>第29回介護福祉士国家試験問題・解説

http://impression1950.web.fc2.com/img/line-3.gif

掲示板については6月1日より再開の予定です。
(介護福祉士国家試験掲示板)

第29回介護福祉士国家試験模範解答集約版


過去に類似問題がある割合   125問題中87問題     (87÷125)×100=69.6%

新出問題の割合          125問題中38問題     (38÷125)×100=30.4%

過去問題は役に立たないという意見も多数あります。(同じ問題は出ないという意味では正解ですが…)

しかし、単に過去問題を解くだけなく、そこから関連する事柄を掘り下げて勉強することでより効果的な

学習ができるものと思います。

過去問題から見た出題傾向(作成中)


第29回筆記試験(平成29年1月29日)

  

 【人間の尊厳と自立】2問   1〜2問題 注意:【介護の基本】【人間の尊厳と自立】は同一試験科目群です。
問題1 Aさん(78歳,女性)は介護老人福祉施設で生活している。脳血管障害(cerebrovascular disorder)による左片麻痺で,杖を使って歩行し,自力で移動していた。Aさんは,廊下や食堂でいつも職員や他の利用者に声をかけ、誰にでも気遣う人だった。

ある日、食堂のいすに足が触れて転倒して、捻挫の痛みで歩くこと ができなくなり、車いすでの移動になった。捻挫は1週間ほどで完治したが、 Aさんは歩くことを拒み、現在でも車いすでの移動を続けている。

Aさんは徐々に口数も少なくなり、歩くことが不安だ。周りに迷惑をかけてしまうと言い、何に対しても消極的な様子がみられた。

Aさんに対する介護福祉職の関わりとして、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:尊厳と自立)

1 Aさんは口数が少ない様子なので、できるだけ話しかけないように心がける。

2 Aさんの自立を考えて、再び歩くことができるように何度も声をかける。

3 仲の良い利用者に,頑張って歩くように励ましてもらう。

4 Aさんの担当の介護福祉職に、再び歩くように説得してもらう。

5 食堂のテーブルやいすの配置を見直して,一緒に歩いてみようと働きかける。

 

解答

1:×援助にあたっては、声掛けは非常に大切です。

2:×

3:×

4:×説得よりは納得してもらう援助のありかたが大切。

5:○介護福祉職としては、Aさんの誰にも気遣いをしてしまう思いが強いことから、を尊重し、安全に歩くことができる支援を中心に働きかけることが望ましい。

 

問題2 障害児・者に対して, ノーマライゼーション(normalization)の理念を実現するための方策として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 障害の原因となる疾病の完治を目指して治療すること

2 障害種別ごとに,同じ職業に就くことができるように訓練すること

3 障害児と障害者が一緒に施設で暮らすこと

4 普通の生活環境に近づけること

5 障害者の経済的水準を一定にすること

 

解答

1:×ノーマライゼーションの理念は、疾病の完治をすることが目的ではなく障害のある人も障害のない人も、一緒に、家庭や地域のなかで日常的な生活をし、ささえあって暮らすということが目的です。

2:×

3:×ノーマライゼーションの理念は、施設で暮らすことではなく地域で普通に生活できるようにすることです。

4:○ノーマライゼーション理念の具体化のためには一人ひとりを生活主体者として尊重し、人生の主人公として暮らせる環境を整えることにあります。

5:×
参考:ノーマライゼーションに関する過去問題
問題

1 ノーマライゼーションとは一般的には、障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方をいう。発端は1950年代、デンマークの知的障害者の親の会が、巨大な知的障害者の施設(コロニー)の中で多くの人権侵害が行われていることを知り、この状況を改善しようという運動からスタートした。

2 ノーマライゼーションの理念はバンク・ミケルセン(デンマーク)が知的障害者のためにできるだけ正常に近い生活を提供しようとする発想から始まった。

3 ノーマライゼーションとは,障害のある人たちが一人の市民として普通に生活できるように,社会の仕組みを変えていくことである。

4 ノーマライゼーションの理念は,我が国の障害者福祉の基本的理念として,障害者基本法の目的の中に取り入れられている。

5 ニィリエ(Nirje,B.)(我が国ではニルジェともいう)は,ノーマライゼーションを具体化する原理を整理した。

6 ノーマライゼーションの理念は,既に第二次世界大戦前から存在していた。

7 ノーマライゼーションの理念は,障害者や高齢者を特別な人として扱うのではなく,生活を通常の市民生活に近づけることを目標としている。

8 ノーマライゼーションとは,障害をもつ人たちを訓練して,正常な状態にすることである。

9 ノーマライゼーションは,知的障害者に関する福祉理念であって,身体障害者とのかかわりはない。

10 ノーマライゼーションの理念は,1950年代にデンマークで提唱されたもので,当時の身体障害者の施設処遇に対する厳しい批判に基づいている。

11 ノーマライゼーションの思潮と軌を一にして,欧米を始めとする多くの国で,障害児教育の統合化や障害児・者施設の小規模化が進んできた。

12 ノーマライゼーションの意味は,障害のある人たちを一人の市民として地域で普通に生活できるように社会の仕組みを変えていくということである。

13 1981年の国際障害者年のメインテーマであった「完全参加と平等」は,ノーマライゼーションの理念に基づくものである。

14 ノーマライゼーションの理念は,我が国の障害者福祉の基本的理念として,障害者基本法の目的の中に取り入れられている。

解答
1:○

2:○ノーマライゼーションの理念は、デンマークの知的障害者の職員バンク・ミッケルセンが「ノーマライゼーション」という言葉を世界にむけて発信。その後デンマークやスウェーデンの知的障害者の親の運動へと発展していきました。

3:○ノーマライゼーションとは、障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々(弱者) が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方です。

4:○平成512月に障害者基本法という法律ができ、その法律の基本理念として、ノーマライゼーションが取り入れられています。

5:〇ニィリエ(ニルジェ)はノーマライゼーションの原理に基づいて、それを具体化する8つの原理を提示しました。

6:×

7:○

8:×

9:×

10:○

11:×

12:○

13:○

14:○

人間関係とコミュニケーション】(2問) 3〜4問題 【人間関係とコミュニケーション】、【コミュニケーション技術】は同一科目試験群です。
問題3 自己開示に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 相手に自分のことを良く思ってもらうために行う。

2 初対面の人には,できるだけ多くの情報を開示しながら行う。

3 相手の情報を強制的に引き出すために行う。

4 良好な人間関係を築くために行う。

5 ジョハリの窓(Johari Window)の開放された部分(open area)を狭くするために行う。

解答

1:×

2:×

3:×

4:○自己開示は、相手との関係を深めていくために、自分の中にある思いや、感情、秘密などを他者に打ち明ける方法です。単に本音を出すというのではなく、自分の弱さを尊いものとして語ることであり、人として対等な関係を築くための最も基本的な自己表現です。

5:×
参考:自己開示の機能
自己開示には次のような機能があります。

1:感情表出

自分が抱えている葛藤を開示することによって、不安や緊張が解消されます。

2:自己明確化

自己開示の相手の存在によって、自分の意見・態度がはっきり自覚させるようになり、その一貫性・統合性が保たれます。

3:社会的妥当化

反応を見ながら、社会的・周囲の人は自分の考えをどう思っているのかをしることができます。

問題4 Bさん(60歳,男性)は,先天的に耳が聞こえないろう者である。ろう学校入学以後,同じ障害のある仲間とのコミュニケーションが心の支えになってきた。数年前に緑内障(glaucoma)を発症して視覚障害が残り,両眼とも外界の明暗が分かる程度の視力となった。

Bさんと円滑なコミュニケーションをとるときの手段として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 触手話

2 筆談

3 点字

4 透明文字盤

5 携帯用会話補助装置

解答

1:○触手話とは、話し手が手話を表し、盲ろう者がその手に触れて伝える方法です。画像参照

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/syokusyu.jpg

2:×問題文に「両眼とも外界の明暗が分かる程度の視力となった」とあるので、筆談は難しいと思われます。

3:×

4:×透明文字盤は視線を利用して文字を確定しコミュニケーションを行うものです。画像参照

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/tomeimoji.jpg

5:×携帯用会話補助装置 は入力した言葉を音声または文章に交換する携帯式の装置です。電話での応答や、外出時の会話など、自立を助けるコミュニケーションツールとして使用されています。Bさんは聴者と全く同様のレベルでしゃべる事は出来ない状態であるのでこの装置使用は不適と思われます。
参考:ろう者とは、聴覚障害者の一区分で、音声言語獲得前に失聴した人が多い。

*口話法・高性能の補聴器・早期訓練などによって、訓練すればある程度はしゃべれます。ただし、聴者と全く同様のレベルでしゃべる事は出来ない状態です。

*「音声言語」ではなく「手話」でなら意思疎通が図れます。

 
【社会の理解】(12問) 5〜16問題
問題5 健康長寿社会に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 WHO(世界保健機関)は,健康とは病気や障害がないことであると定義している。

2 健康寿命を延ばすために,ロコモテイブシンドローム(運動器症候群)対策が重要である。

3 2010(平成22)時点の日本における平均寿命と健康寿命の差は,男性が約5年,女性が約8年である。

4 2014(平成26)時点の日本におけるがん(cancer)の部位別にみた死亡者数は,男女ともに胃がん(gastric cancer)が最も多い。

5 健康日本21(2)における飲酒に関する目標には,未成年者の飲酒防止は含まれていない。

 

()健康日本21 (2)とは,21世紀における第2次国民健康づくり運動のことである。

 

解答

1:×「健康とは身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定義しています。

2:○健康日本21(第 二次)では、2022(平成34)年度 に向けて、この認知度を80%にすることを目標に掲げています。ロコモ という概念とともに、その予防の重要性が広く知られるようになれば、 それに伴い個々人の行動が変わることが期待され、その結果、要介護者 の割合の減少、ひいては健康寿命の 延伸につながると考えられています。

3:×

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/jyumyou.jpg

4:×

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/ganbui.jpg

5:×
参考:ロコモティブ シンドローム(ロコモ:運動器症候群)
 
「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。 日本整形外科学会が、2007年(平成19年)に、新たに提唱しました。

問題6  Cさん(30歳,女性)は介護老人福祉施設で常勤職員として働いている。出産を来月に控えて,産前6週間・産後8週間,の予定で産休を取ることにした。産休中のCさんの所得の喪失または減少を補填するために,医療保険制度から支給されるものとして,適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 出産育児一時金

2 休業補償給付

3 傷病手当金

4 育児休業給付

5 出産手当金

 

解答

1:×出産育児一時金を受け取る条件はふたつです。健康保険、国民健康保険などに加入していること。妊娠4ヶ月(85日)以上で出産する人。

2:×労働者が、業務上又は通勤による負傷や疾病による療養のため労働することができず、そのために賃金を受けていないとき、給付されるもので、産休は対象外となります。

3:×産休は対象外

4:×

5:○休期間中は賃金がでない会社がほとんどですが、産休期間中の生活を支える目的で、会社で加入している健康保険から支給されるのが「出産手当金(産休手当)」です。

お金を貰えるのは正社員だけではありません。勤務先の健康保険に加入していれば、契約社員やパート、アルバイトの人でも支給対象となります。

産休は具体的には「産前休業」「産後休業」の2つに分類できます。

・産前休業…出産予定日を含む産前42(6週間)、多胎は98(14週間)

・産後休業…出産翌日からの産後56(8週間)

産前・産後休業の期間はこのように設定されており、この期間が出産手当金の対象期間となります。

問題7 日本の社会保険制度に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 加入は,個人が選択できる。

2 保険料だけで運営され,公費負担は行われない。

3 医療保険,年金保険,雇用保険,労災保険,介護保険の5つである。

4 給付の形態は,現金給付に限られる。

5 保険料は,加入者個人のリスクに見合った額になる。

 

解答

1:×

2:×財源には、保険料以外にも国庫負担金等があります。

3:○

4:×現金または現物給付

5:×

問題8 社会保障給付費に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 サービス関連の給付費を除いて, 1年間に給付される現金の総額である。

2 2000年度(平成12年度)以降の給付費に占める介護対策の割合は増加傾向にある。

3 2013年度(平成25年度)の給付費の総額は約50兆円である。

4 2013年度(平成 25年度)の給付費を制度別にみると,社会保険が約7割を占めている。

5 2013年度(平成25年度)の年金医療福祉その他の部門別割合は約5対4対1である。

 

解答

1:×

2:○

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/kaikyufuzo.jpg

3:×

4:×

5:×

問題9 介護保険制度における訪問介護(ホームヘルプサービス)のサービスに含まれるものとして,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 理美容サービス

2 通帳と印鑑の預かり

3 生活等に関する相談・助言

4 庭の草むしり

5 訪問日以外の安否確認

 

解答

1:×

2:×

3:○訪問介護では介護福祉士や、訪問介護員などが家庭を訪問して、入浴・排せつ・食事などの介護や、調理・洗濯・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言などの必要な日常生活上の援助を行います。

4:×

5:×
参考:訪問介護ではしないサービス
・直接利用者の援助に該当しないサービス

(例)利用者の家族のための家事や来客の対応 など

日常生活の援助の範囲を超えるサービス

(例)草むしり、ペットの世話、理美容サービス、通帳・印鑑の預かり、訪問日以外の安否確認、大掃除、窓のガラス磨き、正月の準備 など

問題10 介護保険制度における保険者の役割として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 居宅サービス事業者の指定

2 保険給付に関する事務

3 要介護認定の基準の設定

4 介護保険審査会の設置

5 介護支援専門員(ケアマネジャー)の登録

 

解答

1:×都道府県が指定します。

2:○保険者(全国の市町村及び特別区)の役割りとしては、介護保険料の徴収や介護保険の費用・サービス給付以外にも、要介護認定の申請窓口としての機能、要介護認定にかかわる事務、介護保険加入者の資格管理にかかわる事務(被保険者台帳の作成や、被保険者証の発行・更新など)、介護認定審査会の設置などがあります。

3:×国が設定

4:×介護保険審査会は、都道府県が設置する介護不保険の要介護認定を決定する審査会です。

5:×都道府県

問題11 指定介護老人福祉施設に配置が義務づけられている専門職として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 介護支援専門員(ケアマネジャー)

2 主任介護支援専門員

3 訪問介護員(ホームヘルパー)

4 サービス提供責任者

5 福祉用具専門相談員

 

解答

1:○下記参照

2:×

3:×

4:×

5:×
参考:
*指定介護老人福祉施設(入所定員30人以上の特別養護老人ホーム)
*
人員基準

@医師

入所者の健康管理及び療養上の指導を行なう為に必要な人数の医師(非常勤でも可)を配置すること。

A生活相談員

専従の生活相談員を、入所者:生活相談員=100:1以上の比率で配置すること。

B看護職員と介護職員

C栄養士

栄養士を1人以上配置すること。

D機能訓練指導員

機能訓練指導員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、按摩マッサージ指圧師)を1人以上配置すること。

E介護支援専門員

常勤の介護支援専門員(ケアマネージャー)を、入所者:介護支援専門員=100:1以上の比率で配置することを標準に、1人以上配置すること。


問題12 「障害者差別解消法」に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 就労における具体的な差別を直接明示している。

