24回介護福祉士国家試験問題及び解説


【人間の尊厳と自立】2問   1〜2問題 注意:【介護の基本】【人間の尊厳と自立】は同一試験科目群です

問題1 左大腿骨頸部骨折で入院していた軽度の認知症のあるAさんが、介護老人保健施設に入所し2週間が経過した。入所時は、環境の変化によるせん妄が見られ、日常生活の不活発による食欲低下から食事摂取量が少なかった。また転倒の恐れもあった。現在はせん妄がなくなり趣味のカラオケをしたいとの要望が出るほどになってきたが、日常の金銭管理は出来ない状態である。
介護職の支援のあり方として、適切なものを一つ選びなさい。
1 提供する食事の量が多いと判断して減らす。
2 安全性を考慮し、ベッドを柵で囲む。
3 移動の際は全介助で行う。
4 他の利用者と一緒にカラオケをする場を設ける。
5 家族に対し預金通帳の名義を変更するよう助言する。

解答
1:×問題に「日常生活の不活発による食欲低下から食事摂取量が少なかった。」とあるのに、食事の量が多いと判断して減らすのは矛盾があるのではないでしょうか。
2:×ベッドを柵で囲むことは身体拘束という虐待にあたります。このことにより精神的な苦痛を与えて人間としての尊厳を侵すものであり好ましくありません。
3:×全介助では残存機能の活用にはなりません。
4:○問題文に「カラオケをしたいとの要望」とあるので介護職の支援として適切です。
5:×あくまでも預金通帳はAさんが所有するものであり、家族の一員でもない介護職が名義変更の助言をするのは不適切です。

問題2 利用者の尊厳を保持し、自立支援を行うために介護福祉士に求められるものとして、適切でないものを一つ選びなさい
1 知り得た情報の保持
2 信用失墜行為の禁止
3 介護に関する知識の向上
4 福祉サービス関係者等との連携
5 介護福祉士の主導による方針決定

解答
(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)
1:○「社会福祉士及び介護福祉士法」では「秘密保持」の義務を規定しています。
2:○「社会福祉士及び介護福祉士法」では「信用失墜行為の禁止」を規定しています。
3:○社会福祉士及び介護福祉士法の第47条では「社会福祉士又は介護福祉士は、社会福祉及び介護を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、相談援助又は介護等に関する知識及び技能の向上に努めなければならない。」と「資質向上の責務」を規定しています。

4:○「社会福祉士及び介護福祉士法」では「社会福祉士及び介護福祉士は、その業務を行うに当たっては、医師その他の医療関係者との連携を保たなければならない。」と規定しています。
5:×日本介護福祉士会の倫理綱領にもありますが、利用者本位の立場から自己決定を最大限尊重し、自立に向けた介護福祉 サービスを提供していくとうたっています。(利用者本位、自立支援) 従って介護福祉士が主導して方針を決めてはいけません。

(参考)介護福祉士会の倫理綱領を参考としてください。試験にはよく出てきます。

  (利用者本位、自立支援)

1、介護福祉士は、全ての人々の基本的人権を擁護し、一人ひとりの住人が心豊かな暮らしと老後がおくれるよう利用者本位の立場から自己決定を最大限尊重し、自立に向 けた介護福祉サービスを提供します。

  (専門的サービスの提供)

2、介護福祉士は、常に専門的知識・技術の研鑽に励むとともに、豊かな感性と的確な判断力を培い、深い洞察力をもって専門的サーに酢の提供に努めます。また、介護福祉士は、介護福祉サービスの質的向上に努め、自己に実施した介護福祉サービスについては、常に専門職としての責任を負います。

  (プライバシーの保護)

3、介護福祉士は、プライバシーを保護するため、職務上知り得た個人の情報を守ります。

  (総合的サービスの提供と積極的な連携、協力)

4、介護福祉士は、利用者に最適なサービスを総合的に提供していくため、福祉、医療保険その他関連する業務に従事する物と積極的な連携を図り、協力して行動します。

  (利用者ニーズの代弁)

5、介護福祉士は、暮らしを支える視点から利用者の真のニーズを受け止め、それを代弁していくことも重要な役割であると確認した上で、考え、行動します。

  (地域福祉の推進)

6、介護福祉士は、地域において生じる介護問題を解決していくために、専門職として常に積極的な態度で住人と接し、介護問題に対する深い理解が得られるよう勤めると共に、その介護力の強化に協力していきます。

  (後継者の育成)

7、介護福祉士は、全ての人々が将来にわたり安心して質の高い介護を受ける権利を享受できるよう、介護福祉士に関する教育水準の向上と後継者の育成に力を注ぎます。


人間関係とコミュニケーション】(2問) 3〜4問題 【人間関係とコミュニケーション】、【コミュニケーション技術】は同一科目試験群です。
問題3 対人援助関係におけるコミュニケーションの基本に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 一方的な意思表示ではない。
2 その人の生き方や経験は反映されない。
3 感情の伝達は含まない。
4 情報の伝達を目的としない。
5 人間関係の形成とは関連しない。

解答
1:○コミュニケーションの基本は会話のキャッチボール。一方的な会話となってはいけません。
2:×コミュにケーションは感情 、意思 、情報 などを、発信受信応答することです。そういうことで相互連絡関係が保たれます。
3:×コミュにケーションは感情 、意思 、情報 などを、発信受信応答することです。そういうことで相互連絡関係が保たれます。
4:×コミュにケーションは感情 、意思 、情報 などを、発信受信応答することです。そういうことで相互連絡関係が保たれます。
5:×コミュにケーションは感情 、意思 、 情報 などを、発信受信応答することです。そういうことで相互連絡関係が保たれます。

問題4 Bさん(75歳、男性)は施設に入所後3日たったが、表情が硬く、まだ誰とも話をしていない様子である。Bさんに対しての介護職の初期のかかわり方として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 何に興味を持っているかを把握するため表情や行動を観察する。
2 さりげない会話をして関係の構築を図る。
3 どの場面で、どの場所に座るかなどを観察する。
4 肩に手を回すなど身体への接触を中心にする。
5 言葉だけでなく笑顔やうなずきを交える。

解答
(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)
1:○表情や行動を観察することで相手の心理状態に適した対応をすることができます。
2:○さりげなくコミュニケーションを深めることで相手も心が開きやすくなります。
3:○座る位置は重要です。真正面に対峙して座るよりも90度の角度が良いとされています。
4:×施設入所後3日で、まだ表情が硬い利用者に対して身体への接触を中心に関わってはコミュニケーションを深めることにはなりません。
5:○笑顔は大切なコミュニケーションツールです。


【社会の理解】(12問) 5〜16問題
問題5 核家族に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 経済的な協働がない

2 生殖がない
3 家族の基礎的な単位ではない
4 夫婦、夫婦と子ども又はひとり親と子どもから成る
5 拡大家族を構成することはない

解答

1:×家族は居住の共同、経済的な協働、それから生殖によって特徴づけられる社会集団ですから正解。

2:×家族は居住の共同、経済的な協働、それから生殖によって特徴づけられる社会集団ですから正解。

3:×核家族は家族の基礎的な単位となります。

4:○「核家族」とは「拡大家族」と対になる言葉ですが、一組の夫婦と未婚の子ども、またはひとり親と子どもの構成でなる家族形態のことをいいます。

5:×核家族と言うのは、家族が1組しかない状態になります。拡大家族というのは親が何組もある形態。例えば祖父の夫婦、ムコの夫婦。そして子供たち、みんな同居という例などです。核家族で、子供が親と同居し、そこで結婚するなどし、新しい家族をつくれば拡大家族を形成することになります。


問題6 現代の日本の地域社会の変容に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 農村部における過疎化は緩和された
2 限界集落の出現は大都市部に限定されている
3 ワーク・ライフ・バランスの促進のため、職住一体型の生活スタイルが大勢となっている
4 都市部における保育所の待機児童問題は解消された
5 住民の意見を踏まえて自治体の施策を決定するため、パブリックコメントが行われている

 解答

1:×日本の農村部も漁村部も高齢化が進行し過疎化はどんどん進行しています。

2:×限界集落とは、高齢化の進展によって共同体の維持が限界に達している状態を言うが過疎地などでその現象が多く見られる。また大都市にも高齢者人口の増加による過疎化スポットの出現が話題となっている。

3:×ワーク・ライフ・バランス とは、「 仕事 と 生活 の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、 家庭 や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった 人生 の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指すものです。職住一体とは職場と生活の場が同じ場所にあることをさしますが、そのような生活スタイルは拡大よりも縮小ちているのが現状です。

4:×連日、報道されている問題ですが待機児童問題はまったく解決されていません。

5:○パブリックコメントとは、公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く住民に意見 ・ 情報 ・改善案などを求める手続のことをいいます。いろんな分野で実施されてますが、最近では、原子力政策についても政府がパブリックコメントを募集してますね。

 

問題7 今日の福祉の理念に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1 ナショナルミニマムは、障害者の生活や行動の妨げとなる物理的な障壁を取り除き、行動の自由を確保するものである
2 リハビリテーションは、生物的な性差ではなく、社会的・文化的につくられた性差をいう
3 ユニバーサルデザインは、すべての国民に健康で文化的な最低限度の生活を保障しようとするものである
4 アドボカシーは、全人間的復権を目標として、医学、教育の分野によって構成される
5 ソーシャルインクルージョンは、社会的な孤立や排除の問題に取り組むことを通じて、今日的な「つながり」の再構築を目指している。

解答

1:×ナショナル・ミニマムとは、国家が国民に対して保障する生活の最低限度(最低水準)のことです。 日本の場合、根拠として 日本国憲法 第25条がある。従って行動の自由を保障するものではありません。

2:×

3:×ユニバーサルデザインとは、文化・ 言語 ・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報のデザインをいいます。「すべての国民に健康で文化的な最低限度の生活を保障しようとするものである」ではありません。

4:×アドボカシーとは自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症(痴呆)の高齢者、障害者の権利擁護やニーズ表明を支援し代弁することです。

5:○

 

問題8 社会福祉法に規定されているものとして、正しいものを一つ選びなさい。
1 福祉サービス提供における集団主義
2 介護における家族の責任

3 地域福祉の推進
4 倫理規定に違反する専門職への罰則の適用
5 サービス供給主体の社会福祉法人への一元化

 

解答

1:×

2:×

3:○第4条で地域福祉の推進が規定されています。

4:×

5:×

参考http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO045.html ←社会福祉法

 

