 

問題 99 老化に伴う視覚機能の変化に関する次の記述のうち, 正しいものを1つ選びなさい。

1 水晶体が茶色になる。

2 遠くのものが見えやすくなる。

3 明暗に順応する時間が長くなる。

4 ピントの調節が速くなる。

5 涙の量が増える。

解答

1×加齢による視覚障害は水晶体が黄色く変色することによっておこる

2×遠くのもがかすんで見えにくくなる

3

4×ピント調整は遅くなる

5×涙の量は減る

 

問題 100 言葉の発音が不明瞭になる原因として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 唾液の分泌が増加すること

2 舌運動が活発化すること

3 口角が上がること

4 調整された義歯を使用すること

5 口唇が閉じにくくなること

解答

1×唾液の分泌が減ることで発音が不明瞭となる

2×舌運動は低下することで発音が不明瞭となる

3×口角とは上唇と下唇が接合する部分です。 よく「口角を上げる」といわれるが、これは唇の両端がキュッと上がった状態を指す。口角筋肉の低下で口角が下がることで発音が不明瞭となる

4×調整されていない義歯で不明瞭となる

5

 

問題 101 骨に関する次の記述のうち, 正しいものを1つ選びなさい。

1 骨にはたんぱく質が含まれている。

2 骨のカルシウム (Ca) は老化に伴い増える。

3 骨は負荷がかかるほうが弱くなる。

4 骨は骨芽細胞によって壊される。

5 骨のカルシウム (Ca) はビタミンA (vitamin A) によって吸収が促進される。

解答

1〇骨の主成分は、リン酸カルシウムとタンパク質

2×老化に伴い減る

3×負荷がかかるほうが強くなる

4×骨を作る過程で骨芽細胞が成長していき、骨化が進むと骨細胞になる

5×ビタミンDは骨の材料となるカルシウムの吸収を助けます

 

問題 102 介護者が効率的かつ安全に介護を行うためのボディメカニクスの原則に関する次の記述のうち, 適切なものを1つ選びなさい。

1 支持基底面を広くする。

2 利用者の重心を遠ざける。

3 腰がねじれた姿勢をとる。

4 重心を高くする。

5 移動時の摩擦面を大きくする。

解答

1

2×

3×

4×

5×

参考 ボディメカニクスの基本原理

@ 支持基底面積を広くとるほど身体は安定する

支持基底面積を広くとるために、介護職は両足を左右、前後広めに開きます。

A 利用者と介護職双方の重心を近づける

利用者・介護職それぞれの重心が近いほど移動がしやすくなります。また身体を密着させると余分な力がいりません。

B 大きな筋群を使い、水平移動を使う

身体全体の筋肉に力を配分し、腕だけなど一つの筋群だけに緊張を集中させないようにします。

C 利用者の身体を小さくまとめる

利用者の腕や足を組み、身体がベッドなどに摩擦する面積を少なくすることで力の分散を防ぐことができます。

D 利用者を手前に引く

押すより引くほうが力を分散させず、少しの力ですみます。

E 介護職の重心移動で利用者を動かす

背筋を伸ばし、膝の屈伸を使うと腰を痛めません。足先を重心移動する方向に向け、膝の屈伸で重心を移すと骨盤が安定し、スムーズで安定した移動になります。

F 身体をねじらず、肩と腰を水平に保つ

不自然に脊柱を曲げたりねじると姿勢が不安定となり、力が出せないと同時に腰痛の原因にもなります。

 

問題 103 次のうち, 三大栄養素に該当する成分として, 正しいものを1つ選びなさい。

1 水分

2 炭水化物

3 ビタミン(vitamin)

4 ナトリウム(Na)

5 カルシウム(Ca)

解答

1×

2〇「炭水化物(糖質)」「脂質」「たんぱく質」の3つを、三大栄養素。この三大栄養素に、微量栄養素とも呼ばれるビタミンとミネラルを加えたものが五大栄養素

3×

4×

5×

 

問題 104 コントロール不良の糖尿病(diabetes mellitus)で高血糖時にみられる症状として、適切なものを1つ選びなさい。

1 振戦

2 発汗

3 口渇

4 乏尿

どうき

5 動修

解答

1×

2×

3〇下記参照

4×

5×

参考 高血糖の症状は?