2 個人による差別行為への罰則規定がある。

3 行政機関等と事業者に対して,不当な差別的取扱いを禁止している。

4 市町村は,障害者差別解消支援地域協議会を設置しなければならない。

5 障害者の差別に関する相談窓口として,相談支援事業所が指定されている。

 

(注)「障害者差別解消法」とは,「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」のことである。

 

解答

1:×

2:×

3:○下記参照

4:×

5:×
参考:障害者差別解消法第一条(目的)
第一条 この法律は、障害者基本法(昭和四十五年法律第八十四号)の基本的な理念にのっとり、全ての障害者が、障害者でない者と等しく、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有することを踏まえ、障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項、
行政機関等及び事業者における障害を理由とする差別を解消するための措置等を定めることにより、障害を理由とする差別の解消を推進し、もって全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に資することを目的とする。


問題13 Dさん(45歳,男性)は脊髄損傷(spinal cord injury)による肢体不自由で,身体障害者手帳3級を所持している。同居家族の高齢化もあり,障害者総合支援法に基づくサービスを利用するために認定調査を受けたところ,障害支援区分3と判定された。

Dさんが利用できるサービスとして,正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 療養介護

2 重度訪問介護

3 重度障害者等包括支援

4 短期入所

5 行動援護

 

()障害者総合支援法とは,障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律のことである。

 

解答

1:×障害支援区分5以上

2:×障害支援区分4以上

3:×障害支援区分6

4:○下表参照

5:×知的障害者または精神障害者が対象です。
参考:
http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/syougaikubun1.jpg

問題14 「障害者総合支援法」の規定により,地方公共団体が設置する協議会の機能として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 障害福祉計画の策定

2 相談支援事業所に対する評価

3 障害福祉サービス利用者の個別支援計画の策定

4 障害者からの苦情の解決

5 障害者等への支援体制に関する課題についての情報共有

 

(注)「障害者総合支援法」とは,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

 

解答

1:×協議会が策定するのではなく、策定するのは都道府県や市町村

2:×

3:×

4:×

5:○協議会の設置は現状では必須ではありませんが、協議会を設置した都道府県や市町村は、障害福祉計画を定め、また変更しようとする場合、あらかじめ協議会の意見を聞くように努めなければならないとされています。
機能とその内容については↓
○情報機能(困難事例や地域の現状、課題等の情報共有と情報発信)

○調整機能(地域の関係機関によるネットワーク構築、困難事例への対応の在り方に対する協議、調整)

○開発機能(地域の社会資源への開発、改善)

○教育機能(構成員の資質向上の場として活用)

○権利擁護機能(権利擁護に関する取り組みを展開)

○評価機能

問題15 Eさん(88歳,女性)は,一人暮らしで親族はいない。収入は年金と所有するアパートの家賃である。介護保険の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用している。最近,認知症(dementia)が進んで,家賃の管理ができなくなった。家賃の管理に関する訪問介護事業所の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 アパートの管理を不動産屋に委託するように, Eさんに助言する。

2 日常生活自立支援事業の活用を、 Eさんに助言する。

3 訪問介護事業所が家賃の集金等を行う。

4 成年後見制度の活用を,担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)に提案する。

5 隣の人に見守りを依頼する。

 

解答

1:×

2:×日常生活自立支援事業は毎日の暮らしに欠かせない、お金の出し入れの手伝い、日常生活に必要な事務手続き、大切な通帳や証書などの保管をするものです。家賃の管理についてはこの事業の対象外となります。

3:×

4:○成年後見制度では、その後見人は、本人の意思を尊重し,かつ本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら,本人に代わって,財産を管理したり必要な契約を結んだりすることによって,本人を保護・援助します。
5:×

 

問題16 生活困窮者自立支援法に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 生活困窮者に対する自立支援策を強化して,その自立促進を図ることを目的としている。

2 必須事業として,就労準備支援事業がある。

3 任意事業として,自立相談支援事業がある。

4 住宅を確保する必要があると認められた場合には,生活保護法の住宅扶助が優先される。

5 どのような事業でも, NPO法人等へ委託することはできない。

 

解答

1:○第一条 この法律は、生活困窮者自立相談支援事業の実施、生活困窮者住居確保 給付金の支給その他の生活困窮者に対する自立の支援に関する措置を講ずる ことにより、生活困窮者の自立の促進を図ることを目的とする。 

2:×自立相談支援事業の実施及び住居確保給付金の支給(必須事業)

3:×就労準備支援事業、一時生活支援事業及び家計相談支援事業等の実施(任意事業)

4:×住居確保給付金が優先

5:×NPO法人等へ委託可

【介護の基本】(10問) 17〜26問題
問題17 福祉関係三審議会合同企画分科会が提出した今後の社会福祉のあり方について(意見具申)(1989(平成元年)3月)の内容で,介護保険法の理念・仕組み等につながる事項として,適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 社会福祉事業に対する規制強化

2 市町村の役割重視

3 施設福祉サービスの法定化

4 就労支援策の創設

5 福祉文化の創造

()福祉関係三審議会合同企画分科会の三審議会とは,中央社会福祉審議会,身体障害者福祉審議会,中央児童福祉審議会のことである。

 

解答

1:×規制強化ではなく、社会福祉事業の範囲の見直し

2:○
1989
3月に福祉関係三審議会合同企画分科会「今後の社会福祉のあり方について」(意見具申)

@社会福祉事業の範囲の見直し
A福祉サービスの供給主体のあり方
B在宅福祉の充実と施設福祉との連携強化
C市町村の役割重視

3:×

4:×

5:×

 

問題18 高齢者虐待調査結果に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 被虐待高齢者と虐待を行った養護者(虐待者)との同居・別居の状況は,虐待者とのみ同居が最も多い。

2 被虐待高齢者からみた虐待を行った養護者(虐待者)の続柄は,夫が最も多い。

3 被虐待高齢者と虐待を行った養護者(虐待者 ・家族形態は,子夫婦と同居が最も多い。

4 養介護施設従事者等による虐待についての相談・通報者は,家族・親族が最も多い。

5 養介護施設従事者等による虐待の事実が認められた施設・事業所の種別は,「有料老人ホーム」が最も多い。

()高齢者虐待調査結果とは,2014年度(平成26年度)高齢者虐待の防止,高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果(厚生労働省)のことである。

 

解答

1:○虐待を行った養護者(虐待者)との同居の有無では、「虐待者とのみ同居」が 7,836 人(48.5%)で最も多く、「虐待者及び他家族と同居」の 6,180 人(38.3%)を含め ると、14,016 人(86.8%)が同居している事例でした。

2:×息子が最も多い。

3:×

4:×

5:×
参考
http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/gyazoku.jpg
H26年高齢者虐待調査
 ←クリック


問題19 利用者の生活の質(QOL)を高めるための介護福祉職のあり方として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 ADL (Activities of Daily Living : 日常生活動作)の維持・向上を最優先にする。

2 どの利用者に対しても同じ方法で介護する。

3 利用者の精神的側面は考慮しなくてもよい。

4 終末期の介護では,利用者の私物は早めに処分する。

5 利用者のニーズや生活環境を総合的にみて,介護の方針を検討する。

 

解答

1:×「生活の質」の向上は日常生活活動を最優先するのではなく、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度という意味があります。

2:×個別性を重視します。

3:×

4:×

5:○「生活の質」の向上は日常生活活動を最優先するのではなく、精神的、社会的活動を含めた総合的な活力、生きがい、満足度という意味があります。

 

問題20 Fさん(80歳,男性)は,パーキンソン病(Parkinson, disease)である。不安定ではあるが,歩行ができる。振戦があり,長い時間座位を保つことが難しい。Fさんに対する介護福祉職のリスクマネジメントとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 歩行を始めるときは,リズムをとれるように一声かける。

2 移動はいつも車いすを使い,ベルトで体を固定する。

3 お茶は湯飲みにたっぷり注いで出す。

4 浴槽につかっている間は,浴室から離れる。

5 いすから立ち上がるときは,顎を前に出して,体幹を伸展させる。

 

解答

1:○歩く前にまずその場でイチ・ニ、イチ・ニと足踏みをするなどするといいです。

2:×

3:×手足がふるえる(振戦)があるので、たっぷりお茶を注ぐと危険です。

4:×

5:×
参考:パーキンソン病では、主に、手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる(無動)、筋肉が硬くなる(固縮)、体のバランスが悪くなる(姿勢反射障害)、といった症状がみられます。

問題21 リハビリテーションに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 障害が固定してから開始する訓練のことである。

2 福祉用具を使用せずに,身体的自立を目指すことである。

3 リハビリテーションには,名誉の回復の意味がある。

4 レクリエーションとリハビリテーションは,対極の概念である。

5 施設サービスに限定されている。

 

解答

1:×

2:×

3:○リハビリテーションの語源は、古くは「更正」「名誉回復」「社会への帰還」などの「復権」という意味あいで使われていました。

4:×レクリエーションは人間らしさの回復であるリハビリテーションの一手段でもあるので、対極の概念とは言えません。

5:×施設サービスに限らず、教育や職業の場においても活用されています。

 

問題22 災害時,避難所での高齢者への介護福祉職の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 疲労防止のために,日中も臥床して過ごすように勧める。

2 避難所内の調和を乱さないように、個よりも全体に配慮する。

3 杖で歩行している人も,避難所内では車いすを使ってもらう。

4 トイレの数が確保できないので,水分を控えるように助言する。

5 深部静脈血栓症(deep vein thrombosis)(いわゆるエコノミークラス症候群)の予防のために,運動をすることを勧める。

 

解答

1:×エコノミークラス症候群にかかる恐れが大きくなります。

2:×介護福祉職としては全体よりも個に注目したケアを目指さなければなりません。

3:×自分でできることは、自分でやっていただく…というのが好ましいです。

4:×脱水症予防のため、水分は十分にとることが望ましいです。

5:○長時間座って足を下垂したままで足の運動を行わないと、筋肉ポンプが機能しないため、足にある血液は上方に押し上げる力が加わらず、足に停滞してしまいます。

そうすると、静脈から周囲に水分が滲みだし足のむくみを生じます。また静脈内で血液が停滞すると、血液の塊(血栓)ができてしまいます。これが深部静脈血栓症です。

そして、歩き始めた時に、その血栓が上方に血液とともに押し上げられて肺に飛んでしまうことがあります。これが「エコノミークラス症候群」とも呼ばれています。

 

問題23 ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 家族や友人などが,気軽に宿泊できるように配慮する。

2 昼間は, 2ユニットごとに常勤1名の介護職員を配置する。

3 食事は,施設が決めた時間内に食べ終わるように介護する。

4 利用者数は,災害などの事情があっても,定員数以内とする。

5 多様な娯楽設備を備えて,外出しなくても施設内で生活を完結できるようにする。

 

解答

1:○「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」第165条の3において「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設は、常に入居者の家族との連携を図るとともに、入居者とその家族との交流等の機会を確保するよう努めなければならない。」「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」第165条の3において「ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設は、常に入居者の家族との連携を図るとともに、入居者とその家族との交流等の機会を確保するよう努めなければならない。」

2:×
@昼間:ユニットごとに常時1人以上の介護職員または看護職員を配置すること。

A夜間及び深夜:2ユニットごとに1人以上の介護職員または看護職員を夜間及び深夜の勤務に従事する職員として配置すること。
3:×

4:×

5:×

 

問題24 指定認知症対応型通所介護のサービスに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 利用者は,65歳以上で認知症(dementia)のあるものに限られる。

2 家族が送迎を行うことが原則である。

3 認知症対応型通所介護計画は,精神科医が作成する。

4 利用者は,原則として事業所のある市町村の住民である。

5 サービス提供時間は,8時間を上限とする。

 

解答

1:×認知症の方(診断書が必要な場合があります)と要介護(15)と認定された方(4064歳までの方については要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合が認定の対象となります。)

2:×

3:×

4:○指定認知症対応型通所介護のサービスは地域密着型サービスです。このサービスは基本的には現在住んでいる地域(基本的には市町村単位)にある事業所を利用することが原則となります。(普通の通所介護は、事業所と利用者が合意すればどんなに遠くの施設であっても利用可能です。)

5:×
参考:指定認知症対応型通所介護のサービス
認知症対応型通所介護とは、認知症の方が、デイサービスの事業所を訪れて行う入浴、排泄、食事などの介護、そのほかの日常生活を送るうえで必要となるサービスや機能訓練
(認知症の利用者を対象にした専門的なケアや作業療法等の実施)をいいます。

また精神的・身体的な部分の機能回復だけでなく、自宅に引きこもりがちになる認知症高齢者の社会的な孤立感を解消したり、家族の介護負担を軽減(レスパイトケア)することも目的としています。要介護・要支援いずれの方でも利用できます(要支援12の場合は「介護予防認知症対応型通所介護」といいます)

 

問題25 身体拘束ゼロヘの手引き(2001(平成13)厚生労働省)の身体拘束の内容に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 自分で降りられないように,ベッドの四方を柵で囲むことは,禁止行為とされている。

2 切迫性と非代替性と永続性の3つの要件を満たせば,身体拘束は認められる。

3 本人の同意なく,やむを得ずおむつを着用させることは,禁止行為とされている。

4 事前に利用者や家族に説明があれば,実際に身体拘束を行うときの説明手続きは省略できる。

5 やむを得ず身体拘束をした場合は,そのたびに保険者に報告する義務がある。

 

解答

1:○下記参照

2:×

3:×

4:×

5:×

参考:身体拘束ゼロの手引き 
http://www.dochoju.jp/soudan/pdf/zerohenotebiki.pdf
具体例
厚生労働省「身体拘束ゼロへの手引き」の具体例を参考に掲載しています。

*徘徊しないように、いすやベッドに身体を縛る。

*転落しないように、ベッドに身体を縛る。

*自分で降りられないように、ベッドを柵で囲む。

*点滴などのチューブを抜かないように、身体や腕を縛る。

*点滴のチューブを抜いたり皮膚をかきむしらないようにミトン型の手袋をつける。

*車いすからのずり落ち・立ち上がりを防ぐ為に、Y字ベルトや車いすテーブルをつける。

*立ち上がることができる人の立ち上がりを妨げるようないすを使用する。

*脱衣やおむつはずしをしないように、つなぎ服を着せる。

*他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに身体をひも等で縛る

*行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に飲ませる。

*自分の意思で開けることのできない居室等に隔離する。


問題26 介護福祉職の腰痛予防に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 介護中の姿勢は中腰を基本とする。

2 1年ごとに定期健診を受ける。

3 勤務時間内は,全員が一律にコルセットを着用する。

4 静的ストレッチングが効果的である。

5 移乗や移動の支援は,利用者を抱えて行う。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○静的なストレッチングは筋肉への負担が少なく、安全に 筋疲労回復、柔軟性、リラクセーションを高めることが できるため職場で行う腰痛予防体操として推奨されています。