問題9 日本の社会保障に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 社会保障制度には、社会保険は含まれない
2 公的医療保険制度の加入は任意である
3 国民年金の加入は任意である
4 労働保険には、雇用保険と労働者災害補償保険がある
5 公的年金制度には、厚生年金保険は含まれない

 

解答

1:×社会保障制度の種類としては社会保険(医療保険、年金保険、失業保険、労災保険、介護保険の5種類)、公的扶助、公衆衛生および医療、社会福祉などがあります。社会保険が含まれるので正解となります。

2:×医療保険は強制加入の「公的医療保険」と、任意加入の「民間医療保険」の2種類に分けられます。

3:×国民年金の加入は日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、老齢・障害・死亡の保険事故に該当したときに「基礎年金」を支給する公的年金制度です。任意加入ではありません。

4:○

5:×公的年金の種類は「国民年金」、 「厚生年金保険」(「厚生年金」と略して呼ばれることが多い) 、「共済組合の年金」(共済年金と略されることが多い)の3種があります。

 

問題10 社会福祉の歩みに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 昭和21年に公布された日本国憲法には、社会福祉という用語は使用されていなかった
2 昭和20年代には、知的障害者福祉法を含む福祉三法が制定された
3 昭和30年代には、児童福祉法などが制定され、福祉六法体制になった
4 平成10年までに、障害者自立支援法が制定された
5 平成12年に改正された社会福祉法では、福祉サービスの提供体制の確保を国及び地方公共団体の責務とした

解答

1:×日本国憲法第25条で「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」となっているので「社会福祉」という用語は使用されていました。

2:×昭和20年代には終戦後で、まず復員軍人や遺族の経済問題に対処するため「生活保護法」が作られ、続いて戦争孤児のため「児童福祉法」が制定されました。次に傷痍軍人などを救済するため1950年に「身体障害者福祉法」が施行されるなど、社会福祉政策として確立していくようになります。以上の3つの法律を「福祉三法」といいます。

3:×昭和30年代には現在の「知的障害者福祉法」、「老人福祉法」、現在の「母子及び寡婦福祉法」が制定されました。これらを併せて「福祉六法」と呼びます。

4:×障害者自立支援法が制定されたのは平成17年です。

5:○


問題11 介護保険制度において、主任介護支援専門員の配置が義務づけられているものとして、正しいものを一つ選びなさい。

1 福祉事務所
2 地域包括支援センター
3 介護老人福祉施設
4 介護老人保健施設
5 訪問看護ステーション

解答

1:×

2:○地域包括支援センターには保健師等・社会福祉士・主任ケアマネージャーといった専門職の配置が義務づけられています。

3:×

4:×

5:×


問題12 障害者自立支援法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 障害の種別を問わず福祉サービスを一元化した

2 応能負担の考え方は継続した。
3 障害福祉計画の策定は市町村の任意である
4 就労支援は含まれていない
5 障害程度区分認定と介護保険法の要介護認定の調査項目数は同じである

 

解答

1:○平成18 4 1 日に施行された障害者自立支援法により、身体、知的、精神の障害種別ごとに提供されていた障害福祉サービスが一元化されることになりました。

2:×応能負担ぁら応益負担となりました。

3:×障害者自立支援法に基づいて必要なサービスを提供していくために、市町村及び都道府県は新たに「障害福祉計画」を定めなければなりません。策定は任意ではなく義務です。

4:×下記の参考のA働きたい人の支援強化にもあるように就労支援が含まれています。

5:×障害程度区分認定の調査項目は 、介護保険の要介護認定基準に若干の項目が追加されたものなので調査項目数は同じではありません。

 

参考 障害者自立支援法のポイント

@障害の種別によらない共通のサービス

 身体障害、知的障害、精神障害といった障害種別にかかわらず、障害のある人が必要とするサービスを利用するための仕組みの一元化

A働きたい人の支援強化

 一般企業等への就労を希望する人に、就労に必要な知識及び能力向上のための必要な訓練を行う就労移行支援や就労継続支援などのサービスの提供

B費用をみんなで支えあう

 サービスを利用する人も制度を支える一員として、原則として費用の1割を負担。利用者負担には、所得に応じた負担上限額の設定や個別減免等の負担軽減を 設定

C支給決定の仕組の透明化、明確化

 サービスの必要性を総合的に判定するために、全国統一の認定調査に基づく一次判定と、主治医の意見書を加味した「審査会」による二次判定

 

 問題13 Cさん(35歳、女性)は、病気により身体障害者となった。日常生活に介護が必要になったので、相談支援事業所に相談したところ、障害者自立支援法によるサービスの利用を勧められた。

Cさんのサービス利用に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 自立支援プログラムを利用するため、要介護認定を受けた。

2 生活介護を利用するため、障害程度区分認定を受けた。
3 自立支援プログラムを利用するため、保護の要否の判定を受けた。
4 自立支援プログラムを利用するため、障害程度区分認定を受けた。
5 生活介護を利用するため、要介護認定を受けた。

 

解答

1:×障害者支援プログラムは生活保護法の施策なので障害者自立支援法とは関係ありません。したがって間違い。

2:○障害者自立支援法のサービスの中に「生活介護」があり、このサービスを受けるためには障害程度区分認定を受けなかればならないので正解。

3:×自立支援プログラムは生活保護法の施策なので障害者自立支援法とは関係ありません。生活保護では保護の要否の判定を受けなければなりません。

4:×障害者自立支援法のサービス内容に、自立支援プログラムの利用は含まれていません。

5:×身体障害者が障害者自立支援法による生活介護を受けるためには、介護保険法の要介護認定でなく、障害者自立支援法に規定されている障害程度区分認定を受けなかればなりません。

 

問題14 Dさん(82歳、男性)は長男と同居している。5年前に病気で介護が必要になってからは、長男が日中不在のため、1日のほとんどを1人で過ごしている。訪問介護員がDさん宅を訪問すると、Dさんのベッド周辺にはコンビニエンスストアの菓子パンやおにぎりの食べかすが散乱し、ベッドのシーツや枕カバーも汚れていた。おむつから便がはみ出し異臭があった。このようなことが何回もあったので、訪問介護員が長男と話そうとしたが全く聞こうとしない。高齢者虐待への対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 長男ができるだけ介護するよう、訪問介護の時間を段階的に減らしていく。

2 Dさんの主治医に相談する。

3 守秘義務があるので、どこへも相談せず長男への説得を続ける。

4 まず警察署に通報し、立入調査をするための援助要請をする。

5 事業所の責任者に報告し、市町村に通報する。

 

解答

1:×意図的であるか結果的であるかにかかわらず、介護や生活の世話を行っている家族が、介護や世話を放棄する行為を行ってるので長男に介護をするよう訪問介護を減らすのは得策ではありません。

2:×高齢者虐待防止法では、高齢者虐待を発見した者は、高齢者虐待を受けている高齢者の生命や身体に重大な危険がある場合は、市町村への通報が義務付けられています。これを通報義務と言います(高齢者虐待防止法第7 条第1 項。主治医への相談ではなく市町村への通報が優先です。

3:×個人情報保護により「通報して良いのだろうか…」と通報することをためらう場合があるかもしれません。しかし、高齢者虐待防止法第7 条第3 項に、通報義務は守秘義務よりも優先される旨が規定されています。

4:×最初に行うのは市町村への通報です。

5:○

 

問題15 医療法に基づく医療提供施設の規定に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 病院は、20床以上の病床を有している
2 療養病床は、75歳以上の高齢患者を対象としている
3 特定機能病院は、特定の感染症を対象としている
4 地域医療支援病院は、各市町村に一ヵ所の設置が義務づけられている
5 無床診療所は、常勤の医師数が定められている

 

解答

1:○「病院」は医業・歯科医業を行う場所で20人以上の患者を入院させる施設であると規定されています。ついでですが「診療所」は医業・歯科医業を行う場所で、患者を入院させるための施設を有しないか、または19人以下の患者を入院させる施設を有するものと規定されています。

2:×病状が安定した長期療養患者のために病院内に設置されるベッドであり、75歳以上の高齢者を対象としているわけではありません。

3:×特定機能病院は一般の病院などから紹介された高度先端医療行為を必要とする患者に対応する病院です。特定の感染症を対象に対処する病院ではありません。

4:×地域の病院、診療所などを後方支援するという形で医療機関の機能の役割分担と連携を目的に創設されたものです。都道府県知事によって承認されます。二次医療圏当たり一つ以上存在することが望ましいとされています。

5:×無床診療所とは : 入院設備を持たない診療所のことです。反対に、入院設備を持つ診療所を有床診療所と呼びます。医師は非常勤でいいことになっています。

問題16 生活保護制度における扶助と給付の方法として、正しいものを一つ選びなさい。
1 生活扶助は、現物給付が原則である
2 医療扶助は、金銭給付が原則である
3 介護扶助は、金銭給付が原則である
4 出産扶助は、金銭給付が原則である
5 葬祭扶助は、現物給付が原則である

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

参考

金銭給付→・生活扶助・教育扶助・住宅扶助・出産扶助・生業扶助(聞き慣れない言葉ですが、仕事に関する扶助になります)・葬祭扶助の6つになります。

現物給付→・医療扶助・介護扶助(介護保険の施行により新たに加わった扶助になります。試験に出やすいポイントですね)の2つになります。


【介護の基本】(16問) 17〜32問題
問題17 「国民生活基礎調査(平成19年)」、「介護サービス施設・事業調査(平成21年)」に基づく日本の介護の現状として、正しいものを一つ選びなさい。

1 要介護者等の性別では男性が多い

2 同居している主な介護者としては「子の配偶者」の構成割合が最も高い

3 介護保険施設の所在者数は介護療養型医療施設が最も多い

4 要介護1から5まで要介護度が高まるほど同居している主な介護者の介護時間は増大する

5 居宅サービスでは訪問入浴介護の利用者数が最も多い

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

試料 来年の試験に向けては下記の新しい統計で勉強しましょう。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa08/index.html 国民生活基礎調査(平成19年)

http://gw-portal.pref.hokkaido.jp/HKD_APP/HD_PTL01.nsf?Opendatabase 介護サービス施設・事業調査(平成22年)

 

問題18 社会福祉士及び介護福祉士法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 平成19年の法改正で、介護福祉士の業務について、従来の「心身の状況に応じた介護」から「入浴、排せつ、食事その他の介護」に改められた