○空腹(食べても食べても満足できない)

○食べてもやせる

○疲れがとれない インスリンは血糖値を下げるだけでなく、体がエネルギーとしてブドウ糖を使うためにも必要なホルモンです。 ...

○喉のかわき

○多尿・ひん尿 血液の中のブドウ糖が多くなり、血液が濃くなります。 ...

○感染症 ...

○高血糖昏睡

 

問題 105 Mさん (85 , 男性), 通所介護(デイサービス) での入浴を楽しみにしていて,いつも時間をかけて湯につかっている。 ある時,介護福祉職が, 「そろそろあがりましょうか」と声をかけると, 浴槽から急に立ち上がりふらついてしまった。Mさんがふらついた原因として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 体温の上昇

2 呼吸数の増加

3 心拍数の増加

4 動脈血酸素飽和度の低下

5 血圧の低下

解答

1×

2×

3×

4×

5〇ふらついた原因は「起立性低血圧」。起立性低血圧とは、急に立ち上がったときや体を動かしたときに急激に血圧が下がる状態のこと。 起立性低血圧は自律神経による血圧の調節がうまくいかず、下半身にたまった血液が心臓に戻りにくくなることで起こる。

 

問題 106次のうち, プリストル便性状スケールの普通便に該当するものとして, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 水様便

2 硬い便

3 泥状便

4 コロコロ便

5 やや軟らかい便

解答

1×

2×

3×

4×

5〇一般的にプリストル便性状スケールのスコアが1から2は便秘の便、3から5が正常の便、6から7が下痢の便と区分される。やや柔らかい便は正常の便

 

問題 107 Aさん (65 , 女性) ,最近,熟睡できないと訴えている。 Aさんの日常生活は、毎日6時に起床し, 午前中は家事を行い,14時から20分の昼寝をし、16時から30分の散歩をしている。食事は朝食7, 昼食12, 夕食 18時にとり,朝食のときはコーヒーを1杯飲む。 21時に好きな音楽を開きながら, 夜食を満腹になる程度に食べ, 2130分に就寝している。Aさんの訴えに対して, 日常生活で改善する必要があるものとして, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 朝食のコーヒー

2 昼寝

3 散歩

4 音楽を聞くこと

5 就寝前の夜食

解答

1×

2×

3×

4×

5〇就寝前の食事は、睡眠のためにも、体調のためにもよくない。

 

問題 108 Bさん (76 , 女性), 病気はなく散歩が日課である。肺がん(lung cancer)の夫を長年介護し, 数か月前に自宅で看取った。 その体験から,死期の迫った段階では延命を目的とした治療は受けずに, 自然な最期を迎えたいと願っている。Bさんが希望する死を表す用語として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 脳死

2 突然死

3 尊厳死

4 積極的安楽死

5 心臓死

解答

1×

2×

3〇尊厳死とは、自然死、あるいは平穏死とほぼ同義語。人生の最終段階において過剰な延命治療をしない、もしくは中止して、自然な経過に任せた先にある死のことを指す。重要なポイントは、早期から十分な緩和ケアを提供するという点で、“何もしないこと=尊厳死”ではない。

4×

5×

 

【医療的ケア】5問 109〜113問

問題 109 社会福祉士及び介護福祉士法で規定されている介護福祉士が実施できる経管栄養の行為として, 正しいものを1つ選びなさい。

1 栄養剤の種類の変更

2 栄養剤の注入速度の決定

3 経鼻経管栄養チューブの胃内への留置

4 栄養剤の注入

5 胃ろうカテーテルの定期交換

解答

1×

2×

3×

4〇介護士が実施できる経管栄養は、「経鼻経管栄養」「胃ろう」「腸ろう」の3種類

5×

 

問題 110 気管カニューレ内部の喀痰(かくたん)吸引(きゅういん)で, 指示された吸引時間よりも長くなった場合,吸引後に注意すべき項目として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 体温