5:×
参考 過去問題(第26回)
26回試験問題

介護職の腰痛予防に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

問題 
日ごろから、前傾中腰姿勢での介護を心がける。

 2 長時間、座位の姿勢をとっても腰に負担がかからない。

 3 腰痛予防の体操として、静的ストレッチングが効果的である。

 4 シーツ交換時のベッドの高さは、介護職の腰より低くする。

 5 介護職の体幹を45度程度ひねって介護する。

 解答  正解3

【コミュニケーション技術】8問 27〜34問  
問題27 コミュニケーション技術の基本に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 言葉だけではなく,表情やしぐさにも注意しながら聞く。

2 理解できない話には,反応をせずに沈黙する。

3 利用者の発言が正しいかどうかを,評価しながら聞く。

4 介護福祉職が多く発言する方が,良い関係が構築できる。

5 利用者と家族の意見が異なるときは,家族の意見を優先する。

 

解答

1:○温和な態度、傾聴的な態度で接する(非言語コミュニケーション)

2:×「相づち」や「適切な質問」、傾聴

3:×非審判的態度で接します。

4:×利用者の発言を優先します。
5:×利用者の意見を優先します。

 

問題28 Gさん(38歳,女性)は,筋萎縮性側索硬化症 (amyotropthhic lateral sclerosis:ALS)で,居宅介護を利用して,排泄と入浴の支援を受けながら,日中は車いすで過ごしている。同居の母親も要介護4で,訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を利用しており,定年退職した父親が家事と二人の介護をしている。

ある日,H介護福祉職の前でGさんが,最近,父親が体調不良でつらそうで…

 私が一人暮らしをした方が父も楽になるんだけど,だめだと言うし…と言った。Gさんに共感を示すH介護福祉職の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 父親の気持ちを想像してみるように助言する。

2 Gさんの話に応えながら,気持ちを確認する。

3 障害者の一人暮らしに関する情報を提供する。

4 これからの生活について,自己決定を促す。

5 前向きな話題を出して,Gさんの気持ちを切り替えてもらう。

 

解答

1:×

2:○

3:×

4:×

5:×

 

問題29 重度の失語症(aphasia)のある人とのコミュニケーションの方法として。最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 五十音表を見せて,指でさしてもらう。

2 口を大きく開けて,声を出すように促す。

3 重度障害者用意思伝達装置を使う。

4 単語をひらがなで書いてもらう。

5 いくつかの絵の中から選んで,指でさしてもらう。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○視覚化された情報を利用することが有効です。
参考:第26回試験
 重度の運動性失語症(motor aphasia)のある人のコミュニケーションを促進する方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。

問題 

ひらがなで筆談する。

言葉で話すように促す。

絵や写真など視覚化された情報を用いる。

ボタン操作で音声を入力できる機器を使うように促す。

二者択一の問いかけはしない。   

 解答

1:×運動性失語:ことば数が少なく、たどたどしい話し方になります。聞いて理解することも難しくなりますが、話すことよりは良好です。漢字に比べて仮名文字が難しいです。

2:×運動性失語:ことば数が少なく、たどたどしい話し方になります。聞いて理解することも難しくなりますが、話すことよりは良好です。漢字に比べて仮名文字が難しいです。

3:○有効です。

4:×失語症は脳の左半球にある言語中枢が損傷されるために起こるので、右片麻痺を伴うことが多いです。従って機器の使用は難しいと思われます。

5:×複雑な内容は理解しにくくなるので二者択一の問いかけをします。

 

問題30 中程度の老人性難聴(presbycusis)のある人とのコミュニケーションに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 補聴器には短期間で慣れると説明する。

2 認知症(dementia)がある場合は,補聴器の使用を避ける。

3 話し手の口元に注目するように促す。

4 耳元で,できるだけ大きな声で話す。

5 後ろから近づいて,静かに話しかける。

 

解答

1:×

2:×認知症があっても補聴器は必要です。

3:○

4:×威圧的にならないように普通の声の大きさで、ゆっくり目に、はっきりと話すようにします。

5:×後ろから近付いて話しかけると、驚き、混乱してしまいます。

問題31 介護記録をもとにまとめた事例を,地域での多職種による事例検討会で報告する場合の個人情報の取扱いとして,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 家族情報は匿名化しない。

2 利用者の音声や映像は同意なしに使用できる。

3 利用者の氏名や住所は匿名化する。

4 介護記録のデータは匿名化せずに,電子メールで送受信する。

5 介護記録のデータを保存するときは,誰でも修正ができるようにパスワードは使用しない。

 

解答

1:× 家族・利用者情報については匿名化します。

2:×同意が必要です。

3:○

4:×

5:×誰にでも修正ができることは、情報管理上問題があります。

 

問題32 ヒヤリ・ハット報告書に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 口頭で報告したことは,報告書に記載しなくてもよい。

2 報告者の責任を追及することを目的とする。

3 介護事故の状況を報告する。

4 管理者以外の職員の目にふれないように保管する。

5 事故報告書とは分けて記載する。

 

解答

1:×口頭の報告も含め詳しく記載しなければなりません。

2:×事故を未然に防ぐことが目的であり、責任の追及が目的ではありません。

3:×事故場合はヒヤリ・ハット報告書ではなく事故報告書に記録します。

4:×管理者だけでなく、全てのスタッフで情報を共有することが望ましいです。

5:○事故報告書は、市町村への報告が必要となります。また事故の内容によっては都道府県への報告をしなければなりません。一方、ヒヤリ・ハット報告書は施設内のみでの処置となります。したがってヒヤリ・ハット報告書と事故報告書は区別して取り扱います。
 

 次の事例を読んで,問題33.問題34について答えなさい。

 

〔事 例〕

Jさん(78歳,女性)は,軽度の認知症(dementia)がある。K訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問した時, Jさんは,K訪問介護員(ホームヘルパー)が前日に準備した夕食を食べていなかった。Jさんは,不安そうな表情で昨日から食卓にある料理を指さして,これは私か食べていいの?これは誰のもの?と, K訪問介護員(ホームヘルパー)に尋ねてきた。冷蔵庫の中のお茶を飲んでいただけで,他には何も食べていない様子だった。

 

問題33 食卓にある料理はJさんのものだと説明した後,Jさんに対するK訪問介護員(ホームヘルパー)の声かけとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1「なぜ食べなかったのですか」

2「食べなければだめですよ」

3「無理してでも食べてください」

4「一緒に作って食べましょう」

5「1日に3食は食べましょう」

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○強い指示や禁止は、不快感や不安を与えるもとになります。相手に寄り添った対応が必要となります。

5:×

 

問題34 Jさんについてのケアカンファレンス(care conference)に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 K訪問介護員(ホームヘルパー)はJさんに対する自分の感想を発言した。

2 K訪問介護員(ホームヘルパー)は支援状況を報告して,参加者に意見を求めた。

3 施設入所の時期について話し合った。

4 支援する関係者が全員参加したので,議事録は作成しなかった。

5 途中退席した参加者には,口頭で結果を伝えた。

 

解答

1:×

2:○ケアカンファレンスは情報の共有や共通理解を図ったり、問題の解決を検討するために開かれる会議のことです。状況を報告して,参加者に意見を求めることはカンファレンスの場として好ましい。

3:×

4:×全員参加したからといっても議事録を作成し、残しておくことが必要です。

5:×議事録をみせ、カンファレンスの内容を共有します。

 

【生活支援技術】2問 35〜60問題
問題35 自立支援の説明として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 対象者は、介護保険の要介護3以上の人に限られること

2 対象者は,意思表示のできる人に限られること

3 A D L (Activities of Daily Living : 常生活動作)を回復すること

4 経済的自立を目指すこと

5 自己選択・自己決定を支援すること

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○介護でいう自立支援は、利用者のやりたいことをやるにはどうすれば良いか一緒になって考え、利用者の自己決定を尊重しながら、よりその人が満足する生活を送れるようにサポートすることです。

 

問題36 屋内での転倒を防ぐための安全対策として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 夜間目覚めたときにつける照明は,光源が直接見えるようにする。

2 コード類は動線上に這わせる。

3 玄関マットやバスマットは滑り止めのついたものを使う。

4 本人の室内の移動を減らす。

5 履物はスリッパにする。

 

解答

1:×直接光が目に入ると、目が眩り周囲が見えずらくなりことから転倒などの危険性が増加します。

2:×コード類は歩行の邪魔にならぬよう動線上に置かないようにします。

3:○

4:×移動を減らすより、本人が移動しやすい物の配置を考えるようにします。

5:×スリッパの使用は、つまずきやすいので控えたほうがいいです。

 

問題37 片麻痺で立位歩行が可能な人が,洋式便器から立ち上がるときに利用する手すりとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 便器の先端から2030 cm 後方の,健側がわの壁に設置された縦手すり

2 便器の先端から2030 cm 前方の,健側がわの壁に設置された縦手すり

3 便器の先端から2030 cm後方の,患側がわの壁に設置された縦手すり

4 便器の先端から2030 cm前方の,患側がわの壁に設置された縦手すり

5 便器周囲に設置された肘かけ状の簡易手すり

 

解答

1:×

2:○便器の先端から前方で、健側がわの壁にというのが好ましいです。

3:×

4:×

5:×

問題38 図は,扉を閉めた部屋の窓の位置を表している。(新出問題)

効果的な換気を行うために開ける窓として,最も適切なものを1つ選びなさい。

(注)窓の大きさや高さはすべて同じものである。天井の高さは同じである。家具は何もない。周囲に建物はない。

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/mon38ga.png

 

1 Aだけ開ける。

2 BとCを開ける。

3 Eだけ開ける。

4 AとDを開ける。

5 AとEを開ける。

 

解答

1:×一か所だけの解放では空気の流れが起きにくい。

2:×

3:×一か所だけの解放では空気の流れが起きにくい。

4:○ 対極で窓を解放することが空気が最もスムーズに移動し換気できます。

5:×

 

問題39 介護福祉職が行う爪切りに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 爪は十分に乾燥させてから切る。

2 周囲の皮膚に腫れや傷がある場合は,少しずつ切る。

3 手の爪は,手首を持って動かないようにして切る。

4 爪の先端の白い部分を1mmぐらい残して切る。

5 爪やすりは,中央から端に向かってかける。

 

解答

1:×爪は柔らかくしてから切ります。

2:×

3:×

4:○ギリギリまで短く切ろうとすると、出血の恐れがあるので、爪の先端の白い部分を1mmぐらい残して切ります。

5:×端から中央に向かってかけます。

 

問題40 義歯の取扱いに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 上顎用の総義歯は,義歯の後方を下げるようにしてはずす。

2 水を入れた専用のボールの中でブラッシングする。

3 ブラッシングするときは,柔らかめの歯ブラシを用いる。

4 保管容器に,義歯の半分がつかる程度の水を入れて保管する。

5 総義歯を装着するときは,回転させずにまっすぐ口腔内に入れる。

 

解答

1:○

2:×洗浄剤で汚れを浮かし、その後、ブラシでこすって、流水で洗浄剤と汚れを洗い流します。

3:×入れ歯専用ブラシを使って水で洗い流します。

4:×乾燥しないように、義歯のすべてが水に漬かるように保管します。

5:×回転させないとスムーズに口腔内にはいりません。

問題41 Lさん(86歳,女性)は,アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimers type)があり,通所介護(デイサービス)に通っている。最近,季節外れの服を着ていることが多くなった。夏のある日,通所介護(デイサービス)の介護福祉職が迎えに行くと,厚手の上着を着て汗をかきながら玄関で待っていた。介護福祉職のLさんへの対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 車を待たせているので早く着替えましょうと,着替えを促す。

2 鏡を見せて,間違いを指摘する。

3 今は夏ですよと,季節を伝える。

4 服装にはふれず,そのまま本人の行動を尊重する。

5 汗をかいていますね。上着を脱ぎませんかと,働きかける。

 

解答

1:× Lさんのペースを尊重します。

2:×否定・批判的対応は不適切です。

3:×季節外れの服を着ていても本人の自尊心を傷つけない対応が必要です。

4:×

5:○ Lさんの感情に寄り添った対応

 

問題42 実行機能障害のある利用者への更衣の介護として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 季節に合う衣類を介護福祉職が選ぶ。

2 利用者の好みよりも機能性を重視する。

3 必要な衣類をまとめて渡す。

4 隣で,洋服を着る動作を示す。

5 着る順番を紙に書いて渡す。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○実行機能には定義があり「目的をもった一連の行動を自立して有効に成し遂げるために必要な機能」とされています。つまり、これができないのが実行機能障害です。この場合の具体的な対応としては、声かけをしながら、一つづつ動作を区切りながら次の行動を示していくなどの方法が必要になります。

5:×実行機能障害でもひとつひとつの動作はできますが、一連の行動をとることができません。つまり着る順番を紙に書いて渡されても、その行動を成し遂げられません。 


問題43 頸髄損傷(cervical cord injury) (第6頸髄節まで機能残存)の利用者が自分で更衣できるようにするための介護福祉職の助言として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 かぶりの衣類より,前あきの衣類を勧める。

2 ズボンの更衣は座位で行うように勧める。

3 ファスナーはボタンに変えるように勧める。

4 靴下にループをつけるように勧める。

5 上衣の着脱は仰臥位で行うように勧める。

 

解答

1:×かぶり衣類可能

2:×

3:×リングを使用してファスナーの上げ下ろし

4:○下記参照

5:×側臥位
参考:第6頸髄節まで機能残存

肩関節および肘関節の運動に加え、手関節の背屈が可能。テノデーシスアクション(手首を背屈すると自然と指が曲がって掴む動作をする事)を用いた把持動作(かたく握り持つこと)が日常生活で有用である。
可能なADL

・柵を使っての寝返り

・ベッド上での前後、左右の移動

・万能カフを使用してスプーンまたはフォークで食事

・手掴みでも食べられる

・洗顔、整髪、髭剃り

・かぶりシャツ、ループを使用して靴下または靴の着脱

・リングを使用してファスナーの上げ下ろし

 

問題44 Mさん(89歳,女性)は,加齢に伴う両下肢の筋力低下がある。立位保持ができなくて,日中ベッドで臥床して過ごすことが多い。ベッドから車いすへの移乗は一部介助か必要であるが,車いすは自分で操作できる。

Mさんの上肢を活用した移乗介護に使用する福祉用具として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 スライディングボード

2 スライディングシート(マット)

3 回転移動盤

4 介助型車いす

5 移動用リフト

 

解答

1:○スライディングボードは ベッド、車いす、ポータブルトイレ、自動車などの間を移乗する時に使う福祉用具です。


http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/subord.jpg

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題45 右片麻痺の利用者を仰臥位から左側臥位にする場合の体位変換の方法として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 左側へ水平に移動する。

2 両上肢は体幹に沿わせて置く。

3 両下肢は伸ばす。

4 枕を左側に寄せる。

5 肩と膝を同時に倒す。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○頭部の位置が仰臥位の時より左側にくるので、枕を左側に寄せておくと体位変換が容易となります。


http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/sokuga101.jpg

5:×

 

問題46 ロフストランドクラッチ(Lofstrand crutch)の握りの高さを決める身体部位の位置として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 臍部

2 腋窩部

3 大転子部

4 肘関節部

 腸骨部

 

解答

1:×

2:×

3:○医療用補助器具の1つで、前腕部支持型杖とも呼ばれ、腕に装着して使用する片手用の杖である。ロフストランドクラッチも、ハンドグリップの握る位置(高さ)という点においては、一般的なT字型杖とほぼ同じなので、グリップを握った時に肘が軽く曲がる程度の高さに設定するのがポイントです。握りの高さを決める身体部位の位置は大転子部。