2 介護福祉士となる資格を有する者が介護福祉士となるためには、都道府県知事に申請し登録を受けなければならない

3 介護福祉士は介護に関する指導は行わない

4 介護福祉士は、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障があるものを対象とする

5 刑事罰に処せられた場合、いかなる場合も介護福祉士になることはできない

 

解答

1:×平成19年改正では、旧法の「専門的知識・技術をもって、入浴、排せつ、食事その他の介護等を行うことを業とする者」から「専門的知識・技術をもって、心身の状況に応じた介護等を行うことを業とする者」と介護福祉の定義が改められました。

2:×厚生労働大臣から指定をうけた財)社会福祉振興・試験センターに登録の申請をして、介護福祉士登録簿に登録します。

3:×社会福祉士及び介護福祉士法の代二条の2に「この法律において「介護福祉士」とは、第四十二条第一項の登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと(以下「介護等」という。)を業とする者をいう。」とあるので「指導は行わない」は間違いとなります。

4:○社会福祉士及び介護福祉士法の代二条の2に「この法律において「介護福祉士」とは、第四十二条第一項の登録を受け、介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと(以下「介護等」という。)を業とする者をいう。」とあるので正解です。

5:×欠格事項は第三条の二で規定されいます。「二  禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して二年を経過しない者」は介護福祉士になることはできません。 問題文は「5 刑事罰に処せられた場合、いかなる場合も介護福祉士になることはできない」となっているので間違いとなります。

 

問題19 関節リウマチがあるEさん(88歳、男性、要介護3)は、家族と同居して、訪問介護を利用している。訪問介護員に「家族に介護の負担をかけるのではないか」と、今後の生活に不安を持っていることを話した。介護事業所で今後の支援について話し合うことになった。

Eさんへの支援のあり方として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 家族に訪問介護のサービス内容を選択させる。

2 Eさんには訪問介護サービスに関する情報提供を控える。

3 Eさんから今後の介護サービスについての要望を聴く。

4 Eさんの介護は、サービス提供責任者の判断を優先する。

5 Eさんが苦情を述べていないので問題はないと考える。

 

解答

1:×家族ではなく利用する本人がサービスを選択するのが本筋です。

2:×情報提供を積極的にすることが大切です。

3:○

4:×利用する本人の意志が大切。

5:×苦情を述べていなくても、問題を抱えているかもしれないのでリサーチは大切です。

 

問題20 Fさんは右片麻痺があり、家族の介助により食事をしている。介護職は自助具を用いて自分で食事をすることをFさんに提案した。しかし、どうしても家族の介助を受けたいという。

現在のFさんへの食事の支援で最初に行うこととして、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 自分で食事することの効果について説明する

2 食事用の自助具を紹介する 

3 自分で食べる訓練の必要性を家族に話す

4 なぜ家族から介助してほしいのか理由を聞く

5 食事の支援計画を説明する

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○第一にすべきことは、「家族の介助を受けたい」といFさんの気持ちです。それを知ることから対処方法を考えることになります。

5:×

 

問題21 ユニット型特別養護老人ホームに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 共同生活室は施設に一つあればよい。

2 ユニットとは洗面設備と居室の組み合わせのことである。

3 入所者相互の社会的関係を築くように支援する。

4 居室で食事をしるように支援する 。

5 ユニットごとに二人以上の夜勤の介護職員を配置しなければならない。

 

解答

1:×各ユニットごとに一つ・・施設に一つではありません。

2:×ユニットとは共同生活室と居室の組み合わせのことです。

3:○ユニット型特別養護老人ホームとは、居宅に近いような居住環境の中で、居宅生活に近い日常生活の中でケアを行うことが可能な特別養護老人ホームを指します。ここでは入所者相互の社会的関係を築くようにな支援が展開されます。

4:×共同生活室で食事をするように支援します。(共同生活室とは居室に隣接して、少人数で食事をしたり、談話を楽しんだりする空間)

5:×運営に関する基準では「ユニット型特別養護老人ホームは、ユニットごとに常時一人以上の常勤の介護職員を介護に従事させなければならない。」となっています。

 

問題22 IFC(International Classification of functioning,Disability and Health:国際生活機能分類)に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 障害というマイナス部分へのアプローチである。

2 生活機能は、健康状態と背景因子との間の相互作用とみなされる。

3 活動とは、生活・人間場面へのかかわりのことである。

4 背景因子に環境因子は含まれない。

5 心身機能とは、能力低下と社会的不利のことである。

 

解答

1:×ICF(国際生活機能分類)は、障害をプラス部分へのアプローチという視点にたっています。

2:○ICF(国際生活機能分類)では生活機能は健康状態と背景因子と相互に作用する関係にあるとしています。

3:×活動とは個人による課題や行為の遂行(個人レベル)。参加とは生活 人生場面の関わり(社会レベル)。問題文は「参加」の説明です。

4:×ICF(国際生活機能分類)背景因子には、環境因子と個人因子があります。従って環境因子は含まれます。

5:×ICF(国際生活機能分類)の構成要素の「心身機能」とは、身体系の生理機能です。

 

参考

ICF(国際生活機能分類)は人間の生活機能と障害の分類法としてWHO総会で採択された。

ICF(国際生活機能分類)は人間の健康状態を心身機能・身体構造、活動、参加の3つの概念でとらえている。

ICF(国際生活機能分類)では生活機能は健康状態と背景因子と相互に作用する関係にあるとしている。

ICF(国際生活機能分類)の構成要素の「心身機能」とは、身体系の生理機能である。

ICF(国際生活機能分類)の構成要素の「身体構造」とは、人間の体の各器官などをさしている。

ICF(国際生活機能分類)での「活動制限」とは人が活動を行う時に生じる何らかの制限や欠如を意味するものである。

ICF(国際生活機能分類)での「参加制約」とは人に生じた不利益であり、そのために制限をうけることである。

ICF(国際生活機能分類)背景因子のうち、環境因子とは人々が生活している社会的環境などである。

ICF(国際生活機能分類)背景因子のうち、個人因子とは個々人の人生での様々な背景のことをいう。

 

問題23 リハビリテーションに関する説明として、誤っているものを一つ選びなさい。

1 生きる意欲の回復が含まれる

2 身体的・精神的機能の回復だけでなく、社会的・職業的機能の回復も含まれる

3 介護保険施設では、主に教育的リハビリテーションが行われる

4 自立した日常生活に近づけるようにする

5 レクリエーション的要素を組み合わせることがある

 

解答

1:○

2:○

3:×教育的リハビリテーションではなく医学的リハビリテーションが行われます。

4:○

5:○

 

問題24 訪問介護サービスを利用している認知症のGさん(女性)は自宅付近を徘徊するようになり、町内の人たちやスーパーマーケットの従業員から苦情が出ている。この機会に、Gさんを含めた

地域の認知症の人たちや家族の支援のために地域のネットワークをつくることとなり、地域の社会福祉協議会か主催し、関係者の会議を開催することになった。

会議における訪問介護事業所のサービス提供責任者の対応として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 地域の認知症の人たちの事例を関係者で報告し、問題を共有することを提案する

2 社会福祉協議会にボランティアの養成を提案する

3 町内会に認知症の理解を広げる方策を提案する

4 スーパーマーケットを除いた地域のネットワークづくりを提案する

5 地域包括支援センターに地域のネットワークづくりへの協力を提案する

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:○

4:×Gさんはスパーマーケットでも徘徊していることが伺われるので、スーパーマーケットを含めたネットワークづくりを提案したほうがいいです。

5:○

 

問題25 介護保険制度の居宅サービスにおけるケアマネジメントに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 利用者や家族は、居宅サービス計画の立案・作成にかかわることができない。

2 アセスメントは利用者及び家族に面接して行う。

3 家族は、サービス担当者会議のメンバーに含まない。

4 介護支援専門員は、居宅サービス計画を民生委員に知らせる義務がある。

5 少なくとも2ヶ月に1回は、モニタリングの結果を記録する。

 

解答

1:×利用者も計画の立案・作成にかかわることができます。ケアマネジメント過程すべてに、利用者が参加できる体制が理想です。

2:○

3:×家族もサービス担当者会議のメンバーに含むことが望ましいです。

4:×義務規定はありません。

5:×介護保険法では月に一度のモニタリング結果の記録が求められています。これがないと減算されてしまいます。

 

問題26 介護サービス提供の場に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 認知症対応型共同生活介護は地域密着型サービスの一つである

2 介護老人福祉施設の施設長は医師でなければならない

3 軽費老人ホームは要介護度が重い人の入居を目的にしている

4 介護療養型医療施設は要介護者の生活管理を主目的としている

5 小規模多機能型居宅介護は医療管理が必要な介護者のサービスである

 

解答

1:○下記の参考にもあるように地域密着型サービスです。

2:×医師以外でも大丈夫です。

3:×経費老人ホームの目的は家庭環境や住宅事情などの理由により自宅で生活することが困難な高齢者が、低額な料金で入所でき、日常生活上の簡単なサービスが受けられる施設のことです。

4:×介護療養型医療施設は、 医療法 に基づき、病状が安定期にある要介護者に対し、医学的管理のもとに介護その他の世話や必要な医療を行う施設です。生活管理を目的とするものではありません。

5:×小規模多機能型居宅介護は、自宅での生活を基盤に「通い」を中心として、「訪問」「泊まり」を組み合わせながら生活の支援をしていくもので、馴染みの関係としてスタッフが柔軟に対応していくことにより、場所や環境の変化に戸惑いやすい認知症をはじめとするお年寄りの方の在宅生活を地域から切り離さずに支えていこうとするものです。小規模多機能型居宅介護の特色は、「通い」「泊まり」「訪問」による柔軟なサービスの組み合わせと定額制料金です。従って医学的管理が不要なサービスです。

 

参考

地域密着型サービスの種類

1. 夜間対応型訪問介護:要介護1〜5 24時間安心して在宅生活が送れるよう、巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護です。

2. 認知症対応型通所介護:要介護1〜5 認知症の人を対象に専門的なケアを提供する通所介護(デイサービス)です。

3. 小規模多機能型居宅介護 要介護1〜5 通所(デイサービス)を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊まりのサービスを組み合わせて柔軟で多機能なサービスを提供するものです。 

4. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 要介護1〜5 少人数の認知症高齢者がスタッフの介護を受けながら住宅で共同生活するものです。 

5. 地域密着型特定施設入居者生活介護 要介護1〜5 有料老人ホームなどの特定施設のうち、定員が30人未満の小規模な介護専用型特定施設に入居する人が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられるものです。

6. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 要介護1〜5 定員が30人未満の小規模な介護老人福祉施設(特養)に入所する人が、日常生活上の世話や機能訓練などの介護サービスを受けられるものです。

 

問題27 服薬に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 不眠を訴えたので他の利用者に処方された睡眠薬の内服を勧める。

2 朝、薬を飲み忘れたので昼に2回分の内服を勧める。

3 カプセル剤が飲みにくい場合は、中身を出して内服するよう勧める。

4 湿布薬は皮膚に発赤があっても、同一部位に貼るよう勧める。

5 容器の先がまつ毛に触れずに点眼するよう勧める。

 

解答

1:×主治医などが処方した薬以外を勧めてはいけません。

2:×薬を飲み忘れることはよくあると思いますが、2回分まとめてクスリを飲んではいけません。2回分の薬を飲むと、体内のクスリの量が2倍になるため副作用の危険性が高くなります。

3:×カプセル剤は、胃や腸でカプセルが溶けて中の薬剤が放出されるように設計されていますので、飲みやすいからといって中身を出して服用してはいけません。

4:×湿布薬は発赤や傷の部分を避けてはるように勧めます。

5:○点眼剤を使用するときは溶器の先が眼、まつ毛に触れないようにします。

 

問題28 高齢者虐待に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 「高齢者虐待調査」によれば、虐待をした者は配偶者が最も多い。

2 「高齢者虐待調査」によれば、虐待を受けた者は前期高齢者が多い。

3 虐待には心理的虐待も含まれる。

4 「高齢者虐待防止法」では、高齢者を60歳以上としている。

5 「高齢者虐待防止法」の養護者は、養介護施設従事者である。

 

解答

1:×平成21年度調査(厚生労働省)によれば、虐待と認められ、市町村等による対応が行われた件数は、養介護施設従事者等によるものが8.6%、養護者によるものが4.9%でした。

2:×調査によればぎゃくた性別では「女性」が77.3%、「男性」が22.7%と「女性」が全体の約8 割を占めてい

た。年齢階級別では「8084 歳」が24.0%と最も多かった。

3:○高齢者虐待の主な種類は「身体的虐待」「心理的虐待」「性的虐待」「経済的虐待」「介護・世話の放棄・放任」としています。従って心理的虐待も含みます。

4:×高齢者虐待防止法の第二条で 「「高齢者」とは、六十五歳以上の者をいう。」と規定しています。

5:×「養護者」とは「高齢者を現に養護する者であって養介護施設従事者等以外のもの」であり、高齢者の世話をしている家族、親族、同居人等が該当します。

 

参考 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000vhb9-img/2r9852000000vhfj.pdf  ←平成21年度厚生労働省調査

 

問題29 介護サービスにおける個人情報の保護に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 個人情報には映像や顔写真は含まれない。

2 介護福祉士が個人情報を守秘しなければならない期間は、業務に従事している期間に限られる。

3 同一事業所内では匿名化せずにカンファレンスができる。

4 本人から個人情報の掲示を求められた場合、いかなる場合も開示しなければならない。

5 保険会社からの健康状態の問い合わせには、本人の同意を得ずに伝えることができる。

 

解答

1:×映像でも写真でも、顔などが映っていて本人を識別できれば個人情報保護法上の個人情報になります。

2:×法律にもあるように、介護福祉士として働かなくなった後も義務は続きます。

3:○

4:×

5:×本人の同意が必要となります。

 

問題30 介護施設の利用者が転倒し、腹部と下肢を強く打った。医療職が対応するまでの介護職のかかわりとして、適切なものを一つ選びなさい。

1 利用者の足に腫脹が見られたので湿布をした。

2 利用者のそばで、転倒の状況や身体状況の把握に努めた。

3 利用者が水分を要求したので水を飲ませた。

4 嘔吐しそうになったので体位を仰臥位にした。

5 利用者が大丈夫と言ったので様子を見た。

 

解答

1:×足に腫脹(腫れ) が出来たときに湿布するとむしろ腫れが大きくなることがあるので、医療職の対応まで冷やすなどの処置が適切です。

2:○

3:×病気によっては水分を補給してはいけないこともあるので、安易に与えてはいけません。

4:×仰臥位だと吐物で窒息することがあるので要注意です。側臥位が望ましいです。

5:×利用者が大丈夫と言っても、う呑みにしないで医師の診断を受けるなどの処置が必要です。

 

問題31 介護施設における介護職員の基本的な感染予防として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 介護行為ごとに手洗いを行う。

2 手洗いは石鹸と流水で行う。

3 利用者の毎日の健康観察を行う。

4 発熱がある介護職員はマスクをして業務を行う。

5 トイレなどのドアノブは消毒液を含ませた布で消毒を行う。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○感染予防の基本戦略は、「手洗いに始まって手洗いに終わる」といわれるほどです。手指を介して感染しやすいので介護行為毎に手洗いは必要です。

2:○

3:○

4:×介護職員が発熱してるときは、感染症の感染源となる恐れがあるので介護業務を控えた方がいいです。

5:○

 

問題32 介護従事者の健康管理に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 労働基準法は、労働者の労働条件の望ましい基準を定めている

2 労働安全衛生法は、20人以上の職場に衛生委員会の設置を義務づけている

3 労働者が業務上負傷した場合、使用者は必要な療養の費用を負担しなければならない

4 労働安全衛生法は、介護従事者の1日の法定労働時間を規定している

5 メンタルヘルスは個人的な問題のため、職場での心の健康づくり体制を整備する必要はない

 

解答

1:×労働基準法は労働者の最低限の労働条件を定めたものです。望ましい基準を定めているわけではありません。

2:×衛生委員会 は「業種を問わず、業種により常時50人の労働者を使用する事業場ごとに設置される。」としています。

3:○

4:×労働安全衛生法は、労働災害防止のための危害防止基準の確立や職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成と促進を目的とする法律です。一日の法定労働時間を決めているのは労働基準法です。労働基準法第32条では1週間40時間、18時間と決まっています。

5:×事業者は、メンタルヘルスケアを推進するため、「心の健康づくり計画」を作成するとともに、関係者に対する教育研修が求められています。

 

参考

産業医(法第13条)

業種を問わず、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任される。労働者の健康管理等を職務とする。

安全委員会(法第17条)

一定の業種において、業種により常時50人または100人以上の労働者を使用する事業場ごとに設置される。労働者の危険防止に関する事項等を調査審議する。

衛生委員会(法第18条)

業種を問わず、業種により常時50人の労働者を使用する事業場ごとに設置される。労働者の健康障害に関する事項等を調査審議する。


【コミュニケーション技術】8問 33〜40問  
問題33 コミュニケーションに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 「なぜ」「どうして」の聞き方は問い詰められているように相手が感じることがある。

2 まず相手との関係づくりが大切である。

3 自分の非言語的な行動が持つメッセージを意識しておく。

4 よく知っている人であるという思い込みが、相手の心情を見えにくくする。

5 相手との親密度に関係なくパーソナル・スペースは一定である。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:○

4:○思い込みは判断を誤らせてしまいます。よく知っている人でも、先入観を排除して対処したほうがいいです。

5:×パーソナル・スペースとは対人関係を展開する際,他者との間にとる最適な距離のことです。親しい関係である場合とそうでない場合では距離が違ってくるのではないでしょうか。

 

問題34 コミュニケーションの基本に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 自分自身の感情に気付く。

2 伝えたいことを明確に伝える。

3 相手の言葉が出にくい時は次々と話しかける。

4 状況に応じて技法を使い分ける。

5 相手をありのまま受け止める。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○自分の感情や物事をとらえかたの傾向を把握することを自己覚知といいますが、このことにより相手に対して偏見を持たずに接していくことができます。

2:○自分の言いたいことをはっきりと言わなくても、相手はわかってくれるものと思い込んではいけません。伝えたいことは明確に伝えなければいけません。

3:×コミュニケーションの場では、相手が十分に考える時間をもつことは大切。矢継ぎ早に話しかけてはコミュニケーションが成立しません。

4:○

5:○コミュニケーションの基本は「傾聴と受容」のやさしさですね。

 

問題35 高齢になってからの中途失聴者のコミュニケーション手段として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 読話。

2 筆談。

3 点字。

4 手話。

5 指文字。

 

解答

1:×

2:○

3:×

4:×

5:×

 

問題36 失語症(aphasia)の人のコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 感覚性失語のある人には、五十音表を用いる。

2 感覚性失語のある人には、絵カードを用いる。

3 感覚性失語のある人には、手話を用いる。

4 運動性失語のある人には、大きな声で話をする。

5 運動性失語のある人には、「はい」「いいえ」で答えられる質問をする。

 

解答

1:×運動性失語のある人には五十音表が有効です。

2:×運動性失語のある人には絵カードが有効です。

3:×手話は、聾唖など聴覚障害者のための会話形式であって、観念的に会話ができる場合にその内容を表現する方法として考案されたものです。失語障害では、手話は有効な手段とはなり得ません。

4:×脳梗塞の後遺症があって感覚性失語がある場合には,大きな声で話しかけると効果的である

5:○

 

参考

運動性失語

左大脳半球の下前頭回後部(ブローカ領野)周辺の損傷に関連深いことから「ブローカ失語」とも呼ばれます。発話量が少なく非流暢、一般には努力性でたどたどしい話し方、言葉の聴覚的理解面は比較的良好に保たれているのが特徴です。人の言っている事は理解できるが、自分から言葉として表現することが出来なくなるタイプの失語です。できるだけ、「はい、いいえ」で答えられる質問形式をとったほうがいいです。

 

感覚性失語

左大脳半球の上側頭回後部(ウェルニッケ領野)周辺の損傷に関連深いことから「ウェルニッケ失語」とも呼ばれます。発話は流暢、一般になめらかな発話の割りに内容には乏しく、言葉の聴覚的理解面が著しく障害されるのが特徴です。

 

問題37 介護記録に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 介護を実施したその日のうちに行う.