2 血糖値

3 動脈血酸素館和度

4 (たん)の色

5 睡液の量

解答

1×

2×

3〇吸引時間が長引くと低酸素の状態になるのでオキシメーターで酸素飽和度の確認が必要

4×

5×

 

問題 111 呼吸器官の換気とガス交換に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 換気とは,体外から二酸化炭素を取り込み, 体外に酸素を排出する働きをいう。

2 呼吸運動は,主として大胸筋によって行われる。

3 1回に吸い込める空気の量は,年齢とともに増加する。

4 ガス交換は,肺胞内の空気と血液の間で行われる。

5 筋萎縮性側索硬化症 (amyotrophic lateral sclerosis: ALS)では, 主にガス交換の働きが低下する。

解答

1×換気とは、呼吸運動によって空気を肺胞へと運ぶ働きのこと

2×呼吸運動する筋肉は呼吸筋は、横隔膜と肋間筋。横隔膜が収縮すると胸郭が広がり、胸腔内圧がさがるため吸気が行える

3×1回に吸い込める空気の量は,年齢とともに減少する

4〇正しい。言い方を変えると肺胞では、、呼吸による二酸化炭素と酸素の交換(ガス交換)が行われている

5×呼吸筋が弱まる。そのことで呼吸も十分にできなくなる

 

問題 112 経管栄養で用いる半固形タイプの栄養剤の特徴に関する次の記述のうち、

最も適切なものを1つ選びなさい。

1経鼻経管栄養法に適している。

2 液状タイプと同じ粘稠度(ねんちゅうど)である。

3 食道への逆流を改善することが期待できる。

4 仰臥(ぎょうが)()(背臥位(はいがい))で注入する。

5 注入時間は,液状タイプより長い。

解答

1×胃ろう

2×

3〇半固形化栄養剤は、液体 栄養剤に比べ流動性が低いため、胃食道逆流や瘻孔 からの流出が減少する

4×

5×液状タイプより短い

 

問題 113 経管栄養で, 栄養剤の注入後に白湯を経管栄養チューブに注入する理由として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 チューブ内を消毒する。

2 チューブ内の栄養剤を洗い流す。

3 水分を補給する。

4 胃内を温める。

5 栄養剤の濃度を調節する。

解答

1×

2〇栄養剤がチューブ内に残らないようにするため

3×

4×

5×

 

 【総合問題】12問 114〜125問題

(総合問題1)

次の事例を読んで,問題114 から問題 116 までについて答えなさい。

【事 例)

Cさん(83 ,女性), 一人暮らしで, 近所に買い物に行く以外はテレビを見て過ごしている。近県に息子がいるが、仕事が忙しく,会いに来ることはあまりなかった。ある日,息子が久しぶりに訪問すると, 部屋の中がごみや衣類などで散らかっていた。病院を受診するとCさんはアルツハイマー型認知症 (dementia of the Alzheimer's type)と診断され, 要介護1と認定された。Cさんは,時々,電気湯沸しポットの使い方がわからなくなって湯が出せなかったり,お茶を入れる順番がわからずに混乱する様子が見られた。心配した息子は,介護保険サービスを利用することにした。 後日, 介護支援専門員(ケアマネジャー)が訪問し, 介護保険サービスの利用についてCさんや息子と話し合った。週2,訪問介護(ホームへルプサービス) を利用することになり, 介護支援専門員(ケアマネジャー), 「自宅で,衛生的な生活ができる」をケアプランの長期目標とした。

 

問題 114 Cさんを担当する訪問介護員(ホームヘルバー), サービス提供責任者と共に訪問介護計画書を作成することになった。次の記述の中で,短期目標として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 掃除機を利用して, 1人で掃除をすることができるようになる。

2 電気湯沸しポットを使い,1人でお茶を入れることができるようになる。

3 Cさんの残存機能に着目して支援する。

4 2,息子にCさんの自宅を訪問してもらう。

5 訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒に掃除をすることができるようになる

解答

1×

2×

3×

4×

5〇「自宅で,衛生的な生活ができる」をケアプランの長期目標とあり、また息子が久しぶりに訪問すると, 部屋の中がごみや衣類などで散らかっていた。現状からみてホームヘルパーと一緒に掃除をすることができるようになることを短期目標にすることが妥当