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/daitenshi01.jpg

4:×

5:×

 

問題47 左片麻痺で杖を使用している利用者の階段昇降時の介護として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 上がるときは,患側の足から出すように促す。

2 上がるときは,利用者の左後方に立つ。

3 健側の上肢を支える。

4 下りるときは,健側の足から出すように促す。

5 下りるときは,利用者の右後方に立つ。

 

解答

1:×健側の足から

2:○患側に補助者が原則。上がるときは患側の後方

3:×

4:×

5:×下りで後方にいると転落時にフォローができません。

 

問題48 要介護度か高く,日中もベッド上で過ごしている利用者の廃用症候群(disuse syndrome)の予防として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 安静を保ち臥位で過ごしてもらう。

2 4時間ごとに体位変換を行う。

3 A D L (Activities of Daily Living : 日常生活動作)は全介助で行う。

4 個別レクリエーションを取り入れる。

5 一人で過ごせる環境をつくる。

 

解答

1:×臥位ばかりで過ごすと廃用症候群を促進してしまいます。

2:×基本的に2時間を超えない範囲で行います。

3:×一部介助で残存機能を使うようにします。

4:○

5:×

 

問題49 加齢に伴う身体機能の変化に対応した食事として,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 味覚の低下に対しては,塩分や糖分を多く用いる。

2 消化吸収機能の低下に対しては,炭水化物を中心とした食事を基本とする。

3 唾液分泌の低下に対しては,パンを主食にする。

4 咀嚼力の低下に対しては,肉料理を控える。

5 腸の蠕動運動の低下に対しては,乳酸菌を含む食品を積極的に取り入れる。

 

解答

1:×

2:×

3:×口腔内の水分が奪われ誤嚥の原因となります。

4:×肉料理は咀嚼力を高めます。

5:○腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、消化した食べ物を腸の中で移動させたり便を体外へ排出させたりする動きです。蠕動運動が活発ですと胃腸の調子もよく、便通もスムーズになります。乳酸菌」が作る“乳酸”や“酢酸”は、大腸の蠕動運動を活性化させる作用があります。

 

問題50 生活習慣病(life-style related disease)の予防に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 糖尿病(diabetes mellitus)の予防として,たんぱく質の摂取量を増やす。

2 高血圧症(hypertension)の予防として,カリウム()の少ない食品を摂取する。

3 高コレステロール血症(hypercholesterolemia)の予防として,食物繊維を多く含む食品を摂取する。

4 骨粗粗症(osteoporosis)の予防として,ビタミンK (vitamin )の少ない食品を摂取する。

5 虚血性心疾患(ischemic heart disease)の予防として,起床後すぐの水分摂取は控える。

 

解答

1:×

2:×カリウムの摂取で余分な塩分が排出され、血圧を下げる効果があるので、少ない食品を摂取するのは間違い。
3:○食物繊維は腸管からのコレステロールの吸収を抑え、体外への排泄を促します。
4:×骨粗粗症対策として、カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨の形成に役立つ栄養素を積極的に摂ることが必要です。

5:× 虚血性心疾患に限らず、脳こうそくの予防としても、寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。
参考:食事に関する生活習慣病予防
1.食品をバランス良く取る

健康を保ち生活習慣病を予防する上で、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素を十分に取ることが大切です。毎日の食事は、主食と主菜、副菜、汁物などをそろえ、調理に使用する食品の数を多くすることで食品をバランス良く取るようにします。

2.腹八分目を守る

食べ過ぎは肥満の原因になり、肥満は糖尿病や動脈硬化症、心臓病などの誘因となりやすい。

3.薄味を心掛け、食塩の取り過ぎに注意する

食塩の取り過ぎは高血圧症ひいては脳卒中や心臓病、胃がんなどの原因となりやすい。

4. 動物性脂肪を取り過ぎない

動物性脂肪の取り過ぎは、肥満、動脈硬化症、心臓病、大腸がん、乳がんなどの原因になりやすい。肉の脂身やラ−ドなどは控えめとし、植物油や青背の魚などを多く取るようにします。

5. ビタミン類を十分に取る

色の濃い野菜や果物を多く取っている人はがんにかかりにくいことが分かっています。体の調子を整え、活力を保つうえからも1日に350〜400gを目標に十分に取りましょう。

6.食物繊維を十分に取る

食物繊維は、@腸内で作られる発がん物質を体外に排泄する。A糖質の吸収を遅延し、脂肪の吸収を抑制し肥満を予防する。Bコレステロ−ルを低下させる。など生活習慣病を予防するうえで役立ちます。野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、果物、いもなどは十分に取るようにします。また、ご飯やパン、めん類などの穀類や豆類なども毎日一定の量を取るようにしましょう。

7.カルシウムを十分に取る

お年寄りの背中や腰が曲がるのは、老化の一つとされてきましたが、骨粗しょう症という病気であることが分かりました。予防には、若いうちから牛乳や小魚、海藻、豆腐、緑黄色野菜などを十分取るようにします。

8.糖分は控えめに

菓子類や清涼飲料の取り過ぎはエネルギ−の過剰摂取を来たし、肥満の原因になるので取り過ぎないようにします。

問題51 入浴介護に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 入浴前の血圧が平常時より高くても,自覚症状がなければ入浴を勧める。

2 プライバシーを保護するために,皮膚の観察はしない。

3 湯温は,介護福祉職が直接肌で触れて確認する。

4 浴槽への出入りにシャワーチェアーを用いるときは,浴槽より低い位置に調整する。

5 片麻痺の利用者の場合は,麻痺側から浴槽に入る。

 

解答

1:×入浴前に血圧が高ければ入浴を控えたほうがいい。

2:×入浴前、入浴中も皮膚の状態の観察等は必要です。

3:○

4:×

5:×転倒予防のため、健側の足から入浴します。

 

問題52 Aさんは,寝たきり状態の夫を家で介護している。Aさんは,尿器を使って排泄介助を行っている。Aさんの夜間の介護負担を軽くするものとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 差し込み便器

2 自動排泄処理装置

3 ポータブルトイレ

4 おむつ

5 肘かけ状の簡易手すり

 

解答

1:×

2:○自動排泄処理装置は、自動的に便や尿を吸引する用具です。 尿意を感じてからトイレに行くまでに時間がかかり漏らしてしまうケース、転倒などの不安があり夜間に起き上ってトイレまで歩くことに抵抗がある場合など、排泄動作に不自由のある高齢者に使用されます。


http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/jidounyou.jpg

3:×

4:×

5:×

 

問題53 腸管出血性大腸菌で下痢が続いている利用者のおむつ交換をするときの留意点として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 汚れたおむつをビニール袋に入れて,袋の口を固く縛る。

2 汚れたシーツには,アルコールを噴霧する。

3 手洗いは,洗面器にためた水で行う。

4 殿部の汚れは,トイレットペーパーで拭けばよい。

5 専用の手袋を繰り返して使用する。

 

解答

1:○

2:×汚れたシーツは洗濯します。 消毒が必要であれば、約 5001000ppm5%濃度なら 50100 倍) に薄めた塩素系消毒薬(次亜塩素酸ナトリウム) 30 分以上つけ置きします。 その後、普通に洗濯します。

3:×洗面器に細菌が残っています。流水になってる状態で手洗いをします。

4:×シャワー等で洗い落すほうが効果的です。

5:×使い捨ての手袋を使用します。

 

問題54 弛緩性便秘の利用者に提供する食べ物として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 ごぼうの煮物

2 白身魚の煮つけ

3 おかゆ

4 ゆで卵

5 焼き肉

 

解答

1:○ 弛緩性便秘は「腸が動かない」タイプの便秘です。これには非水溶性食物繊維(不溶性食物繊維)が有効です。不溶性食物繊維を多く含んでいる野菜類には、ごぼう、切干大根、ブロッコリー、たけのこ、とうもろこし等があります。

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題55 Bさん(78歳,女性)は要支援2で,一人暮らしである。変形性膝関節症(knee osteoarthritis)が進んで,歩行に時間がかかるようになった。

 Bさんは調理が好きで,時間がかかっても近所の商店街に歩いて出かけて自分で食材を選んで作りたいと考えている。それを知った別居の長男は, Bさんの買物に行く負担を軽くする方法はないかと考えて,地域包括支援センターに相談した。

Bさんがこれからも買物や調理を継続していくための助言として,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 買物代行サービスの利用を勧める。

2 ネットスーパーの利用を勧める。

3 電動車いすの利用を勧める。

4 シルバーカーの利用を勧める。

5 台所を車いす対応にリフォームすることを勧める。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○シルバーカーは、歩行は問題ないが足腰が弱く、膝や腰に疲れや痛みを生じやすい高齢者の歩行を助ける手押し車のことです。 主に、買い物など外出の際に利用されます。 福祉用具としては、歩行補助杖や歩行器などと同じ分類といえます。


http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/silvercar.jpg

5:×

 

問題56 1か月の実収入が12万円の高齢者世帯で,消費支出が14万円,非消費支出が2万円の場合,可処分所得として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 8万円

2 10万円

3 12万円

4 14万円

5 16万円

 

解答

1:×

2:○可処分所得は、世帯の「実収入」から、支払い義務のある税金や社会保険料などの「非消費支出」を差し引いた後の金額(手取り収入)のことをいいます。
12万円−10万円=10万円

3:×

4:×

5:×
参考:可処分所得に関する過去問題
家計における可処分所得に関する次の記述のうち
,正しいものに○,誤っているものに×をつけた場合,その組み合わせとして正しいものを一つ選びなさ

い。

A 家族の生活維持のために消費支出として使うことのできる所得である。

B 老後の生活に備えるための貯金も含まれる。

C 住宅ローンの支払金に充てることができる。

D 税金や社会保険料などを含めた実収入のことである。

(組み合わせ)

 ABCD

1○○○×

2○×○○

3○×○×

4××○×

5×××○

 

問題57 和食の基本的な配膳の位置として,正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)

(注)右利きの場合である。


http://impression1950.web.fc2.com/img/57ga.jpg

 

1 A汁物 B副葉 C副菜 D主菜

2 A主菜 B汁物 C副菜 D副葉

3 A主薬 B副菜 C副菜 D汁物

4 A副菜 B副菜 C主菜 D汁物

5 A副菜 B主菜 C副菜 D汁物

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○下画像参照
http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/haizen.jpg

 

問題58 安眠を促す生活習慣に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 就寝直前に入浴する。

2 夜食をとる。

3 就寝前に,軽いストレッチを行う。

4 就寝前に,温かいコーヒーや紅茶を飲む。

5 多量に飲酒する。

 

解答

1:×

2:×

3:○寝る前にストレッチをすることで、ぐっすり寝られるという効果があります。 ストレッチで血液を循環させてから1時間ほどするとゆるやかに深部体温が下がりだします。指先や足先が温まったところで眠りにつきやすくなり ます。

4:×

5:×

 

問題59 概日リズム(サーカディアンリズム(circadian rhythm))を回復させるための介護福祉職の関わりとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 早朝に,高強度運動を行うように勧める。

2 起床後はカーテンを開けて,日光を浴びるように勧める。

3 夕食に,トリプトファン(tryptophan)を含む食事を提供する。

4 就寝前に,テレビを見たり,パソコンを使ったりすることを勧める。

5 平日の睡眠時間が短いときには,休日の寝だめを勧める。

 

解答

1:×

2:○概日リズムを回復するには体内時計を調節し、そのリズムを整えていくことが必要となります。起床後はカーテンを開けて,日光を浴びることは、そのリズムを整える一助となります。

3:×

4:×

5:×
参考:
生体リズムには、
1分単位で刻まれるものから1年単位で刻まれるものまで、様々なリズムが存在しています。 中でも、124時間の周期のことを、サーカディアンリズム(概日リズム)と呼んでいます。

 

問題60 終末期ケアに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 家族の悲嘆に対するケアは,終末期ケアとともに行う。

2 緩和ケアとは,身体的苦痛を取り除くことである。

3 口腔ケアは控える。

4 看取りの場を決めるのは,医師である。

5 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)利用者の終末期ケアは,病院で行う。

 

解答

1:○

2:×緩和ケアとは,患者とその家族の肉体的・精神的苦痛を和らげ、生活の質(QOL)の維持・向上を目的とします。

3:×終末期であっても、

4:×終末期では、食欲低下に伴い、唾液の分泌も低下することで、より乾燥が強くなるので口腔ケアは重要です。

5:×住み慣れた場所での終末期ケアが望ましいです。

【介護過程】8問 61〜68問題
問題61 介護過程におけるアセスメント(assessment)の目的として,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 より多くの情報の収集

2 介護福祉職の技能の向上

3 生活課題の明確化

4 I C F (International Classification of Functioning, Disability and Health : 国際生活機能分類)の視点による情報の分類

5 1つの場面に焦点を当てた観察

 

解答

1:×

2:×

3:○
介護過程の第一の目的は、「アセスメント」によって個別の利用者が抱えている真のニーズを発見することにあります。

その際、利用者の心身機能や希望を手がかりに全体像をとらえ課題の明確化をします。

介護過程の第二の目的は、保健、医療、福祉によるチーム内の協働、連携を図ることです。

これにより、関係職種が共通の主目的及び活動レベルの目標に向かって介護を行うことが可能となります。

4:×

5:×

 

問題62 介護計画の目標設定に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 アセスメント(assessment)と切り離して考える。

2 利用者と話し合いながらつくる。

3 ケアプランとの整合性は確認しなくてよい。

4 家族が望む生活を長期目標にする。

5 日標を記述するときの主語は介護福祉職にする。

 

解答

1:×

2:○目標設定には利用者の合意が必要になるので、利用者と話し合いながら作製してきます。

3:×適合性は保たれたほうがいいので、確認は必要です。
*ケアプラン:介護保険制度における居宅(施設)介護サービス計画のことでケアマネージャーが利用者に合った総合的な介護保険サービスの計画書又は計画を指します。

*介護計画(ケアプランをさす場合もある):サービス事業所内における利用者の介護計画書又は計画を指します。

4:×家族よりも、本人が望むことが優先します。

5:×

 

問題63 Cさんはアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimers type) で,介護老人福祉施設に入所している。仲の良かったDさんが, 1週間前に経済的な理由で別の階の多床室に移動した。Cさんは,寂しそうな表情で廊下を歩き回り、 Dさんを探しながら,他の利用者の部屋に入っていく。DさんもCさんに会いたいと介護福祉職に話している。

Cさんの生活課題として,最も優先すべきものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 Dさんの居室移動を理解すること

2 廊下を自由に歩き回れるようになること

3 新しい友人をつくること

4 自分の部屋で落ち着いて過ごせるごと

5 Dさんとの交友関係を保てること

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○「Cさんは,寂しそうな表情で廊下を歩き回り、 Dさんを探しながら,他の利用者の部屋に入っていく。」という記述があることから、CさんもDさんも良好な関係を築いています。

別の階に移動しても会いたい気持ちは強いことから、生活課題として優先されてよいと思われます。

 