2 訂正は修正液で行う。

3 情報保護のため電子メールで利用者情報を送信する。

4 すぐに記録できるよう記録類は机の上に広げておく。

5 勤務時間内に記録できなかった場合は自宅で行う。

 

解答

1:○

2:×訂正しては記録になりません。書いたままに残しておくのが原則です。

3:×電子メールの場合には時として、間違ったアドレスで送信する危険性があるので電子メール利用は避けなければいけません。

4:×関係者以外が出入りする可能性もあるので、机の上に広げて置いたままにしてはいけません。

5:×記録は職場から持ち出してはいけません。

 

問題38 介護職が申し送りで、利用者の状態を報告する時の発言として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 「本日朝6時に少量の胃液を嘔吐した」。

2 「嘔吐したので、胃腸薬の服用が必要である」  

3 「気分が悪そうだったので、かわいそうに思った」

4 「少しだけ嘔吐した」

5 「嘔吐したが、排泄は順調であるため問題ないと思われる」

 

解答

1:○

2:×嘔吐の原因によっては胃腸薬が症状を悪化させることもあるので、不用意に書いてはいけません。

3:×報告には自分の感情を書いてはいけません。

4:×いつ、どこで、どのような・・・もう少し具体性が欲しいですね。

5:×嘔吐の原因は2つあります。嘔吐中枢が刺激されて起こるケースと胃腸への直接的な刺激によるケースです。吐き気を伴って起こる嘔吐は消化器に原因がある場合が多く、吐き気を伴わない場合には脳神経系に障害がある場合が多くみられます。ですから、「問題がない」とする報告は問題です。

 

参考

申し送りは利用者の病状・身体状況などの報告・引き継ぎのことですが的確かつ細やかな申し送りがされているかどうかで、次の介護の仕事を左右します。

 

問題39 Hさん(79歳、女性)は一人暮らしである。夫は6ヶ月前に死亡した。夫の死後すぐに脳梗塞(cerebral infarction)を起こし入院、軽い構音障害が残った。2ヵ月後退院し在宅での生活となり訪問介護員が初回訪問した。訪問介護員の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 訪問介護員が自分の生い立ちについて話した。

2 Hさんを理解するため夫の死亡について詳しくたずねた。

3 話が聞き取れないときも分かったふりをした。

4 Hさんの言葉にうなずきながらゆっくりと話を聴いた。 

5 訪問介護員が予定した質問を中心に会話を進めた。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

参考

構音障害(こうおんしょうがい)とは口のモツレのことで、喉や舌の筋肉の麻痺によって、正しく発音できなくなる状態をいいます。

 

問題40 Jさん(80歳、男性)は、嚥下機能が低下し食事接取が減少した結果、低栄養状態が問題となっている。この問題を検討するカンファレンスの参加者は、介護福祉士と施設長、医師、看護師、管理栄養士であった。介護福祉士の参加のあり方として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 発言するときは、施設長の意見に合わせて発言する。

2 話を聞くときは、少数意見より多数意見を重視する。

3 分からないことは会議中に質問せず、会議後に調べる。

4 参加者間で意見の不一致があっても議論し、合意点を見いだす。

5 低栄養に関する問題なので、医師の意見に従う。

 

解答

1:×介護職の立場にたって発言します。

2:×少数、多数意見に左右されることなく介護職としての立場を重視します。

3:×疑問、質問等は会議中に行うことが大切。

4:○

5:×低栄養に関することは多職種による連携が大切なので「医師に従う」とかの問題ではありません。

 

 【生活支援技術】20問 41〜60問
問題41 Kさん(70歳、女性)は右片麻痺で室内では杖歩行、外出には車椅子を利用している。Kさんは月に一度、おしゃれをして近くのデパートに買い物に行くのを楽しみにしている。

介護職の対応として、適切でないものを一つ選びなさい。


1 化粧を手伝った。

2 買い物の希望を聞いた。

3 お金を使い過ぎないよう、財布を預かった。

4 デパート内では今回も杖歩行したいか、たずねた。

5 Kさんのなじみの洋品店に寄りたいか、たずねた。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×ICFの考え方でいくと「楽しい」「やってみたい」などの本人の気持ちを大切にして、実際に買い物活動をすることを活動の中心に据えてみます。個人的にできないことがあっても、まずは社会参加してみようという考え方です。従って財布を預かることは不適切となります。

4:○

5:○

 

問題42 生活支援の基本視点として、適切なものを一つ選びなさい。

1 生活モデルより医学モデルを尊重する。

2 IFC(International Classification of Functioning,Disability and Health;国際生活機能分類)よりICIDH(International Classification of Impairments,Disabilities and Handicaps;国際障害分類)を尊重する。

3 利用者のニーズより現状の介護サービスに適合させることを尊重する。

4 個別ケアより集団ケアを尊重する。

5 介護者の意向より利用者の意思を尊重する。

 

解答

1:×生活支援では医学モデルより、日常生活の現実に視点を起き、援助を行おうとする生活モデルを尊重します。

2:×国際障害分類は「医学モデル」として批判されてきましたが、国際生活分類(IFC)はその「医学モデル」から「生活モデル」への脱却を図ったものとして各分野で活用されてきています。

3:×利用者のニーズを最大限尊重しなければいけません。

4:×今日、生活支援の基本は集団から個々人ケアの尊重へと変わってきています。

5:○

 

問題43 身寄りのないLさん(85歳、女性、要介護1)は、公営住宅の1階に一人で暮らしている。最近は、ごみ出しや食事の準備を自分ですることが困難になり、安心できる住居を求めて、早めの住み替えを検討し始めている。Lさんの住み替え先として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 ケアハウス

2 介護老人福祉施設

3 有料老人ホーム(特定施設)

4 介護老人保健施設

5 認知症対応型共同生活介護

 

解答

1:○ケアハウスは、老人福祉法第20条の6の「低額な料金で、老人を入所させ、食事の提供、その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする施設」ですが、Lさんが利用するは最も適切かと思います。

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題44 高齢者に配慮した住宅改修として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 トイレを開き戸とする場合、外開きとする

2 階段の片側に手すりを設ける場合、昇るときに利き手となる側に設置する

3 廊下に手すりを設ける場合、床からの高さを120cm程度とする

4 自走用標準型車いすを使用する場合、廊下の幅を60cm程度とする

5 浴槽をまたぎやすくする場合、洗い場からの高さを50cm程度とする

 

解答

1:○トイレで事故があった場合には救出しやすいですから。

2:×階段は、上りよりも下りの方がずっと大変です。 ですから階段の片側に手すりを付ける場合には、下りの時に利き手の側にくるようにします。

3:×手すりの高さ お年寄りを含め大勢の人が使う歩行補助手すりの高さは床から7585cm程度が理想です。

4:×車いすの横幅は 自走用で6263センチ 介助用で5357センチです。

5:×高齢者に配慮した浴槽またぎの高さは3540cmになるよう低めに据え付けます。ついでですが、床タイルも50角を使用すると、目地が滑り止めになります。

 

問題45 自宅で暮らす高齢者の室内環境として、適切なものを一つ選びなさい。

1 皮膚感覚の鈍化に配慮して、床暖房を設ける。

2 嗅覚の低下に配慮して、電磁調理器を用いる。

3 聴覚の低下に配慮して、防犯ベルの音量を下げる。

4 視覚の低下に配慮して、照明を暗くする。

5 体温調節機能の低下に配慮して、真夏日は冷暖房器具の使用を控える。

 

解答

1:×暖房器具を使うことで室温は上昇しますが湿度は低下し、乾燥の原因のひとつとなります。

2:○

3:×高齢になると聴覚が衰えてくるのでベルの音量は上げた方がいいです。

4:×高齢になると視覚が衰えてくるので照明は明るくしたほうがいいです。

5:×高齢者は暑くても汗をかきにくく、汗の量も少なくなります。また暑いと皮膚の血流が増えて体内の熱を逃がそうとするはずですが、高齢者の場合、暑くても皮膚の血流量が増えにくくなります。従って真夏日などは一定温度に調節がきく冷暖房器具の使用が有効となります。

 

問題46 整容介助に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 入れ歯は熱湯で消毒する。

2 目がしらから目じりに向かって拭く。

3 整髪しやすいように頭髪は短くする。

4 耳掃除は中耳まで行う。

5 ひげは乾燥させてから剃る。

 

解答

1:×熱湯の中に入れると入れ歯が変形してしまいます。

2:○目がしらは目の、鼻に近い方の端です。眼尻にむかって拭くことで眼尻に多い細菌などの感染を防ぎます。

3:×頭髪を短くする、短くしないは利用者の判断が優先されますね。

4:×

5:×髭は湿らせて柔らかくしたほうが剃りやすくなるので間違い。

 

問題47 ベッド上で全介助を要する利用者の口腔ケアの基本的留意点として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 洗口剤を使用して、歯垢を除去する。

2 舌の汚れを取り除く。

3 義歯をつけたまま行う。

4 硬い毛の歯ブラシを使う。

5 仰臥位で行う。

 

解答

1:×洗口液 (せんこうえき)は、即時に口臭を消したり、歯磨きの代用に用いられる薬品です。×歯垢予防にはなりますが、歯垢の除去まではできません。

2:○

3:×入れ歯を外してから口腔ケアを行います。

4:×柔らかい小さな歯ブラシが有効です。

5:×可能なら側臥位,不可能なら仰臥位で,顔を横に向けてケアを行います。

 

問題48 外出時における車いすの介助法として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 舗装道路と砂利道で同じ介助法にした。

2 急な下り坂を前向きで介助した。

3 歩行速度より速いスピードで介助した。

4 足がフットサポート(フットレスト)にのっていることを確認した。

5 段差を降りるときは前輪からおろした。

 

解答

1:×砂利道では舗装道路のように走行ができません。砂利を敷き詰めているところでは、キャスターで行き詰ってしまいスムーズに前進できないので段差の「キャスター上げ」の時と同じ要領で、

キャスターを浮かせ、そのまま走行します。

2:×急な下り坂は後ろ向きにゆっくり下ります。急な坂道の場合、介助者が車椅子の背に自分の体重を掛けるようにすれば少ない力ですみます。

3:×車いすの適切な速度は、人が普通に歩く速度に近いのがよいとされています。

4:○フットレストに足がのっていないと足がぶつかったり転倒する恐れがあるのでフットレストに足が乗っているかどうか確認が必要です。

5:×差を降りるときは,後ろ向きに降りますから、後輪からおろすことになります。

 

問題49 移乗・移動介助に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 スライディングボードは、立ち上がり介助に利用する。

2 介護者は、自分の身体をねじらないように介助する。

3 介護者の支持基底面積は狭くする。

4 介護者の重心を高くする。

5 四脚杖よりT字杖の方が安定している。

 

解答

1:×スライディングボードは立ち上がり介助でなく、ベッド、車いす、ポータブルトイレ、自動車などの間を移乗する時に使う福祉用具です。

2:○不自然に身体を曲げると不安定になり、腰痛の原因ともなります。

3:×広くしたほうが安定性が図られます。

4:×重心を低くしたほうが安定性が図られます。

5:×四脚杖 杖の足が4つになっているものでT字杖のように一本のものに比べ床との接地面が大きいぶんバランスがとりやすいです。

 