 

問題 115 Cさんは, たびたび息子に電気湯沸しポットが壊れていると訴えるようになった。Cさんのこのような状態に該当するものとして, 適切なものを1つ選びなさい。

1 空間認知障害

2 視覚認知障害

3 遂行機能障害

4 失認

5 観念運動失行

解答

1×視空間認知障害とは、目から入った情報のうち、ものの位置や向きを認識する能力に障害があること

2×

3〇遂行機能障害とは、物事や行動を計画し、順序立てて行うことができなくなることである。「Cさんは,時々,電気湯沸しポットの使い方がわからなくなって湯が出せなかったり,お茶を入れる順番がわからずに混乱する様子が見られた。」との記述から遂行機能障害とみることが妥当

4×失認は脳の損傷により、感覚障害がないにもかかわらず物体や人の顔などが認知出来ないこと

5×観念運動失行とは習慣的な動きが出来ないこと

 

問題 116 Cさんの家に訪問介護員 (ホームヘルパー)が通い始めて数か月が経過した頃,Cさんの息子から訪問介護員(ホームヘルパー)に以下の希望が挙げられた。介護保険で対応可能な支援として, 適切なものを1つ選びなさい。

1 Cさんと息子が出かけている間に洗濯物を取り込む。

2 Cさんの処方薬を薬局で受け取る。

3 地域のお祭りにCさんと一緒に行く。

4 Cさんの部屋の壁紙を張り替える。

5 訪ねて来た親戚にお茶を入れる。

解答

1×

2Cさんは要介護1と要介護認定を受けているので介護保険の「居宅療管理指導料」対象

3×

4×

5×

 

(総合問題2)

次の事例を読んで,問題 117 から問題 119までについて答えなさい。

【事 例)

Dさん(70 ,男性), 19歳のときに統合失調症 (schizophrenia) を発症し, 入退院を繰り返しながら両親と一緒に生活してきた。 両親が亡くなったことをきっかけとして不安に襲われ, 妄想や幻聴の症状が強く現れるようになった。 そのため, 兄に付き添われて精神科病院を受診し, 医療保護入院となった。現在は,入院から3年が経過し,陽性症状はほとんどなく, 病棟で日中はレクリエーションに参加するなど落ち着いて生活している。

 

問題 117 Dさんが3年前に入院した医療保護入院の制度に関する次の記述のうち。正しいものを1つ選びなさい。

1 Dさんの同意による入院

2 精神保健指定医2名以上の診察の結果が, 入院させなければ自傷他害の恐れがあると一致した場合の入院

3 精神保健指定医1名が診察し, 入院させなければ自傷他害の恐れがあると判断した場合,72時間以内に制限した入院

4 精神保健指定医1名が診察し, Dさんの同意が得られず, 家族等1名の同意がある入院

5 精神保健指定医1名が診察し, Dさんの同意が得られず, さらに家族等の同意が得られないため72時間以内に制限した入院

解答

1×任意入院

2×措置入院

3×緊急入院

4〇医療保護入院とは、入院の必要性が明白であると医師が判断したにも関わらず本人から何らかの理由で同意が得られない場合に、保護者などから入院の同意を得て行うもの。 ..

5×応急入院

 

問題 118 1年前からDさんの退院について検討が行われてきた。 Dさんは退院後の生活に対する不安があり, 「帰る家がない」, 「顔見知りの患者や職員がいるのでここを離れたくない」と退院には消極的であった。 しかし, Dさんと仲のよい患者が、退院し施設入所したことをきっかけに退院を考えるようになった。

Dさんは,整容,入浴,排泄(はいせつ),食事,移動は見守りがあればできる。また, 介護福祉職の助言を受ければ、日用品などを買うことはできる。 経済状況は, 障害基礎年金2級と生活保護を受給している。要介護認定を受けたところ, 要介護1と認定された。