問題64 介護過程における主観的情報に該当するものとして,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 疾病に関する主治医の意見

2 家族から聞いた利用者の生活歴

3 介護福祉職が感じたこと

4 利用者の発言

5 認知機能検査の得点

 

解答

1:×

2:×

3:○試験センター理由:選択肢1、2は誤りである。選択肢3は、正誤いずれも成立する余地がある。選択肢4は正しい。選択肢5は誤りである。したがって、選択肢3及び4を正答とする。

4:○主観的情報は「利用者の言ったことをそのまま書く」という情報のことです。

5:×

参考:第26回 介護過程・主観的情報問題
問題62 利用者Nさんの主観的情報を介護職が記録したものとして、適切なものを1つ選びなさい。

1 Nさんは、「何となく気持ちが悪い」と言った。

2 Nさんは、息づかいが荒く苦しそうだ。

3 Nさんは、主食を半分、副食を全量摂取した。

4 Nさんは、休むことなく廊下を3往復した。

5 Nさんは、朝の体温が37.5度で高めだった。    

解答

1:○主観的情報は「利用者の言ったことをそのまま書く」という情報のことです。

2:×客観的情報(利用者がしたこと、利用者の状態など)

3:×客観的情報(利用者がしたこと、利用者の状態など)

4:×客観的情報(利用者がしたこと、利用者の状態など)

5:×客観的情報(利用者がしたこと、利用者の状態など)

問題65 介護実践のプロセスをSOAP方式で記録する場合、Pに該当するものとして,適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 利用者の生活全般のニーズ

2 介護福祉職が判断したこと

3 実施に対する利用者の反応

4 介護福祉職が観察したこと

5 介護福祉職が行う今後の介護計画

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○下記参照
参考:
SOAP方式

S(Subjective data)→主観的情報

O(Objective data)→客観的情報

A(Assessment)→アセスメント

P(Plan)→計画

 

問題66 介護計画の修正を行うことを利用者に説明した。利用者の同意が得られた後に,介護福祉職間で共通認識をもつために行うこととして,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
インフォームドコンセント(informed consent)

2 スクリーニング(screening)

3 モニタリング(monitoring)

4 カンファレンス(conference)

5 インテーク(intake)

 

解答

1:×利用者が納得して介護を受けられるよう、ケアに対するを説明を行い、その上で介護の同意を得ることをいいます。

2:×福祉サービスに対して、申請などが多いような場合に、一定の基準や要件からサービス供給をふるい分けることを言います。

3:×利用者に介護サービスを提供しながら現状を観察し、適切なサービスを受けられているか、問題や課題となることはないかなどを見守り・確認する意味で使われる言葉です。

4:○カンファレンスは「会議」を意味する用語です。ここでは積極的に意見交換を行い、専門職同士の連携をもとにサービス提供のあり方について検討を行います。

5:×利用者に対し、必要なものが何であるのか、何が提供できるのかを見極めるために最初に行われる面接のことです

 

次の事例を読んで,問題67,問題68について答えなさい。

 〔事 例〕

 

Eさん(67歳、女性、介護3)は、 1年前、くも膜下出血(subarachnoid hemorrhage)で倒れて、左片麻輝、体幹機能の低下が残った。排泄訓練を目的として介護老人保健施設に入所した。入所時のEさんは不自由でも、右手でベッド柵を掴んで起き上がることやベッドの端に座ることはできたが、立位保持はできなかった。おむつを着用しているが、おむつは嫌と自分の気持ちを訴えていた。医師は着脱と拭く行為には介助か必要だが、車いすから便座に移ることは可能であると判断した。

F介護福祉職はアセスメント(assessment)を行い,本人の思いを考慮して介護計画の短期目標を、車いすから便座に移り排泄すると設定して、評価日は1か月後とした。理学療法士と連携して、トイレで移乗のための立位訓練を始めた。

 

問題67 I C F (International Classification of Functioning, Disability and Health :国際生活機能分類)に基いて情報を分類する場合、Eさんの能力(できる活動)に該当するものとして、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 右手でベッド柵を握る動作

2 ベッド上での座位の保持

3 手すりを使っての立位の保持

4 おむつは嫌という気持ちの表出

5 車いすから便座への移乗

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○「医師は着脱と拭く行為には介助か必要だが、車いすから便座に移ることは可能であると判断した。」とあるので、これが「できる活動」に該当します。

 

問題68 Eさんのニーズとして,最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 移乗訓練をやめること

2 トイレで排泄ができること

3 左片麻輝をなくすこと

4 おむつに戻すこと

5 早く家に帰ること

 

解答

1:×

2:○「おむつを着用しているが、おむつは嫌と自分の気持ちを訴えていた。」とあるので、最優先のニーズはトイレで自力で排泄できること。

3:×

4:×

5:×


【発達と老化の理解】8問 69〜76問題

 問題69 エリクソン(Erikson, E.)の発達段階説において,青年期の発達課題として,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 生殖性の獲得

2 信頼感の獲得

3 同一性の獲得

4 自発性の獲得

5 親密性の獲得

 

解答

1:×

2:×乳児期

3:○青年期

4:×幼児後期

5:×前成人期
参考:エリクソン(
Erikson, E. H.)は,人生を8つの段階に分けました。

乳児期

:基本的信頼 対 基本的不信

幼児前期(早期幼児期)

:自律性 対 恥,疑惑

遊戯期(幼児後期)

:自主性 対 罪悪感

児童期(学齢期)

:勤勉性 対 劣等感

青年期

:同一性(アイデンティティ) 対 同一性(アイデンティティ)拡散,混乱

前成人期

:親密性 対 孤立

成人期

:世代性 対 停滞,自己耽溺

老年期

:統合 対 絶望,嫌悪

 

問題70 年齢規定に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 老人福祉法では,原則として70 歳以上の者を施策の対象としている。

2 介護保険法では, 50歳から第2号被保険者になる。

3 高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者医療制度は, 60歳以上の者を対象としている。

4 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では,事業主に,雇用している高年齢者が希望するときは,75歳まで継続雇用することを義務づけている。

5 道路交通法では,運転免許証の更新を受けようとする75歳以上の者に,認知機能検査を義務づけている。

 

解答

1:×老人福祉法では,原則として60 歳以上の者を施策の対象としている。

2:×介護保険法では, 40歳以上64歳以下が第2号被保険者になる。

3:×高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者医療制度は, 75歳以上の者を対象としている。

4:×高年齢者等の雇用の安定等に関する法律では,事業主に,雇用している高年齢者が希望するときは,65歳まで継続雇用することを義務づけている。

5:○


参考:介護保険の被保険者
■第1号被保険者は65歳以上の方です。

 (1)介護保険料

  保険料は個人ごとに異なります。

  どの段階の保険料にあたるかは、下記の関連するホームページ「介護保険料所得段階表」を

  参照ください。

 (2)保険料の納付方法

  特別徴収(年金天引き)と普通徴収(直接納付)があります。

  注:65歳になられた当初や本市に転入された当初は、普通徴収となりますが、天引き対象の年金が

    年額18万円以上あるなどの条件を満たせば、随時特別徴収に切り替わります。

 

■第2号被保険者は40歳以上64歳以下の方です。

 (1)介護保険料

  加入している医療保険の中で算定され、医療保険料として一括して納めます。

  【国民健康保険に加入している場合】

   国民健康保険料の算定方法と同様に世帯ごとに決定されます。

  【医療保険に加入している場合】

   医療保険ごとに設定されている介護保険料率と給与(標準報酬月額)に応じ、決定されます。

 (2)保険料の納付方法

  【国民健康保険に加入している場合】

   国民健康保険料と介護保険料をあわせて国民健康保険料として世帯主が納めます。

  【医療保険に加入している場合】

   介護保険料と医療保険料を合わせて給与から徴収されます。40歳以上64歳以下の被扶養者は

   保険料を個別に納める必要はありません。 

問題71 高齢者の薬物代謝に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 消化管からの薬剤の吸収力は低下する。

2 肝臓での薬剤の代謝に要する時間が短縮する。

3 腎臓からの薬物排泄量は増加する。

4 脂溶性薬剤の蓄積は起こりにくくなる。

5 複数の薬剤間の相互作用が起こりやすい。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○高齢者は、胃腸の働きが低下したりすることによって、薬物の吸収が悪くなりますが、そのため、内服した薬物の効果が現われにくい場合があります。ただし、高齢者の内臓機能の衰えは、胃腸だけではなく、肝臓や腎臓にも起こります。肝臓の解毒作用や、腎臓の排泄作用が低下すると、内服した薬剤の成分がいつまでも体内に残りやすくなることから、複数の薬物間の相互作用も起こりやすくなります。

 

問題72 老化に伴う知的機能の変化に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 目から入る感覚記憶は低下しやすい。

2 からだで覚えた手続き記憶は忘れにくい。

3 昨日の出来事などのエピソード記憶は忘れにくい。

4 計算などの流動性知能は低下しにくい。

5 経験や学習で得られた結晶性知能は低下しやすい。

 

解答

1:×

2:○技能としてからだで覚えた記憶を手続き記憶といいます。からだで覚えたことは、比較的保たれます。

3:×エピソード記憶は人生の個人的な経験の記憶のことですが、このような記憶は忘れやすい。

4:×具体的には、推論する力、思考力、暗記力、計算力などが挙げられる。 集中力も流動性知能の一部である。これらは老化により低下しやすい。

5:×結晶性知能は、過去の経験が土台になる専門的または個人的な能力をさし、ことわざで表すと「三つ子の魂百までも」というような概念にあたります。この能力は低下しにくい。

問題73 加齢に伴う身体機能の低下を感じている高齢者の心理に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 身体機能の低下に対する不安や悲しみを、自分が経験しているのではなく、友人のことだと考えることで心理的安定を図ろうとすることを、抑圧という。
2 受身的で、子どものように振る舞うことで心理的安定を図ろうとすることを、投影という。

3 身体機能の代わりに、認知的な活動での優越感を持つことで心理的安定を図ろうとすることを、補償という。

4 身体機能を使う場面を避けて、ひきこもることで心理的安定を図ろうとすることを、退行という。
5 身体機能の低下に対する不安や悲しみを、無意識的に抑えることで心理的に安定を図ろうとすることを、逃避という。


解答

1:×隔離

2:×退行

3:○補償

4:×逃避

5:×抑圧
参考:適応機制のまとめ
攻撃→他人のものを傷つけたりして欲求不満を解消しようとする。

逃避→苦しくつらい現実から一時的に逃れる。

退行→耐え難い事態に直面したとき、子供の様に振舞って自分を守ろうとする。

拒否→問題となっている事実が存在しなかったように振る舞うこと。

隔離→耐え難い状況に直面した場合、その状況に直面しているのは、「わたしの自我」ではない、という意識における逃避を行うことで、状況から逃れようとする行為です。

代償→本来の目標がかなわない場合に、安易にできる目標を達成することで満足を得ようとすること。

合理化→満たされなかった欲求に対して、都合の良い理由を付けて自分を正当化しようとすること。

昇華→衝動などを社会的に価値の高い方法に置き換えること。

同一視→自分にない名声や権威に自分を近づけることによって自分を高めようとする。他者の状況を自分のことのように思うこと。

投影→自分の欠点を置き換えたり他人のせいにする。自己が抱いている他人に対しての不都合な感情を、相手が自分に対して抱いていると思うこと。

抑圧→実現困難な欲求や苦痛な体験などを押さえ込んで忘れようとする。

反動形成→抑圧されたものと正反対のものを意識にもっていること。無意識に抑圧した思いが意識にあがってこないように、本心と裏腹なことを言ったり、その思いと正反対の行動をとること。


問題74 甲状腺機能低下症(hypothyroidism)の症状として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 浮腫

2 下痢

3 動悸

4 いらいら感

5 手の震え

解答

1:○(1)むくみ(浮腫)

むくみは、甲状腺機能低下症のおもな症状です。「粘液水腫」とも呼ばれ、水っぽい感じはなく、圧迫してへこませても元に戻るのが特徴です。朝起きたときに手や顔がこわばる感じがします。さらに顔のむくみがひどいと、まぶたがむくんで、唇が厚くなり、舌が大きくなることもあります。また、粘膜もむくむことがあり、喉頭にむくみがくると声がしわがれて低くなります。

2:×

3:×

4:×

5:×
参考:甲状腺機能低下症の症状
(1)
むくみ(浮腫)

(2)皮膚の乾燥

(3)寒がりになる

(4)食欲がないのに体重が増える

(5)脈がゆっくり静かになる

(6)無気力になり頭の回転が鈍くなる

(7)月経や妊娠等の異常

問題75 めまいとその症状に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 メニエール病では、立ちくらみが起こる。

2 良性発作性頭位めまい病では、回転感がある。
3 低血圧によるめまいは、耳鳴りを伴う。

4 不整脈によるめまいは、頭痛を伴う。

5 脳梗塞では、めまいは起こらない。

 

解答

1:×メニエール病は内耳の病気で、繰り返すめまいに難聴や耳鳴りを伴うものです。

2:○良性発作性頭位めまい症は、ベッドに寝たり、ベッドから起きたりするときに30秒から1分程度の回転性めまいとしてみられます。難聴、耳鳴や手足のしびれなどの他の神経症状を伴いません。

3:×

4:×不整脈が起きると、心臓に血液がリズムよく流れず動悸・息苦しい・めまいといった症状が出ることがあります。頭痛は伴いません。

5:×

問題76 Aさん(79歳、女性)は、介護老人福祉施設で生活している。糖尿病でインスリン治療が必要で、1日に一度、昼食後に自己注射をしていて、併せて毎食直前に血糖を下げる薬を内服している。医師からは血糖のコントロール状態は良好であると言われている。ある日、Aさんの医療機関の受診が長びいた。
B
介護福祉職がAさんの遅めの昼食をとってもらう準備をしていると、Aさんが「頭がふらふらする」と訴えた。冷や汗もかいているようである。B介護福祉職によるAさんへの対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 昼食をとらずに、すぐにベッドでやすんでもらう。
2 昼食前の内服薬をすぐに飲んでもらう。
3 すぐに看護師に血糖を測定してもらう。
4 すぐにインスリンを自己注射してもらう。
5 様子を見る。

解答

1:×

2:×

3:○Aさんが「頭がふらふらする」と訴えた。冷や汗もかいているようである…との記述から低血糖症状が出現した可能性が疑われるため、血糖を測定してもらう必要があります。

4:×

5:×


【認知症の理解】10問 77〜86問題
問題77 介護保険法における認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 地域住民と関わる機会は少ない。

2 家庭的な雰囲気によって、症状の安定が図られる。

3 1ユニットの入所者は10名までである。

4 機能訓練は行わない。

5 施設が決めた一律の日課によって、生活の維持が図られる。

 

解答

1:×地域住民との交流のもとで行われています。

2:○

3:×1ユニット59人の少人数の利用者が、介護スタッフとともに共同生活を送ります。

4:×サービスの内容は、食事、入浴、排せつの介護、機能訓練(リハビリテーション)

5:×「できることは自分で」というのが基本的なスタンス。入所者ができるだけ自立した生活ができるよう、介護職員はサポートに重点をおき、グループホームでの生活自体が認知症の改善や進行の緩和につながるよう対応します。