問題50 右片麻痺の利用者の杖歩行の介助方として、適切なものを一つ選びなさい。

1 杖の握り部分を本人のウエストの高さに合わせた。

2 利用者の左後方に立ち介助した。

3 2動作歩行では、杖と左足を同時に出すよう声かけした。

4 3動作歩行では、杖、左足、右足の順で声かけした。

5 階段を昇るときは、杖、左足、右足の順で声かけした。

 

解答

1:×腰骨のあたりに合わせるのが望ましいです。ウエストだと高すぎます。

2:×利用者の患側・・つまり右側にたって介助するのが原則です。

3:×片麻痺の二動作歩行は、杖と右足を同時にだし、そのあと左足となります。

4:×片麻痺の三動作杖歩行は、杖患健の順番なので、杖→右足→左足

5:○杖歩行者通常は、杖患健の順番、階段上る時は、杖健患、障害物またぐ時は、杖患健となります

 

問題51 嚥下機能が低下している利用者の食事介助として、適切なものを一つ選びなさい。

1 飲みこむときは頭部を後ろに傾ける。

2 スプーンの一口量は多くする。

3 食べ物は口腔の奥に入れる。

4 咀嚼しているときに、次に食べるものを説明する。

5 食べ物を口に入れたら、口唇を閉じるように声かけする。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○

 

問題52 脱水を予防するための食品として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 スポーツドリンク
2 みそ汁
3 ビール
4 すいか
5 ヨーグルト

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×

4:○

5:○

 

問題53 低栄養状態を判断するための指標として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 食事摂取量

2 体格指数(BMI

3 体重減少率

4 血清アルブミン値

5 血圧値

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:○

4:○

5:×

 

問題54 入浴介護に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 空腹時の入浴は避ける。

2 温度の確認のために肩にお湯をかける。

3 片麻痺の場合、麻痺側から浴槽に入る。

4 新陳代謝を抑えるために長く湯につかる。

5 入浴後は、休息をとった後に身体の水分を拭き取る。

 

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題55 ベッド上で差し込み便器を使用し、排便するときの介助に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 ベッド上での排泄を説明し、了解を得る。

2 便器の中にトイレットペーパーを敷く。

3 仙骨部を便器のふちに当て固定する。

4 男性の場合は尿器を同時に準備する。

5 気兼ねなく一人で排便できる環境をつくる。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×仙骨部は坐骨神経の走路上ですから便器のふちにあて固定しては痛みを感じたりします。

4:○

5:○

 

問題56 おむつ交換時の介助法として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 排泄の有無を素手でおむつ内に触れて確認する

2 装着していたおむつで皮膚の汚れを拭き取る

3 女性の陰部清拭は肛門から恥骨の方向に拭く

4 おむつは汚れを内側に丸め片付ける

5 下着を整えた後に使い捨て手袋を外す

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

問題57 Mさんは軽度の認知症(dementia)がありグループホームで生活している。Mさんは尿失禁があるため、パッドを自分で交換している。

ある日、介護職はMさんの陰部に発赤があることに気が付いた。介護職の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 布おむつに変更する。

2 温水洗浄便座の使い方を説明する。

3 水分の摂取を控えるようにする。

4 排泄パターンに合わせてトイレに誘導する。

5 吸収量の多いパッドを使用する。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

問題58 ベンジンで処理するしみの種類として、適切なものを一つ選びなさい。

1 チョコレート

2 コーヒー

3 果汁

4 しょうゆ

5 血液

 

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題59 安眠を促す介助として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 昼間に適度な運動をするよう勧める

2 清潔で乾燥した寝具を整える

3 朝はカーテンを開け、日光を浴びるように勧める

4 睡眠に関する生活習慣を把握する

5 食事をしてすぐに眠るように勧める

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○適度な運動を行うことで血行などが良くなると快眠を促す効果があります。

2:○

3:○朝の太陽の光を浴びることによって、体内時計を地球時計に合せることができます。

4:○

5:×

 

問題60 施設で生活するNさんは、ターミナル期を迎えている。全身状態が悪くなり、医師から「あと数日だと思われます」と言われた。

介護職の対応として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 尿量を記録する。

2 安心感を得られるよう話しかける。

3 口腔内の清潔を保つ。

4 同一体位を保つ。

5 家族がそばに居やすいよう工夫する。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:○

4:×

5:○


【介護過程】8問 61〜68問
問題61 介護過程の意義と目的に関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 根拠に基づいた介護の実践を可能にする。

2 利用者の望むことをすべて取り入れる。
3 利用者の自己実現を目指す。
4 利用者個々に適した介護を提供する。
5 介護の専門性を高める。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:×希望全てを取り入れるのではなく、提案したり同意を得たりしておこなわるものです。

3:○

4:○

5:○

 

参考

○介護過程の展開の目的は「アセスメント→計画の立案→実施→評価」のプロセスを繰り返すことによって、利用者の望む生活の実現を支援すること。生活全般を自立してもらうことと、身体機能を自立してもらうことの2つの意味がある。

○介護過程の意義は客観的で科学的な介護が可能になること、誰が行っても一定レベルのケアが提供できること、要介護者の参画と同意を得て行うものであり、利用者主体のケアが実践できること。その人らしいよい生活が営めること、根拠(エビデンス)に基づいた介護の実践が可能なること、介護の専門性が高められること、等がある。

 

問題62 介護過程における情報収集とアセスメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 主観的情報は分析しない。

2 情報の解釈は個別性を一般化することである。

3 情報は関連づけず、一つ一つ解釈する。

4 生活課題が複数ある場合は、一つに絞る。

5 生活課題を明らかにすることが支援の根拠となる。

 

解答

1:×主観的情報及び客観的情報も分析します。

2:×各人がそれぞれに個別性のある問題を抱えているので一般化せず個別化しなくてはいけません。

3:×関連づけて解釈するのが正しいのでは。

4:×そもそも課題が複数あるのに、一つにまとめることには無理があります

5:○

 

問題63 情報収集とアセスメントをする際に介護職に必要なこととして、適切でないものを一つ選びなさい。

1 倫理観

2 観察力

3 推測力

4 先入観

5 判断力

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○倫理観とは、人が持つ善悪・モラルの判断規準のことです。

2:○観察力とは観察する能力・力量のことですが、事実を意識的に見る努力が必要となります。

3:○推測力とは状態がもたらすと思われる結果を予測できる力のことをいいます。

4:×先入観とは誤った思い込みをすることで、これを持つことにより妥当性に欠ける 評価 ・ 判断 などの原因となので良くありません。

5:○特に介護の世界では緊急なことが多いので、どの方法が最もベストなのか臨機応変に判断できる力が必要となってきます。

 

これは、情報収集とアセスメントをする際に介護職に必要なことを簡潔にまとめた問題です。このまま覚えておいたほうがいいでしょう。

 

問題64 介護過程における生活課題と目標に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 生活課題は利用者の望む生活を実現するために解決すべきことである

2 生活課題は生活上の困難を発生させている原因のことである

3 長期目標は実現が不可能なものであってもよい

4 短期目標は介護職の行動目標である

5 目標を達成するまでの期間は設定しない

 

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題65 介護計画を立案する際の留意点として、適切でないものを一つ選びなさい

1 利用者の同意を得る。

2 計画した内容は変更しない。

3 長期目標と短期目標は連動させる。

4 利用者に及ぼす効果を予測する。

5 計画は具体的な内容にする。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○利用者の同意をえて計画は立案されなければなりません。

2:×介護計画の変更は必要に応じて変更することもあります。

3:○

4:○

5:○


問題66 「便秘が解消でき、苦痛なく排便できる」という目標を達成するために把握すべき内容として、優先度の低いものを一つ選びなさい。
1 トイレでの座位保持の状況。
2 飲食の内容・量。
3 体温の変化。
4 便の量・性状。
5 日中の活動状況。

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×

4:○

5:○

 

問題67 介護老人福祉施設に入所しているAさん(75歳。男性)は認知症と診断されている。頻尿であり夜間に2〜3度目を覚まし、施設の廊下をうろうろしていて、朝、部屋へ行くと悪臭があり、ごみ箱の中に排尿していることが続いている。トイレでの排泄を目標としたアセスメントの視点として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 尿意

2 水分摂取量

3 トイレの場所の認知状況

4 夜間の睡眠状態

5 口腔の清潔の状態

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○頻尿では一日に何回も尿意を感じるのでその把握が重要となってきます。

2:○水分を摂る量が多くなると、当然尿の量が多くなり頻尿の原因になります。分の摂取量をコントロールすれば問題が解消されることがあるので水分摂取のアセスメントが大切です。

3:○

4:○夜間頻尿は、回数が増えるにつれ睡眠の質が低下し睡眠障害を引き起こしかねません。

5:×排泄の目標と口腔の清潔の状態の把握には関連性がありません。

 

問題68 介護過程とチームアプローチに関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 他職種と目的を共有することはない。

2 チーム内ではどの専門職も同じ視点で利用者を理解する。

3 他職種と情報交換し利用者の生活課題を明確化する。

4 ボランティアはチームの一員にしない

5 チームメンバーは固定している

 

解答

1×:他職種と目的を共有することが大原則です。

2:×それぞれの専門職の視点で理解することが大切です。

3:○

4:×ボランティアもチームの一員となりえます。

5:×必要なサービスが増えてくる過程で、その専門誌が必要な専門職が追加されることもあるので、メンバーは固定するわけではありません。


【発達と老化の理解】8問 69〜76問
問題69 高齢者の年齢規定に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1 老齢厚生年金は55歳以上の者に対して支給される。
2 老人福祉法では原則として60歳以上の者を施策の対象としている。

3 介護保険法の第一号被保険者の年齢は65歳以上である。
4 高齢者の医療の確保に関する法律による後期高齢者医療制度は70歳以上の者を対象としている。
5 世界保健機関(WHO)では70歳以上と定義している。

解答

1:×原則、65歳以上の者で保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年以上であることを条件に支給されます。

2:×老人福祉法では老人を65歳以上と規定しています。

3:○介護保険では保険者(高齢者)を年齢でわけており、 第一号被保険者は区市町村の区域内に住所を有する65歳以上 第二号被保険者は区市町村の区域内二住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者となっています。