Dさんの退院先の候補になる施設として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 養護老人ホーム

2 老人福祉センター

3 更生施設

4 地域生活定着支援センター

5 介護老人福祉施設

解答

1〇養護老人ホームは、身体的・精神的・環境的・経済的な理由があり自宅で生活することができない高齢者を受け入れて社会復帰を目指す入所施設。この定義に基づき、特に経済的に困窮している高齢者を受け入れる場所とされており、介護施設という扱いではない。Dさんは生活保護を受給していることと,整容,入浴,排泄(はいせつ),食事,移動は見守りがあればでき要介護1であるので退院先の候補として最も適切

2×

3×

4×

5×

 

問題 119 Dさんは施設への入所が決まり, うれしそうに退院の準備をするようになった。ある夜,1人で荷物の整理をしていたときに転んでしまい, 顔を強打して大きなあざができた。 後遺症はないことがわかったが、Dさんは自信をなくし,介護福祉職に,「これでは施設も自分を受け入れてくれないだろう」と言い, 「施設入所がうれしくて早く準備がしたかった」と話した。そばに寄り添い,Dさんの話を聴き終えた介護福祉職が, 「施設入所がうれしくて、早く準備をしたかったのですね」と言うと, Dさんは, 「退院を諦めていたけど、自分にも暮らせる場所があると思った」とやりたいことや夢を語り出した。介護福祉職が行ったコミュニケーション技術として,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 あいづち

2 言い換え

3 要約

4 繰り返し

5 閉じられた質問

解答

1×

 

2×

3×

4Dさん→「施設入所がうれしくて早く準備がしたかった」。介護福祉職→「施設入所がうれしくて、早く準備をしたかったのですね」。このようにDさんの言葉を繰り返して話すのは傾聴技法のひとつ。

5×

 

(総合問題3)

次の事例を読んで,問題 120 から問題 122 までについて答えなさい。

【事 例)

Eさん(35 ,男性), 1年前に筋萎縮性側索硬化症 (amyotrophic lateral sclerosis: ALS)と診断された。 当初の症状としては、 ろれつが回らず, 食べ物の飲み込みが悪くなり,体重の減少がみられた。その後,Eさんの症状は進行し,同居している両親から介護を受けて生活をしていたが、両親の介護負担が大きくなったため, 障害福祉サービスを利用することになった。障害支援区分の認定を受けたところ, 障害支援区分3になった。 Eさんは訪問介護員(ホームヘルパー)から食事や入浴の介護を受けて自宅で生活をしている。

 

問題 120 Eさんが病院を受診するきっかけになった症状に該当するものとして, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 対麻痺(ついまひ)

2 単麻痺

3 球麻輝

4 安静時振戦

5 間欠性(かんけつせい)跛行(はこう)

解答

1×

2×

3〇ろれつが回らない症状は構音障害のひとつ。球麻輝では構音障害(呂律が回らない)、嚥下障害(食べ物、飲み物の飲み込みが悪くなる)、呼吸や循環の障害が生じる。

4×

5×

 

問題 121 ある日, Eさんの自宅を訪問した訪問介護員(ホームヘルパー)は、Eさんの両親から,「これまでEは話をするのが難しく, 筆談で意思を聞いてきたが、ペンを持つのが難しくなってきた」と聞いた。確かにEさんは,発話や字を書くことは困難な様子だが、目はよく動いている。次のうち,今後。Eさんが家族とコミュニケーションをとるときに使うことのできる道具として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 ホワイトボード

2 絵や写真

3 透明文字盤

4 拡声器

5 補聴器

解答

1×

2×

3〇「発話や字を書くことは困難な様子だが、目はよく動いている」とあるので透明文字盤が有効

4×

5×

 

問題 122 3年後, Eさんの症状はさらに進行し, 障害支援区分6になった。 Eさんはこれまでどおり, 自宅での生活を希望し、Eさんの両親は障害福祉サービスを利用しながら最期まで自宅でEさんの介護を行うことを希望している。Eさんと両親の希望の実現に向けて, 現在の状態からEさんが利用するサービスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 育成医療

2 就労定着支援

3 共同生活援助 (グループホーム)