 

問題78 失行に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 四肢が麻痺(まひ)した状態である。

2 目的に沿った動作ができない状態である。

3 言葉を理解できない状態である。

4 気力や自発性が低下した状態である。

5 目の前のもんが何であるかを、認識できない状態である。

 

解答

1:×

2:○「失行」とは運動麻痺や知覚麻痺などはなく、頭では理解しているのにもかかわらず、動作や行動ができなくなった状態です。

主に認知症や脳血管障害による、大脳皮質の変化が原因で起こります。認知症になると必ずみられる中核症状のひとつです。

3:×

4:×

5:×
参考:失行の種類
@失語・失読

音声を「聞く」、「話す」や文字を「読む」、「書く」といった言語情報に関わる機能が失われてしまった状態です。

A観念運動失行

意識していない自発的な運動はできますが、口頭で指示されたり、マネをしようとしたりするとできない状態。

B観念失行

物の名前や使い道はわかっているのに、使用ができません。

C構成失行

物をうまく形にできない失行です。

D着衣失行

麻痺がないのに服を着たり脱いだりできない。

問題79 うつ病に伴って認められる仮性認知症(pseudodementia)の特徴として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部)

1 朝方に比べて夕方に悪くなることが多い。

2 本人が病識に乏しいことが多い。

3 記憶障害に比べて判断障害を認めることが多い。

4 症状が急速に進行することが多い。

5 食欲は保たれていることが多い。

 

解答

1:×

2:×

3:×記憶障害を認めることが多いです。

4:○高齢者の場合は年齢に伴う脳の萎縮、血流低下が加わり認知症に近い症状がより進行することが多い。
5:×食欲は低下します。

参考: うつ病の症状である、意欲がない、気分が乗らない、食欲がない、眠れない、落着かずイライラする、悲観的、認知力や判断力が低下するなどは認知症の症状に非常に似ています。

問題80 軽度のアルツハイマー型認知症に認められる症状や日常生活上の障害として、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 小刻み歩行

2 嚥下障害(えんげしょうがい)

3 尿失禁

4 炊事の自立困難

5 入浴の自立困難

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○軽度アルツハイマー病では、記憶障害は悪化し、他の認知能力の変化がはっきりとしてきます。問題には以下のようなものが挙げられます。

*迷子になる

*お金の取扱いや請求書の支払いに問題が生じる

*質問を繰り返す

*普通の日常作業をこなすのに時間がかかるようになる

*判断力の低下

*物をなくしたり、おかしな場所に置き忘れたりする

*感情および人格の変化

多くの場合、この段階でアルツハイマー病と診断されます。

5:×

 

問題81 血管性認知症の症状や特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 男性と比較して女性に多く認められる。

2 ゆっくりと少しずつ進行する。

3 人格変化を認めることが多い。

4 初期にめまいを自覚することがある。

5 85歳以上で多く認められる。

 

解答

1:×男性の方が女性よりも多く発症している認知症です。

2:×アルツハイマー型が徐々に進行するのに対して、よくなったり悪くなったりを繰り返し進行します。

3:×人格変化を認めることは少ない。

4:○初期に頭痛・めまい・しびれ等

5:×初老期 50歳代より

 

問題82 若年性認知症に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 前期高齢者が発症する認知症である。

2 後期高齢者の認知症と比べて進行は穏やかである。

3 家族の心理的負担は少ない。

4 若年性認知症に特化した社会的支援が充実している。

5 若年性アルツハイマー認知症では神経症状を認めることが多い。

 

解答

1:×64歳以下の人が認知症と診断されると、若年性認知症と呼ばれるようになります。

2:×若年性認知症は高齢者の認知症よりも、進行が早いと言われています。

3:×一家の大黒柱がこの認知症になると、家族の心理的負担はかなり大きいものになります。

4:×発症者が少ないこともあり、社会的に支援は不十分です。

5:○若年性認知症は、手足の麻痺、構音障害、飲み込みの障害、感覚障害などの神経症状を伴いやすいのが特徴です。

 

問題83 アルツハイマー型認知症の薬物療法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 病気の進行を完全に止めることができる。

2 軽度のアルツハイマー型認知症に対して有効ではない。

3 行動・心理的症状(BPSD)に対して効果が認められていない。

4 病期によって投与量が変わることはない。

5 副作用として、パーキンソン症候群が現れることがある。

 

解答

1:×アルツハイマー病は、基本的に完治することはないと言われています。従って、薬物療法によっても完全に進行を止めることはできません。しかし進行を遅らせることが出来ます。

2:×軽度のアルツハイマー型認知症に対して薬物療法は有効です。

3:×

4:×病気により投与量は変わってきます。

5:○副作用としては、ふらつきや筋肉のこわばりといったパーキンソン症状がよく見られます。

 

問題84 Cさん(80歳、女性)は、軽度のアルツハイマー型認知症と診断され、訪問介護(ホームヘルパーサービス)を受けて自宅で一人暮らしをしている。几帳面(きちょうめん)な性格で、大切なものはタンスの中にしまっている。
最近物忘れが多くなってきた。ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪れると、Cさんが「泥棒に通帳を盗まれた」と興奮して訴えてきた。部屋はきれいな状態であった。訪問介護員(ホームヘルパー)のCさんへの対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 保管場所を忘れたのだろうと伝える。

2 気分を変えるために話題を変える。

3 一緒に通帳を探すことを提案する。

4 認知症が進んできたための症状であることを伝える。

5 通帳の保管場所を忘れないように保管場所に目印をつけてもらう。

 

解答

1:×否定する言葉は言ってはいけません。

2:×

3:○一緒に探すことを提案し、寄り添う姿勢を示します。

4:×自尊心を傷つける行為となります。

5:×

 

問題85 認知症の人の支援者の役割りに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり:一部→民生委員:役割り)

1 民生委員は、担当地区の認知症の人に関わる情報を収集して、専門的支援機関につなげる。

2 認知症の人の主治医を、認知症に関わる地域医療体制を構築する上での中核にする。

3 認知症看護認定看護師は、認知症の種類と病期を特定して、必要な薬剤を処方する。

4 認知症サポート医が、認知症サポーター養成講座の講師を務めることとされている。

5 介護支援専門員(ケアマネジャー)は、担当する認知症の人の要介護認定を行う。

 

解答

1:○

2:×主治医の役割は、患者や家族の同意を得た上で療養上、必要な支援を行う。他の医療機関での受診状況や服薬状況を把握するほか、在宅医療の提供や24時間対応の体制を持つことが求められている

3:×
認定看護師は特定の看護分野において、以下の
3つの役割を果たします。

@個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)

A看護実践を通して看護職に対し指導を行う。(指導)

B看護職に対しコンサルテーションを行う。(相談)

4:×「認知症サポート医」とは、独立行政法人国立長寿医療研究センターが行う認知症サポート医養成研修を修了し、「かかりつけ医」への助言等の支援を行うとともに、専門医療機関や地域包括支援センター等との連携役となる医師です。認知症サポーター養成講座の講師を務めることは規定されていません。

5:×介護認定審査会(審査会の委員は、保 健・医療・福祉に関する専門員5人程度で構成されます。)が認定を行います。

 

問題86 認知症の妻を介護している夫から、「死別した妻の父親と間違えられてつらい」と相談された時の介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去問題あり)

1 妻が間違えないようになることは難しいと説明して、諦めるように伝える。(過去に類似問題あり)

2 間違いを訂正すればするほど、妻の反発や興奮を引き起こすことを説明する。

3 認知症の人によくみられることで、他の家族も同じ思いであることを伝える。

4 間違えられるつらさをよく聴いて、誤認を否定せず、いつもどおりの態度で接するように勧める。

5 夫がうつ病であることの可能性を説明して、夫自身の精神科の受診を勧める。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○夫のつらい思いを、ありのままに受け入れます。

5:×

【障害の理解】10問 87〜96問題

問題87 Dさん(30歳、女性)は脳性麻痺(のうせいまひ)で下肢の運動機能障害があり、電動車いすを使用している。Dさんは、自己決定・自己責任による生活をしたいと考えて、一人暮らしを始めた。週に一度ピアカウンセリングのボランティアをして、友人と一緒に趣味の映画鑑賞に出かけることを楽しみにしている。

Dさんに関する次の記述のうち、ICF(International lassification of unctioning):国際生活機能分類)の「環境因子」に分類されるものとして、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 下肢の運動機能障害があること

2 電動車いすを使用していること。

3 ボランティアをしていること

4 仲の良い友人がいること

5 映画鑑賞が興味であること

 

解答

1:×心身機能

2:×「活動と参加」の「運動・移動」

d 活動と参加 

d4 運動・移動 

d465 用具を用いての移動

移動を容易にしたり,ふつうと違う移動方法を可能にするように設計された特別な用具を用いて,ある場所から別の場所へとどのような歩行面や空間であろうと,全身を移動させること。例えば,スケート,スキー,スキューパダイビング用具などを使つての移動,車椅子や歩行器を使って通りを移動すること。

3:×参加・活動

4:〇環境因子は、人の生活機能に影響を与える外的な要因で、建物の設備、交通機関の状況などの物的な環境が例として挙げられます。それだけではなく、家族や友達、世間の人の目などの人的な環境や、医療や保健などのサービスも制度的な環境として含まれています。

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/icfmodel.jpg

5:×個人因子

問題88 老人性難聴の特徴として、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 伝音声難聴に分類される。
2 高音域から始まる。

3 語音明瞭度は高くなる。

4 ウイルス感染で生じる。

5 症状は急激に進行する。

解答

1:×老人性難聴は感音性難聴が多いです。感音難聴は、音の感覚機構そのものが障害を受けているため、さまざまな聞こえのゆがみが生じるものです。

2:○聴力の低下は高音域から発生し、徐々に会話音域、低音域へと広がっていきます。

3:×難聴が発生した場合、ただ単に音が聞こえなくなっただけでなく、音は聞こえるが何をいっているかがわからないという状態がしばしばみられます。これは言葉の聞き取り能力の低下が原因です。

4:×加齢が原因となります。このことで内耳蝸牛(かぎゅう)の感覚細胞が障害を受けたり、内耳から脳へと音を伝える神経経路や中枢神経系に障害が現れたり、内耳蝸牛の血管の障害が起こったり、内耳内での音の伝達が悪くなったりします。

5:×徐々に進行するのが特徴です。

 

問題89 うつ病で活動性が低下している利用者への介護福祉職の対応として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 にぎやかな場所に誘う。

2 自殺念慮を打ち明けられても、無関心でいる。

3 訴えに対して、受容的に接する。

4 話が途切れないよう、次から次へと話しかける。

5 早く元気になるように、励ます。

 

解答

1:×静かな環境のほうが精神的に落ち着きます。

2:×「自殺は絶対にしないように」と約束してもらいます。

3:○批判するようなことを言わず、受容的に聞き手に徹します。

4:×相手の話のペースを大切にします。

5:×うつ病のかたには、励ましは禁物です。

 

問題90 広範性発達障害の特徴として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 特定のものに対するこだわりが強い。

2 相手の意図を正確に読み取る。

3 幻覚や妄想が現れる。

4 麻痺性吃音障害を生じる。

5 強調して作業することが得意である。

 

解答

1:○「広汎性発達障害」では同じ行動パターンや興味にこだわったり、場所、時間や道順を変更できないことや、ルール違反を極点に嫌ったりする傾向がある。

2:×

3:×

4:×

5:×

参考:過去問題
問題

1 発達障害の一つである「広汎性発達障害」は、社会性の獲得やコミュニケーション能力の獲得といった、人間の基本的な機能の発達遅滞を特徴としている。

2 「広汎性発達障害」では、変化に対応できないときは混乱してしまい、パニックを起こしてしまうことがある。

3 「広汎性発達障害」では同じ行動パターンや興味にこだわったり、場所、時間や道順を変更できないことや、ルール違反を極点に嫌ったりする傾向がある。

4 「広汎性発達障害」は、「自閉症」「アスペルガー症候群」「レッド症候群」「小児期崩壊性障害」「その他の自閉症」という5つ障害の総称である。

解答

1:○高機能自閉症やアスペルガー症候群は、広汎性発達障害に分類されるものです。アスペルガー症候群とは、知的発達の遅れを伴わず、かつ、自閉症の特徴のうち言葉の発達の遅れを伴わないものです。

2:○

3:○

4:○この障害では、人と関わることが苦手、会話が苦手で自分の言いたいことだけを一方的に話してしまうという特徴があります。「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像力とそれに基づく行動の障害」が、3歳までに6ヶ月以上見られた場合、広汎性発達障害の診断を考慮します。

問題91 筋萎縮性側索硬化症(ALS)にみられる特徴的な障害として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 知的障害

2 呼吸障害

3 眼球運動障害

4 膀胱直腸障害(ぼうこうちょちょくちょうしょうがい)

5 感覚障害


解答

1:×

2:○ 筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡するものです。

3:×

4:×

5:×

問題92 障害受容過程の「ショック期」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 現実を実感することが難しい。

2 抑うつ反応を示す。

3 自らの努力が必要だと気づく。

4 他人に感情をぶつける。

5 障害を受け止めることができる。

解答

1:○発病の直後で現実に起こっていることが自分ではないような状態です。

2:×

3:×

4:×

5:×
参考:障害受容の段階

ショック期

発病の直後で現実に起こっていることが自分ではないような状態です。

否認期

心理的な防衛反応としての病気の否認が生じる時期。

混乱期

病気・障害が完治しないことを否定しきれない時期。

解決への努力期

前向きな努力が主になる時期。

受容期

何らかの新しい役割や仕事を得て、生活に生きがいを感じるようになる時期。

問題93 下図の自助具を使用する疾患として、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
http://impression1950.web.fc2.com/img/93g.jpg
1 パーキンソン病
2 腰髄損傷

3 関節リウマチ

4 糖尿病

5 クーロン病

 

解答

1:×

2:×

3:○長いくしで、手の届かない部分も容易に整髪ができる自助具です。

4:×

5:×

 

問題94 ホーエン・ヤール重症度分類でステージ3にあるパーキンソン病」の人の日常生活の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 履物はサンダルを使用する。

2 誤嚥(ごえん)に気をつける。

3 安静にして過ごす。

4 薬を飲み忘れた場合は、次に2回分服用する。

5 植物繊維の多い食べ物は避ける。

 

解答

1:×

2:○下記分類を参照

3:×

4:×

5:×
参考:ホーエン・ヤール重症度分類
1
度 … 片方の手足のみに症状が表れている(日常生活における影響は軽微で、ほとんど差し支えない状態)

2度 … 両方の手足に症状が表れている(日常生活に対して多少の不自由さを感じるが、障害としての度合いは軽微。仮に歩行障害が見られても、ほんのわずかの状態)

3度 … 両方の手足に症状が表れ、前屈み姿勢・すり足歩行・嚥下障害等々が表れている(まだ日常生活においては自立しているが、職業によってはかなりの制約が見られる状態。またヤールの重症度分類3度以上になると、医療費補助が適用されます。)

4度 … 両方の手足に強い症状が表れている(人の補助があれば歩行できるが自力歩行は不可能、そして介護者がいないと生活に支障をきたす状態。)