4:×後期高齢者医療制度 (こうきこうれいしゃいりょうせいど)は、 日本 国内に住む75歳以上の後期 高齢者 全員と、前期高齢者(65〜74歳)で障害のある者を対象としています。

5:×国連の世界保健機関 (WHO) の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としている。65〜74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者、85歳以上を末期高齢者と定義しています。

 

問題70 老年期の発達に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 老性自覚の出現年齢には個人差がある

2 疾病は老性自覚の出現には影響しない

3 社会的役割は定年により喪失する

4 精神機能は一貫して低下する

5 サクセスフルエイジングは客観的な幸福感のことである

 

解答

1:○主観的に老いを自覚する「老性自覚」は個人差があり、時代、地域の影響にもかかわってきます。

2:×病気、体の衰え、退職、妻や夫の死など様々な原因が老性自覚に影響します。

3:×定年後も社会的役割を持ち続け頑張ってるお年寄りはたくさんいます。

4:×一貫して低下するのではなく上がったり下がったりしながら徐々に低下していきます。

5:×サクセスフル・エイジングとは、年齢とともに、老いてくいくことを認識しつつ、これを受け入れながら社会生活にうまく適応して豊な老後を迎えていること


問題71 老化に伴う身体の変化の特徴として、正しいものを一つ選びなさい。
1 皮膚表面が湿潤化する
2 味覚の感受性が高まる
3 血中ヘモグロビン量が増加する
4 疾病罹患時に定型的な症状が出現する
5 免疫機能が低下する

 

解答

1:×老化とともに皮膚表面は乾きやすくなり皮膚表面はかさつき、チクチクしたり痒みを感じやすくなっていきます。

2:×味覚・臭覚などの全ての感覚機能は低下していきます。

3:×ヘモグロビン量は低下し、貧血をおこしやす体質になります。

4:×高齢者の疾病の特徴としては健常な老化現象と疾病状態との境界が不明瞭で、症状が否定形的です。

5:○老化とともに免疫・神経・内分泌の各システムの機能は低下していきます。

 

問題72 かゆみを伴うことが通常見られない疾患として、正しいものを一つ選びなさい。

1  糖尿病(diabetes mellitus)

2 心疾患(heart disease)

3 慢性腎不全(chronic renal falure)

4 肝疾患(liver disease)

5 胆道疾患(biliary tract disease)

 

解答

1:×肝臓や腎臓、糖尿病などでもかゆみは起きます

2:○

3:×慢性腎不全になると皮膚が痒くなる、ひび割れる、黒ずむ、かさかさになるなどの症状がでます。

4:×肝硬変や黄疸などの時皮膚のかゆみが出ます。

5:×肝臓や腎臓、糖尿病などでもかゆみは起きます

 


問題73 老化に伴う運動器系の変化として、正しいものを一つ選びなさい。

1 骨密度の低下

2 関節液の増加
3 関節可動域の拡大
4 筋量の増加
5 下肢筋力の増強

 

解答

1:○老化により骨密度は減少します。骨の量は男女とも2030代をピークに、年を追うごとに減少していきます。これには腸からカルシウムを吸収する能力の低下や、運動不足などが原因です。

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題74 高齢者の気分障害(mood disorder)に関する次の表記のうち,正しいもの を一つ選びなさい。

1 双極性感情障害(bipolar affective disorder)は老年期に初発することが多い
2 抑うつ気分は若年者と比べ重度であることが多い
3 感情失禁を伴うことは少ない
4 老年期うつ病(senile depression)は身体症状と関連することが多い
5 年齢が高くなるほど自殺率も高い

 

解答

1:×双極性障害は躁病の極とうつ病の極の両方をもつ気分障害が発症年齢は20代〜30歳代がピークです。 ...

2:×抑うつ気分が重度なのは若年者です。高齢者の特徴としては著しい抑うつ気分などは少ないといえます。

3:×高齢者の気分障害ではちょっとしたことで泣いたり、笑ったり、怒ったりするように感情の調節が傷害れることがあります。

4:○

5:×50〜60歳でピーク。70歳以降から自殺率は低下します。

 

問題75 急性心筋梗塞(acute myocardial infarction)の痛みとして、正しいものを一つ選びなさい。

1 ニトログリセリンがよく効く。

2 高齢になるほど痛みを訴えない人の割合が高くなる。

3 狭心症(angina pectoris)の痛みに比べて軽度なことが多い。

4 安静にすると消失する。

5 数分以内に消失する。

 

解答

1:×狭心症の胸痛には効くニトログリセリンも急性心筋梗塞の場合には効果がありません。

2:○急性心筋梗塞の約75%は胸痛を認めますが、高齢者や糖尿病患者では、「胸痛を伴わない急性心筋梗塞」が多いことが特徴です。

3:×急性心筋梗塞の痛みは「死ぬほどの痛み」と表現されることが多いのですが、痛みは狭心症よりも重度です。

4:×安静にしても消失しません。次第にひどくなってきます。

5:×数分間で消失するのは狭心症のほうです。

 

 

問題76 高齢者の疾患の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 潜在的な臓器障害が多い

2 完治可能な急性疾患が多い

3 多疾患の合併が多い

4 個人差が大きい

5 薬の副作用が出やすい

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○高齢者は加齢に伴い多くの臓器の機能が低下しているために潜在的な臓器障害が多くなります。

2:×高齢者は肺炎や尿路感染症などの完治不可能な急性疾患に罹りやすいです。

3:○

4:○

5:○


【認知症の理解】10問 77〜86問題
問題77 グループホームにおける認知症ケアに関する次の記述のうち、適切でないものを一つ選びなさい。

1 利用者同士がなじみの関係になれることを重視する

2 利用者が力を発揮できる場面をつくる

3 行動・心理症状(BPSD)の治療に焦点を当てる

4 家庭的な環境をつくる 

5 地域との交流を進める

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×グループホームは入居する高齢者が少人数単位で家族的な介護を行うことに特徴がああります。行動・心理症状(BPSD)の治療というよりも介護要員と共同生活を送ることにより、認知症の進行を遅らせることが大きな目的となります。

4:○

5:○

 

問題78 成年後見制度における法定後見に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 判断能力が低下する前に契約することができる

2 申立て人は本人か四親等以内の親族でなければならない

3 申立て先は本人の住所地の都道府県である

4 後見人には法人が選ばれることもある

5 後見人はその職務として本人の死亡後の葬儀を行わなければならない

 

解答

1:×法定後見制度は、本人の判断能力の程度に応じて、後見、保佐、補助の 三つの制度がありますがこの法定後見制度では判断能力が低下する前の契約はできません。法定後見制度以外の

任意後見(これは法定後見ではありません)については契約の利用の仕方については、本人と任意後見受任者が任意後見契約を締結する際には、本人に判断能力が備わっていることが必要となります。

2:×成年後見制度の申し立ては本人・配偶者・四親等内の親族・市町村長などに限られています。

3:×都道府県ではなく本人の住所地を管轄する家庭裁判所が申し立て先となります。

4:○成年後見人等には、個人だけでなく、法人もなることができます。裁判所で法人後見人に選任された例では司法書士で組織された社団法人や、社会福祉協議会、社会福祉士会等があります。

5:×後見人の職務に葬儀は含まれません。原則として葬儀は、相続人が執り行います。

 

 問題79 Bさん(83歳、要介護2)は、妻(78歳)と二人暮らしである。3年前から物忘れが多くなり、半年くらい前から一日中、何もしないですごすようになっている。最近では入浴を嫌がるほか、日常生活全般に見守りや介助が必要になっており、失禁のためおむつを使用している。現在、訪問介護を週2回利用しているが、妻は、最近疲れるようになってきたと訴えている。Bさんが在宅での生活を続けるために当面必要とするものとして、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 認知症対応型通所介護

2 認知症対応型共同生活介護

3 通所リハビリテーション

4 居宅療養管理指導

5 特定施設入居者生活介護

 

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

問題80 認知症(dementia)の症状として、通常見られないものを一つ選びなさい。

1 記憶障害

2 運動失調

3 失語

4 見当識障害

5 判断力の低下

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:×通常見られません。認知症の症状としては健忘 :物忘れがひどくなる。 見当識障害: 日時、場所、人がわからなくなる。 思考障害: 考える力、理解する力が低下する。計算ができなくなる 。認知障害: 物事を見分け判断する力が低下する。人違いをする。 失語: 言葉がなかなか出てこないなどの症状があります。

3:○

4:○

5:○

 

 

問題81 在宅療養中のCさん(72歳、男性)は、転倒し後頭部を打ったが、いつもと様子は変わらなかった。しかし4週間たった頃より、物忘れが急速に強くなり、ここ数日、ふらつくようになった。Cさんの疾患として、最も可能性の高いものを一つ選びなさい。

1 アルツハイマー

2 血管性認知症

3 慢性硬膜下血腫

4 クロイツフェルト・ヤコブ病

5 前頭側頭型認知症

 

解答

1:×

2:×

3:○慢性硬膜下血腫 (まんせいこうまくかけっしゅは、主に 高齢者 にみられる、 硬膜 と 脳 の間に血腫が緩徐に形成される疾患。多くは、数ヶ月前に頭をぶつけたなど比較的軽度な 頭部外傷 が原因のことが多いです。症状としては問題文にあるように物忘れやふらつきなどがあります。

4:×

5:×

 

問題82 レビー小体型認知症の症状の特徴として、適切でないものを一つ選びなさい。

1 パーキンソン症状

2 鮮明で具体的な内容の幻視

3 初期からの人格変化

4 症状の日内変動

5 転倒しやすい

 

解答(○×解答するにあたり、適切な解答に○、不適切な解答を×としました)

1:○

2:○

3:×レビー小体型認知症(れびーしょうたいがたにんちしょう)はアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症と同じ認知症で、変性性認知症の一種です。日本では三大認知症の一つです。認知障害だけでなくパーキンソン病のような運動障害も併発するのが特徴です。「レビー小体型認知症ではその発症初期に幻覚、特に幻視や妄想が出てくるのが特徴です。患者自身にとっては”リアル”にそこにはないものが見えてきます。人格変化は初期の段階ではあらわれてきません。

4:○

5:○

 

問題83 長谷川式認知症スケールに関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 知能指数(IQ)で評価する