4行動援護

5重度訪問介護

解答

1×

2×

3×

4×

5〇重度訪問介護を利用できるのは、原則として18歳以上の重度の肢体不自由者、重度行動障がいのある知的障がい者や精神障がい者です。 障がい支援区分「4以上」で、条件を満たす肢体不自由や行動障がいのある人が利用できる。Eさんは重度訪問介護を利用できる

 

(総合問題4)

次の事例を読んで,問題 123 から問題 125 までについて答えなさい。

【事 例)

Fさん(50 ,女性, 障害支援区分5), アテトーゼ型 (athetosis) の脳性麻痺(cerebral palsy) による四肢 体幹機能障害がある。居宅介護を利用し,入浴の支援を受けながら母親(79 ) と暮らしていた。 Fさんは障害基礎年金1級を受給していて,Fさん名義の貯蕃がある。 金銭管理は母親が行っていた。

Fさんは,3年前に誤嚥性肺炎 (aspiration pneumonia) で入院したことがある。 言語障害があり,慣れた人でないと言葉が聞き取りにくい。自宅では車いすに乗り, 足で床を蹴って移動し, 屋外は母親が車いすを押していた。 Fさんは自宅内の移動以外の日常生活については, 母親から全面的に介護を受けて生活していた。最近,日中活動の場と短期入所(ショートステイ)の利用について, 市の障害福祉課に相談するようになった。ところが,母親が持病の心疾患 (heart disease) で亡くなり, 市の障害福祉課がFさんと当面の生活について検討することになった。Fさんは1人で生活することは難しいと思い, 施設入所を希望している。

 

問題 123 Fさんの脳性麻輝 (cerebral palsy)の特徴に関する次の記述のうち, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 強い筋緊張から, 四肢の突っ張りが強い

2 不随意運動が生じて, 運動コントロールが困難になる。

3 文字の読みの不正確さがあり, 読んだ内容を理解しにくい。

4 動作は緩慢で,表情が乏しくなる。

5 着衣失行が生じる。

解答

1×

2〇アテトーゼ型 (athetosis) の脳性麻痺の大きな特徴として、不随意運動がある。また筋緊張の変動があり、一定の姿勢の保持や運動範囲のコントロールが困難。

3×

4×

5×

 

問題 124 Fさんは, 障害者支援施設に入所できることになり,アセスメント(assessment)が行われた。相談支援専門員は,Fさんの希望をもとに、これまでの生活状況と身体の様子等から,もう少し本人にできることがあるのではないかと考え, 「障害者支援施設で施設入所支援と生活介護を利用しながら, 将来の生活を考える」 という方針を立てた。また,長期日標を,「自分に適した介護を受けながら, 様々な生活経験を積む」とした。Fさんの短期目標として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 入浴時に自分でからだを洗えるようになる。

2 毎日字を書く練習を行い, 筆談で会話ができるようになる。

3 施設内は,車いす介助を受けながら安全に移動する。

4 経管栄養で食事がとれるようになる。

5 日中活動として外出や興味のあるグループ活動に参加する。

解答

1×

2×

3×

4×

5〇長期日標が「自分に適した介護を受けながら, 様々な生活経験を積む」とあるので、外出や興味のあるグループ活動に参加することが短期目標として適切

 

問題 125 入所してから3か月が経ち, 支援の見直しが行われた。Fさんは設生活にも慣れ, 相談できる人も増えている。 また, 「自分でお小遣いを使えるようになりたい」と言い, 外出時に必要なお金を介護福祉職と一緒に考えるようになった。 将来の地域生活を考えて,社会福祉協議会の金銭管理に切り替えることが検討された。Fさんが活用できる社会福祉協議会が行う金銭管理として, 最も適切なものを1つ選びなさい。

1 日常生活自立支援事業

2 生活福祉資金

3 自立訓練

4 生活困窮者家計改善支援事業

5 自発的活動支援事業

解答

1〇社会福祉協議会が行う「日常生活自立支援事業」は利用を希望されるご本人との契約に基づき、認知症や精神障がい等により、日常生活を送るうえで支障がある方へ、福祉サービスの利用に関する相談や助言、利用のために必要な手続きまたは費用の支払い等の援助を行うものです。

2×

3×

4×

5×

 

 

inserted by FC2 system