5度 … ほとんど寝たきりで、移動は車椅子が絶対必要(生活の基本はベッドになり、全面的に介護者が必要な状態)
 
問題95 リハビリテーションに関わる医療職の役割として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 作業療法士は、日常生活活動訓練を行う。

2 義肢装具士は、立位訓練を行う。

3 理学療法士は、短下肢装具の製作を行う。

4 臨床検査技師は、失語症の評価を行う。

5 言語聴覚士は、心理的な問題について面接を行う。

 

解答

1:○作業療法士の業務

2:×理学療法士の業務

3:×義肢装具士の業務

4:×言語聴覚士の業務

5:×心理士

問題96 Eさん(31歳、女性)は、Fちゃん(5歳)と二人で暮らしである。自宅で仕事しながら、重症心身障害のあるFちゃんの介護をしている。Fちゃんの食事は刻み食で、介助が必要である。昼も夜も2〜3時間おきに、痰(たん)の吸引を行わなければならない。Eさんの平均睡眠時間は4時間である。Eさんは「眠れなくて疲れが取れない」と訴えている。

Eさんへの介護福祉職の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)

1 痰(たん)の吸引の技術を高めるために講習を受ける。

2 障害基礎年金を申請する。

3 介護に専念するために仕事を辞める。

4 刻み食をやめて流動食にする。

5 レスパイトケア(respite care)を利用する。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○レスパイトケアは、乳幼児や障害者、高齢者など要介護者を在宅でケアしている家族の精神的疲労を軽減するため、一時的にケアの代替を行うサービスのことをいいます。

 

【こころとからだのしくみ】12問 97〜108問題
問題97 脳の中で記憶をつかさどる部位として、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 延髄
2 海馬
3 視床
4 松果体
5 小脳
 
解答

1:×延髄は呼吸運動や血管の収縮・拡張や唾液分泌や嚥下などの中枢があります。

2:○海馬は、脳の中にあって、唯一細胞分裂を繰り返す神経細胞が集まる器官です。 入力された情報の整理、および、記憶を司っています。

3:×視床は全身の感覚、視覚、聴覚などの感覚入力知覚刺激情報を認識し、大脳皮質、大脳基底核に伝達する働きを持っています。    

4:×概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌します。

5:×小脳は、体の運動を調整する役割をもっています。

問題98 副交感神経の作用として、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 気道の弛緩(しかん)

2 血糖値の上昇

3 消化の促進
4 心拍数の増加
5 瞳孔の拡大

解答

1:×交感神経

2:×交感神経

3:○副交感神経

4:×交感神経
5:×交感神経

参考:交感神経と副交感神経
交感神経
交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。
闘争として相手と戦う時、体は緊張して心臓の鼓動は早くなり、血圧が上がります。相手をよく見るために瞳孔は散大し、呼吸は激しくなります。同じように、自分を狙う相手から本気で逃げる時も体は興奮した状態となります。
副交感神経
「副交感神経は交感神経の逆の働きをする」と考えれば良いです。交感神経は運動時などの興奮した時に活発となるのに対して、副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。例えば、食事中は気分を落ち着かせて食べるのが基本です。睡眠中も同じように体を休めている状態です。このように、食事中や睡眠時など体を落ち着かせている時に強く働く神経が副交感神経です。これら体を休めている時の状態を想像すれば、副交感神経がどのような働きをするかを容易に理解することができます。
例えば食事をしている時、胃酸がたくさん分泌されて腸の運動は活発になります。副交感神経が興奮することにより、食物の消化に関わる機能が活発になります。また、副交感神経は交感神経と逆の働きをするため、心臓の機能は抑制されます。

問題99 身体の症状とその原因となる疾患の組合せのうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(既出問題)

1 爪の白濁・肥厚  ━白癬(はくせん)
2 皮膚の黄染    ━腎疾患
3 水晶体の白濁   ━緑内障

4 舌苔(ぜったい)  ━脳梗塞

5 鼻出血       ━糖尿病

解答

1:○

2:×肝疾患

3:×白内障

4:×舌苔の異常の原因は(1)唾液量分泌不足による口の渇き、(2)免疫力の低下、(3)口呼吸、(4)食べ残しが多い歯みがき、(5)喫煙、(6)加齢、(7)ストレス、(8)全身的疾患(熱性疾患、糖尿病等)、(9)薬の副作用があります。

5:×鼻出血の原因には、鼻粘膜の血管に原因がある場合、鼻のなかに腫瘍がある場合、首から上の血圧に原因がある場合、血液に原因がある場合があります。

問題100 立位姿勢を維持するための筋肉(抗重力筋)として、正しいものを1つ選びなさい。
(過去に類似問題あり:一部)
1 大腿四頭筋

2 胸鎖乳突筋

3 僧帽筋

4 三角筋
5 大胸筋

解答
1:○大腿四頭筋は文字通り四つ頭(筋頭のこと)を持っており、表層部より大腿直筋、外側広筋、内側広筋、そして深層部にある中間広筋と呼ばれる4つの筋肉で構成されています。

この筋肉は立位姿勢を維持する働きを持っていますが、これ以外にも股関節の屈曲動作にも貢献します。またランニング中にスピードを減速させるときなどにも働きます。
2:×頸部にある筋肉の一つで首を曲げ、回転させる働きを持ちます。
3:×僧帽筋は背部の一番表層部にある筋肉でそれぞれ上部僧帽筋、中部僧帽筋、下部僧帽筋に分類することができます。
4:×肩の関節を大きく覆うように付いているのが、三角筋という筋肉です。
5:×大胸筋は、胸の筋肉です。

問題101 骨の強化に役立つこととして、適切なものを1つ選びなさい。
(過去に類似問題あり)
1 日光を避ける。

2 食物繊維を多く摂取する。
3 ビタミンEを摂取する。

4 適度な運動をする。

5 炭水化物を制限する。

解答

1:×骨の強化に日光は必要です。日光浴をすると、日光に含まれる紫外線によって皮下脂肪からビタミンDが作られます。ビタミンDは腸管からのカルシウムの吸収を促進させ、かつカルシウムの骨へ附加を促進します。

2:×食物繊維には、便秘解消、腸内環境を整える(美容効果)、肥満の予防(ダイエット効果)、高血圧の予防、コレステロール値を下げるなどの効果がありますが、骨の強化とは関係がありません。

3:×ビタミンEには抗酸化作用、細胞膜を守る作用、血行を正常に保つ作用などがありますが、骨の強化とは関係がありません。

4:○骨に適度な負荷をかける運動が不可欠です。運動の刺激によって骨の中の細胞の働きが活発になり、骨量が増えて、骨折しにくくなるといわれています。

5:×炭水化物(糖質)制限により、骨密度や筋肉の減少につながるといわれています。

問題102 身長151cm、体重39kg、寝たきりで侵襲がない70歳の女性の基礎代謝量が980kcalと算出された。1日の必要エネルギー量は、基礎代謝量に活動係数を掛けることによって算出できる。
この女性の1日の必要エネルギー量を算出して、最も近い数値を1つ選びなさい。
(新出問題)

http://impression1950.web.fc2.com/img/102ga.jpg

1 600kcal
2 900kcal

 1,200kcal

  1,500kcal

  1,800kcal


解答

1:×

2:×

3:○980 kcal×1.2×1.01,176 kcal i一番近い値は3  1,200kcal

  (基礎代謝量)× (臥床生活)× (侵襲なし)=一日のエネルギー量

4:×

5:×

問題103 摂食・嚥下(えんげ)のプロセスで、軟口蓋が拳上して鼻腔と咽頭部が閉じ、次に喉頭が拳上して喉頭蓋が閉じ、食塊が食道に運ばれる時期として、正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 先行期

2 準備期
3 口腔期

4 咽頭期
5 食道期

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×
参考:摂食・嚥下の5期
@先行期(認知期)→お茶で口を潤してからお菓子を食べる、ご飯、おかず、みそ汁などを交互に食べるなど、食べやすい量やスピードをほぼ無意識に判断します。

A準備期(咀嚼期)→食べ物を細かくしながらだ液と混ぜ合わせて粘りを持たせ、飲み込みやすい形状にまとめ上げる段階です。

ここでまとめ上げたものを「食塊」といいます。

B口腔期→食塊を口から喉に送る段階。主に舌の運動によって行われます。

C咽頭期→喉から食道へ送る、「ゴックン」という段階です。

軟口蓋が反射的に収縮して食塊が鼻に逆流するのを防ぎます。舌骨と甲状軟骨が持ち上がって食道が開き、喉頭蓋が倒れて気管が塞がります。

D食道期→絞り込むような食道の運動により食塊を胃まで運ぶ段階です。

 

問題104 皮膚に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 皮膚の表面は弱アルカリ性に保たれている。
2 皮膚から1日に約500600mlの不感蒸発(ふかんじょうはつ)がある。

3 汗腺が最も多く分布しているのは額である。
4 体温が低下すると、汗腺が活発化する。
5 高齢期になると、皮膚の分泌が増加する。

解答

1:×皮膚から分泌される皮脂に含まれる脂肪酸、皮膚表面に常在している細菌が産生する物質。この二つによって皮膚の表面は弱酸性に保たれています。

2:○不感蒸泄の量は,条件により大きく変動しますが、常温安静時には健常成人で1日に約900ml(皮膚から約600ml,呼気による喪失分が約300ml)程度と言われています。

3:×足からの発汗が最も多い。

4:×体温が低下すると、汗腺が活発化する。つまり、汗が出にくくなります。

5:×


問題105 感染をおこしていない皮膚の創傷治療を促す方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 乾燥

2 消毒

3 マッサージ
4 湿潤

5 加圧

解答

1:×

2:×

3:×

4:○解説保留

5:×


問題106 Gさん(81歳、女性)は日常生活は自立していて、活発に活動していたが、最近外出することが少なくなった。理由を尋ねると、「くしゃみや咳(せき)をしたときに、尿が漏れてしまうことが多くなったから」ということだった。(過去に類似問題あり)

Gさんの失禁の原因として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 神経疾患

2 骨盤底筋群の機能低下

3 水分のとりすぎ

4 膀胱過敏(ぼうこうかびん)

5 精神的な影響

解答

1:×

2:○加齢に伴って、一般的に、女性は尿道の位置の変形や骨盤底の筋肉群の機能低下が起こりやすく、くしゃみをするなど腹圧がかかった時に、尿もれや、トイレまで我慢がきかない尿もれが起こりやすくなります。

3:×

4:×

5:×


問題107 高齢者の睡眠の特徴として、正しいものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 夜間の睡眠時間が長くなる。

2 眠りが深くなる。

3 早期覚醒が少なくなる。

4 中途覚醒が多くなる。

5 レム睡眠の時間が増える。

 

解答

1:×短くなります。

2:×眠りは浅くなります。
3:×早期覚醒は増えていきます。

4:○

5:×レム睡眠は体は眠って、脳は活動している睡眠状態のことです。これは筋肉などの体は休んでいても、脳が覚醒しているため、急に起こされても行動しやすいレベルの睡眠です。高齢者はこのレム睡眠の時間は減っていきます。

 

問題108 終末期に関する用語の説明として、適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)

1 尊厳死とは、薬物などを用いて意図的に死期を早めて死に至ることである。

2 積極的安楽死とは、自然な状態で死に至ることである。

3 脳死とは、自発呼吸は保たれているが意識がなく昏睡状態(こんすいじょうたい)にあることである。

4 グリーフケアとは、判断能力が失われたときに本人に代わって決定を行う代理人を指定することである。
5 事前指示書とは、意識疎通が困難になったときのために、希望する医療ケアを記載した書類のことである。

解答

1:×尊厳死とは、手の施しようがなく、回復の見込みがない場合、本人の意思決定により延命措置はせずに自然なままに最期を迎えさせることです。

2:×積極的安楽死とは、患者の. 苦痛を取り除くために、死期を. あえて縮める目的で行われる. 安楽死の方法です。 つまりは、苦痛から解放させるため. 死にいたらしめる安楽死となります。

3:×脳死とは、呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、脳全体の機能が失われた状態です。

4:×グリーフケアとは、身近な人との死別を経験し、悲嘆に暮れる人をそばで支援することで、悲しみから立ち直れるように支援することです。
5:○事前指示書とは、終末期に受けたい医療、受けたくない医療、そして、最後は延命か尊厳死かの意思決定を明確にして、事前指示書にないことに対応する為の代理人を選任した書面のことです。

【医療的ケア】5問 109〜113問
問題109 介護福祉士の業であって、医師の指示の下に行われる喀痰吸引等を規定した法律として、正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 社会福祉士及び介護福祉士法
2 社会福祉法
3 介護保険法
4 医師法
5 保健師助産師看護師法

解答

1:○社会福祉士及び介護福祉士法 第2条第2項

この法律において「介護福祉士」とは、第四十二条第一項の登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護(喀痰吸引その他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であつて、医師の指示の下に行われるもの(厚生労働省令で定めるものに限る。以下「喀痰吸引等」という。)を含む。)を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと(以下「介護等」という。)を業とする者をいう。

2:×

3:×

4:×

5:×

問題110 Hさん(90歳、男性)は、介護老人福祉施設に入所中である。呼吸困難はない。ある日、Hさんがベッドに臥床(がしょう)しているときに、(たん)口腔内(こうくうない)にたまってきたので、介護福祉士は医師の指示どおりに(たん)の吸引を行うことにした。(新出問題)
このときのHさんの姿勢として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 頭部を肺よりも低くした姿勢
2 仰臥(ぎょうが)()で顎を引いた姿勢
3 腹臥(ふくが)()で頭部を横にした姿勢
4 ベッドに腰かけた姿勢
5 上半身を10〜30度拳上した姿勢

解答

1:×

2:×

3:×

4:×
5:○下図参照
http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/tankyu101.jpg

問題111 介護福祉士が鼻腔内の吸引を行うときに、吸引チューブを挿入できる範囲の限度として、正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)

http://www.geocities.jp/xxgxsd/img/111ga.jpg
1 A
  B
  C
  D
  E

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×


問題112  経管栄養に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 栄養剤の栄養素は、胃から吸収される。
2 栄養剤の注入速度が速いと、下痢を起こすことがある。
3 経管栄養によって、口腔内の細菌は減少する。
4 経管栄養で、誤嚥を起こすことはない。
5 食道への栄養剤の逆流が生じることはない。

解答

1:×胃からの吸収ではなく消化管からの吸収です。

2:○投与速度が速いと、腸管にたくさんのものが入ってしまったことで下痢を起こすことがありますが、この場合には速度をゆっくりにします。

3:×

4:×体位が良くないと誤嚥を起こすことがあります。

5:×チューブの太さによっては逆流を生じることもあります。


問題113 経鼻経管栄養を行っている利用者に対して、栄養剤を流す前に経鼻経管栄養チューブを確認すると、固定テープがはずれて、鼻腔の入口付近でチューブが10cm抜けていた。(新出問題)
このときの介護福祉士の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
1 抜けた部分を元に戻す。
2 チューブを鼻から抜く。
3 胃内に挿入されているかどうかを、気泡音で確認する。
4 そのまま注入を開始する。
5 注入は行わずに、看護職に状況を報告する。

解答

1:×

2:×

3:×

4:×
5:○異常が見られる場合は、担当医や看護師に報告しなければなりません。

【総合問題】12問 114〜125問題
総合問題1

次の事例を読んで、問題114から問題116までについて述べなさい。
{事例}
J
さん(80歳、男性、要介護2)は、2年前に(のう)梗塞(こうそく)を起こして、左片麻痺になった。Jさんは、自宅で妻(80歳)と過ごしたいと訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用して、二人で暮らしていた。
J
さんは、数か月前に肺炎を起こして入院した。炎症症状は消失したが、MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)を保菌した状態で退院した。退院後のJさんは、なんとか立位がとれる状態である。排泄(はいせつ)は、ポータブルトイレを利用して、妻が介助している。尿意はあり、一日の尿の回数も正常である。しかし、日が経つにつれて、妻には日に何回も行う立ち上がりや、ズボンや下着の上げ下ろしの介助は負担になり、時間がかかってJさんが失禁してしまうことも増えてきた。

問題114 妻は、JさんがMRSAの保菌者であることを気にしていた。妻が日生活で留意する点として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 Jさんの食器は別にして洗浄する。
2 手洗いと手指の消毒を行う。
3 介助するときは、使い捨ての予防着を着用する。
4 Jさんの衣類は別にして洗濯する。
5 ポータブルトイレは、10%の次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒する。

解答

1:×別にして洗浄する必要なし。

2:○
3:×感染力弱く必要なし

4:×感染力弱く必要なし

5:×アルコールでの消毒が有効です。

問題115 Jさんに該当する排尿障害として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 溢流性(いつりゅうせい)尿(にょう)失禁(しっきん)
2 腹圧性尿失禁
3 反射性尿失禁
4 切迫性尿失禁
5 機能性尿失禁

解答

1:×尿道が開きにくいか、膀胱の筋肉の収縮力低下が原因で少量の尿が漏れ出てしまう状態です。

2:×腹圧性尿失禁とは、急に腹圧が高くなった時に尿が漏れてしまう状態をいいます。

3:×反射性尿失禁は、中枢神経の障害や脊髄損傷などでみられる尿失禁です。 尿意を感じることができないため、尿が一定量たまると自分の意志とは関係なく尿が漏れてしまいます。

4:×切迫性便失禁は急に便意を感じたとき、我慢できずに漏れるタイプのものです。
5:○機能性尿失禁は膀胱や尿道などの排尿器官、排泄をコントロールする脳・神経系統には問題がないが、心身の障害によって、トイレでの排泄動作ができないためにモレてしまうものです。

問題116 妻の介護負担は増してきている。妻は自分も高齢なことから、介助ができなくなったときにどうすればいいのか心配になってきた。通ったり泊まったり、自分の体調不良時にも自宅を訪問してくれるサービスを利用したいと考えている。
妻の希望に沿ったサービスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 通所介護(デイサービス)
2 短期入所療養介護
3 小規模多機能型居宅介護
4 地域密着型特定施設入居者生活介護
5 地域密着型介護老人福祉入所者生活介護

解答

1:×通所介護(デイサービス)とは、日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできるサービスです。

2:×短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは、短期的に(連続して30日間まで)施設へ入所し、医学管理の下で日常生活の介護や機能訓練などを受けることのできるサービスです。

3:○小規模多機能型居宅介護は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。「通ったり泊まったり、自分の体調不良時にも自宅を訪問してくれるサービス」とあることから小規模多機能型居宅介護。

4:×地域密着型特定施設入居者生活介護は介護保険の指定を受けた入居定員が29人以下の介護付有料老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などが、入居している利用者に対して入浴・排せつ・食事等の介護、その他必要な日常生活上の支援を行います。基本的に入所介護となるので、「通ったり泊まったり、自分の体調不良時にも自宅を訪問してくれるサービス」の利用は不可能です。

5:×少人数の特別養護老人ホームの入所者に対するサービス. 定員が29人以下の特別養護老人ホームに入所している利用者に対して、入浴・排せつ・食事等の介護といった日常生活上の世話、機能訓練、療養上の世話を行います。基本的に入所介護となるので、「通ったり泊まったり、自分の体調不良時にも自宅を訪問してくれるサービス」の利用は不可能です。


総合問題2
次の事例を読んで、問題117から問題119までについて述べなさい。
{事例}
K
さん(88歳、男性)は、妻(82歳)と二人暮らしであった。5年前にアルツハイマー型認知症と診断された。1年ほど前から、会話がかみ合わなくなった。離れて暮らす一人息子のこともわからなくなり、「会社に行く」と外出して行方不明になることがあった。そのため、自宅での介護が困難で、半年前に認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に入居した。入居時は表情が険しく精神的に不安定で俳諧(はいかい)がたびたびみられた。しかし、事業所内で取り組んでいた回想法に参加すると、徘徊は見られなくなってきた。
ある日の午後、「痛い、痛い」と繰り返しながら足を叩いて(たた)、床に座り込む様子が見られた。

問題117 Kさんが痛みを訴えて床に座り込んだ時点で、介護福祉職がとる対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 いつからどのように痛いのか、詳しく質問する。
2 全身の状態を観察する。
3 (おう)()の有無を質問する。
4 (たた)いている部位に湿布を貼る。
5 ベッドの上で安静にしてもらう。

解答

1:×

2:○Kさんについて「会話がかみ合わなくなった」との記述があるので、まずは全身の状態の観察をすることが必要となります。

3:×

4:×

5:×


問題118 Kさんが痛みを訴えてから数日後の入浴時に、Kさんの右頸部(みぎけいぶ)から背部にかけて帯状の水泡を伴う発赤疹(ほっせきしん)が確認された。病院を受診すると、帯状疱疹(たいじょうほうしん)と診断された。
介護福祉職がKさんの体を清潔に保つための方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 冷たい水で清拭(せいしき)する。
2 乾布(かんぷ)清拭(せいしき)をする。
3 ぬるめのお湯でシャワー浴をする。
4 熱めのお湯で入浴する。
5 アルコールで清拭(せいしき)する。

解答

1:×血行を悪くしてしまいます。

2:×この方法では痛みを伴ってしまいます。

3:○お湯のシャワーを浴びることで、疱疹部分を清潔に保ち、血行がよくなり、痛みを緩和する効果があります。

4:×湯が熱すぎては、かゆくなったり、痛くなったりしてしまいます。湯加減には注意が必要です。
5:×アルコールでは刺激が強いですし患部の悪化を招くこともあります。


問題119 病院を受診した日の夜中にKさんが、「仕事に行かないと怒られる」と興奮した口調で部屋から出てきた。介護福祉職がKさんの不安な思いを受け止めると、入眠した。しかし、30分後に再び、「会社に行く」と興奮する様子が見られた。
興奮しているKさんへの介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 会社は休みだと言う。
2 早く寝るように言う。
3 怒られることはないと言う。
4 仕事をしていた時の話をする。
5 息子の話をする。

解答

1:×説得するような言動は非効果的です。

2:×これでは、Kさんの気持ちを受け入れることにはなりません。

3:×

4:○仕事をしていた時の話をきくことで落ち着きを取り戻してもらうような対応が有効です。

5:×「離れて暮らす一人息子のこともわからなくなり…」との記述があるので、息子の話をするのは不適切と思われます。


総合問題3
次の事例を読んで、問題120から問題122までについて述べなさい。
{事例}
L
さん(25歳、男性、障害支援区分5)は、大学2年生の時、交通事故が原因で(けい)(ずい)損傷(そんしょう)となった。現在は毎日、居宅介護を利用しながら、母親と生活している。
L
さんは四肢(しし)麻痺(まひ)のため自分で体を動かすことができずに、多くの時間をベッドで過ごしている。リクライニング式車いすに移乗するときは、移乗リフトを使用している。Lさんは、母親の腰痛が悪化していることを知っているので、母親に介助を頼むことを遠慮している。そのため、介護福祉職が来たときに、リクライニン式車いすに乗せてもらっている。Lさんは車いすで座位になると、たびたび起立性低血圧で気分が悪くなる。
日中はマウススティックを使用して、パソコンで友人とメールのやり取りを楽しんでいる。最近はパソコン教室に週1回は通いたいと考え「長時間の外出時の移動の介助をお願いしたいがどうしたらよいか」と介護福祉職に相談した。

問題120 Lさんの現在の生活状況から、今後、発症する可能性が高いものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
(過去に類似問題あり)
1 てんかん
2 仮面(かめん)(よう)顔貌(がんぼう)
3 構音障害
4 安静時振戦
5 (じょく)(そう)

解答

1:×

2:×

3:×

4:×安静時振戦は、手足を動かさず、じっとしている時にみられるふるえの状態です。これはパーキンソン病でみられます。
5:○問題文に「Lさんは四肢(しし)麻痺(まひ)のため自分で体を動かすことができずに、多くの時間をベッドで過ごしている。」とあるので褥瘡を発症する可能性が最も高い。

褥瘡:長期にわたり同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多くはベッド)との接触局所で血行が不全となって、周辺組織に壊死を起こすものをいいます。

問題121 Lさんがリクライニング式車いすで起立性低血圧を起こしたときの介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。(過去に類似問題あり)
1 背もたれを倒す。
2 頸部を冷やす。
3 体温を測る。
4 衣服を調整する。
5 ベッドへ移乗する。

解答

1:○起立性低血圧は脳の血液量が減ることで、立ちくらみやめまいなどの症状があらわれます。つまり、重力によって血液が下肢に溜まってしまうことが原因で起きるので背もたれを倒すなどし、脳に血液が循環できるように処置をすることが必要となります。

2:×

3:×

4:×

5:×

問題122 介護福祉職は、Lさんがパソコン教室に通うことができるように、相談支援専門員にサービス等利用計画書の変更を相談したいと考えている。
L
さんが利用できるサービスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 同行援護
2 行動援護
3 重度訪問介護
4 自立訓練事業
5 成年後見制度利用支援事業

解答

1:×行動援護は知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する障害者等であって常時介護を要するものに対し、行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護その他行動する際の必要な援助を行います。

対象者は障害支援区分が区分3以上

2:×同行援護は視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等に対し、外出時に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護その他外出する際の必要な援助を行います。対象者は障害支援区分が区分2以上。

3:○重度訪問介護は重度の肢体不自由者又は重度の知的障害若しくは精神障害により行動上著しい困難を有する障害者であって、常時介護を要するものに対し、居宅において入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。対象者は障害支援区分が区分4以上で、次の(1)及び(2)のいずれにも該当していることが条件です。

(1) 二肢以上に麻痺等があること。

(2) 障害支援区分の認定調査項目のうち「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のいずれも「支援が不要」以外と認定されていること。

4:×

5:×

総合問題4
次の事例を読んで、問題123から問題125までについて述べなさい。

{事例}
M
さん(19歳、男性)は、染色体の異常による疾患で知的障害がある。特別支援学校の卒業後、自立した生活を目指して、両親から離れて、共同生活援助(グループホーム)を利用している。日中は、一定期間(おおむね24か月を標準とする)必要な訓練を受けることができる日中活動のサービスを利用して、生産活動の訓練、職場体験の機会の提供などを受けている。
M
さんは、毎朝、このグループホームから駅まで歩いて、電車で日中活動の場所まで通っている。Mさんは、楽しそうに生き生きと訓練に励んでいる。

問題123 Mさんの知的障害の起因疾患として、正しいものを1つ選びなさい。
(過去に類似問題あり)
1 脊髄小脳変性症(spinocerebellar degeneration)

2 脳出血(cerebral hemorrhage)

3 筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosisALS)

4 ダウン症候群(Downs syndrome)

5 脊柱管(せきちゅうかん)狭窄症(きょうさくしょう)(spinal stenosis)


解答

1:×脊髄小脳変性症は、運動失調を主症状とする疾患の総称です。臨床的には小脳性の運動失調症状を主体とします。

2:×

3:×筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。

4:○問題文に「染色体の異常による疾患で知的障害がある。」とあるので、ダウン症候群が疑われます。

ダウン症候群(Down syndrome)とは、21番染色体が通常よりも1本多い 3本存在する(トリミソー) 事で発生する先天性の遺伝子疾患で「21トリソミー」と呼ばれる事も有ります。

ダウン症は遺伝子疾患および染色体異常の中でも最も発生頻度と生存率が高く、 日本では約5万人の患者が居るとされています。

主な特徴や症状には、軽度から中度の知的障害、各種先天性心疾患、 低身長、肥満、筋力の弱さと発達の遅れ、難聴、眼の異常、 白血病、鎖肛などが見られます。

5:×この疾患は、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。
http://impression1950.web.fc2.com/img/sekityu.jpg

問題124 Mさんが利用している日中活動のサービスとして、正しいものを1つ選びなさい。(新出問題)
1 就労移行支援
2 自立訓練(生活訓練)
3 就労継続支援A型(雇用型)
4 就労継続支援B型(非雇用型)
5 地域移行支援

解答

1:○就労移行支援は障害者総合支援法に定められた就労支援事業の一つで一般企業に就職を目指す障がい者の方に対し、就労に必要な知識・能力の向上を目的とした訓練や準備、就職活動支援及び就職後の職場定着支援を行います。

2:×知的障害または精神障害のある方に対して、障害者支援施設、障害福祉サービス事業所または障害のある方の居宅において、入浴、排せつ、食事等に関する自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談および助言などの支援を行います。

3:×A型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難だが,雇用契約に基づく就労が可能な方」

4:×B型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難で,雇用契約に基づく就労も困難な方」

5:×これは、障害者支援施設等に入所している方または精神科病院に入院している方など、地域における生活に移行するために重点的に支援を必要としている方に対して、住居の確保などの地域生活に移行するための相談や必要な支援を行なうものです。

具体的例
@住居の確保その他の地域生活に移行するための活動に関する相談

A地域生活への移行のための外出時の同行

B障害福祉サービス(生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援に限る)のC体験利用

D体験宿泊

E地域移行支援計画の作成


問題125 ある朝、介護福祉士であるA世話人がMさんの部屋をのぞくと、グループホームを出る時間が過ぎていたが、まだ寝ていた。「今日は行かないの」と尋ねると、「日中活動がつまらないから行かない」と言いながら、布団をかぶってしまった。
A
世話人のMさんへの対応に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
(過去に類似問題あり)
1 両親に連絡して、日中活動に行くように話してもらう。
2 日中活動の楽しさについて話し合う。
3 日中活動の重要性について話し合う。
4 日中活動がつまらないと思う理由について話し合う。
5 気分転換に映画を見に行くことを勧める。

解答

1:×

2:×A世話人の、楽しいと思う価値観とMさんの価値観は違うことがあります。

3:×

4:○なぜ日中活動がつまらないと思ったのか、その原因を探ることが第一にすることです。

5:×

 

内容について変更することが多々ありますのでご注意ください。
誤字、脱字等のまちがいについては管理人まで連絡お願いいたします。  xxgxsd@yahoo.co.jp

web介護福祉士会ホームページトップへ戻る

Copyright ©  2013Web Care Workers All Rights Reserved.
当サイト掲載の情報については、特に明示がない限り、その著作権をweb介護福祉士会が保有します。

 

 

inserted by FC2 system