2 心理症状、行動障害に関する質問から成る

3 うつ状態の有無を知ることができる

4 記憶、見当識、計算などに関する質問から成る

5 点数(得点)が高いほど重症である

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○長谷川式スケールは比較的短時間で簡単に評価できるため、日本ではよく使われています。30点満点で、21点以上は非認知症、20 点以下を認知症の疑いとしていますが、軽度の認知症は平均19.1点、中等度認知症で15.4点、高度の認知症で10.7点、非常に高度で4.0点となっています。質問内容についてはhttp://www.ntv.co.jp/gyoten/0709gyoten/sp/hasegawa/index.html ←こちらを参考にしてください。

5:×点数が低いほど重症です。

 

問題84 Dさん(80歳、女性)は、数年前から物忘れが多くなっている。一人息子は遠方におり、長く夫と二人暮らしをしていた。半年前に夫が亡くなったことを嘆いていたかと思うと、別の日には夫が帰ってこないと心配して、近所を歩き回るといった状況である。今回、グループホームに入所することになった。入所後の生活支援として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 たびたび面会に来るよう息子に連絡する

2 夫の位牌や仏壇は息子に預かってもらう

3 一人にならないよう、常に見守る

4 家具の配置は掃除のしやすさを優先する

5 家事等に参加できる機会をつくり、役割をみつける

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○

 

問題85 アルツハイマー型認知症の初期の階段で起こることとして、最も可能性の高いものを一つ選びなさい。

1 もの盗られ妄想

2 幻視

3 反社会的な行動

4 けいれん発作

5 めまい

 

解答

1:○

2:×アルツハイマー型認知症の初期症状には次のものがります。けっこうたくさんありますが整理しておいてください。・お金や財布やを盗まれたと言って騒ぐようになる。・人や物の名前が出てこない。 ・日にちや時間がわからなくなる。 ・以前持っていた関心や興味を失くしてしまう。 ・ちょっとしたことで怒りっぽくなる。 ・同じことを何度も聞いたり、言ったりする。 ・どこに物を置いたのか思い出せなくなる。 ・以前はしていた日課をしなくなる。 ・薬が管理できなくなる。 ・いつもの場所で道に迷ってしまう。 ・夜中に起き出して騒ぐことがある。 ・水道の蛇口など、しめ忘れが多くなる。 ・簡単な計算も間違えるようになる。 ・身だしなみを気にしなくなる。  ・以前よりもとても疑い深くなってきた。 ・テレビドラマなど、内容が理解できなくなる。

3:×

4:×

5:×

 

問題86 地域包括支援センターに関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。

1 地域の介護支援専門員が抱える支援困難な認知症事例について直接対応する

2 精神保健福祉士の配置が義務づけられている

3 通所している認知症の人に創作的活動や生産活動を提供して、社会との交流を促進する

4 成年後見制度の活動促進や消費者被害の防止に取り組む

5 近隣の住民からの要請で、近隣の住宅に無断侵入する認知症の人を施設に入所させる手続きをする

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

参考 地域包括支援センター業務

@介護予防事業。

要支援1・2、特定高齢者(生活機能の低下に不安がある高齢者)の人が、介護を必要とする状態になることを未然に防ぎ、また、介護が必要な人でも、できるだけ体の機能を改善するために、一人一人の状態に合わせたさまざまなサービスの利用計画を作成する。

Aさまざまな相談。

高齢者やその家族、近所に住む一人暮らしの高齢者の介護や福祉・保健・医療に関する悩み、相談を受け、必要な介護予防サービスなどを紹介する。

B地域のつながりの強化。

地域の高齢者団体の活動支援や介護支援専門員(ケアマネジャー)のネットワークづくり、医療機関との連携などを進める。

C高齢者の権利を守る。

地域のつながりを強めて、高齢者虐待の防止や認知症により自分自身の財産などを管理できない人の支援を行う。


【障害の理解】10問 87〜96問
問題87 ICFInternational Classification of Functioning, Disability and Health;国際生活機能分類)にしたがって次の状態を定義した場合、正しいものを一つ選びなさい。

1 片足を切断しても義足を着けて歩くことができるのは「参加」である

2 右片麻痺があるが福祉用具を使って食事を作ることができるのは「活動」である

3 尿失禁が思わぬときに起こるのでゲートボール大会への出場を控えるのは「活動制限」である

4 調理や掃除等の生活行為ができなくなるのは「参加制約」である

5 盲導犬利用者が結婚式への出席を断られるのは「活動制限」である

解答

1:×この説明は「生活機能レベル」です・

2:○下記の参考をご覧ください。

3:×「参加制約」の例です。

4:×「活動制約」の例です。

5:×「参加制約」の例です。

参考

生活機能の3つのレベル

1:「心身機能・構造」(生命レベル)とは、手足の動きなどの体の働き、精神の働き、視覚、聴覚、体の一部分などのことです。

2:「活動」(生活レベル)とは、生きていくために基本的に必要な日常生活行為(ADL)のことで、歩いたり、食事をしたり、トイレに行ったり、お風呂に入るなどの行為のことです。また、家事や仕事、趣味などの余暇活動もこの中に含まれます。

3:「参加」(人生レベル)とは、社会的な出来事に関与したり、役割を果たすことで、家庭内の役割や仕事場での役割、地域活動への参加などのさまざまなものが含まれます。

ICFは生活機能というプラス面を重視するようになりましたが、マイナス面を無視するわけではありません。マイナス面については、プラスを前提としてそこに問題が生じた状態(マイナス)を見ます。「心身機能・構造」の場合「機能障害」、「活動」の場合「活動制限」、「参加」の場合「参加制約」となります。例えば歩行という「活動」において、下肢の筋力が低下したために歩行が不十分になることが「活動制限」です。

by 「うぐいすリハビリ研究所 所長 鴬 春夫氏」を参考としました。

 

問題88 ノーマライゼーションに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 大規模入所施設を増加させた。

2 スウェーデンで初めて提唱された。

3 昭和40年代の日本の障害者施策に強い影響を与えた。

4 「統合教育」という意味である。

5 障害者基本計画を支える理念の一つである。

解答

1:×デンマークではノーマライゼーション思想の普及の中で、それまで国が運営していた大規模な障害児・者施設が解体され、地方に分散されました。

2:×ノーマライゼーションはデンマークのバンク=ミケルセンにより初めて提唱され、スウェーデンのニイリエにより世界中に広められました。

3:×

4:×「統合教育」は、予め健常児と障害児を区別した上で、同じ場所で教育するというものでる。ノーマライゼーションは「障害者を特別視せず、普通の人と同じように受け入れ、ともに同じ社会の一員として生活を営んでいこう」という考え方ですから同じ意味とはいえません。

5:○障害者基本計画では「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」を基本理念として、障 害者の「完全参加と平等」の実現を目指しています。

 

問題89 自宅療養中のEさん(76歳、男性)は、他人への意思伝達は筆談で行っている。また、歩行のときには、右手でT字杖を使用し、左足に短下肢装具を装着している。

Eさんの現在の障害の状況として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 失語

2 記憶障害

3 片麻痺

4 失調

5 大腿の切断

 

解答

1:×失語症になると筆談も困難なのが一般的です。

2:×

3:○「右手でT字杖を使用し、左足に短下肢装具を装着」という記述から左片麻痺と推測できます。

4:×

5:×大腿を切断しているとすれば短下肢装具を装着していることはありません。

 

問題90 内部障害に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。
1
 慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease)では、透析療法が必要となる場合がある
2
 慢性腎不全(chronic renal failure)では、在宅酸素療法が必要となる場合がある
3
 大腸がん(colorectal cancer)では、消化管ストーマが必要となる場合がある
4
 ヒト免疫不全ウィルス(HIV)病(human immunodeficiency virusHIVdisease)では、尿路ストーマが必要となる場合がある
5
 肝硬変(liver cirrhosis)では、埋(植)込式心臓ペースメーカーが必要となる場合がある

解答

1:×慢性閉塞性肺疾患は代表的な慢性呼吸器疾患の一つで、さまざまな有毒なガスや微粒子の吸入、特に 喫煙がきっかけになり 、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に 息切れ が生じる病気です。透析療法は腎臓 の機能を人工的に代替する治療で慢性閉塞性肺疾患の治療とは関係ありません。

2:×在宅酸素療法は肺の機能が低下し、体に必要な酸素が取り込めない人が、自宅で酸素吸入器を利用して酸素供給をするものです。慢性腎不全は腎臓の機能が低下した状態ですが、酸素療法を行うことはありません。

3:○大腸癌で肛門機能が失われた場合には 人工肛門(ストーマ)を使うことがあります。

4:×

5:×心臓ペースメーカーは心臓の鼓動が途切れたり、一定以上の間隔を超えてしまったりすると、それを察知して電気刺激を心臓に送り、心臓が正常に働くための装置です。従って肝硬変でそれが必要とされることはありません。


問題91 失語症(aphasia)に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1
 あいさつなどの定型化している言葉は障害されやすい。
2
 脳血管障害(cerebrovasucular disorder)による構音障害は失語症に含まれる。
3
 文や文章よりも単語の理解が困難になる。
4
 聴覚障害から生じる音声言語の不正確さは失語症に含まれる。
5
 聴覚的理解を補うためには、はっきりした言葉でゆっくりと話しかける。

解答

1:×挨拶など定型化しているものや感情的な言葉については、言語野が損傷されても残っていることが多いです。

2:×構音障害は、失語症と違って、言いたいことばが思い出せないということがないので構音障害は失語症に含まれません。

3:×失語症では文章などの理解が困難になります。失語症の人には理解し易いように箇条書きにするなどの配慮が必要になってきます。。

4:×

5:○


問題92 統合失調症(schizophrenia)の回復期の対応として、適切なものを一つ選びなさい。
1
 新しい事を数多く体験することで自信を持たせる。
2
 発症前の生活リズムにすぐに戻すよう支援する。
3
 病の体験と現実との葛藤があることを理解して支援する。
4
 家族と相談しながら薬を減らすよう勧める。
5
 同世代の人と同じように仕事や余暇活動をするという目標を立てる。

解答

1:×むしろ混乱して自信をなくすることがあります。

2:×すぐに戻すのではなく徐々に戻すような支援のありかたが必要です。

3:○

4:×薬の処方に関しては精神科医の領分となります。

5:×同世代の人と同じ目標であせって社会復帰の目標をたてると無意識のうちに力がこもって、新しいストレスを抱えてしまうことになります。徐々にペースをつかんでいくような目標がいいでしょう。.


問題93 高次脳機能障害(higher brain dysfunction)の種類と症状に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1
 遂行機能障害のため、日常生活や仕事の内容を計画して実行できない
2
 半側空間無視のため、歯ブラシの使い方が分からない
3
 社会的行動障害のため、字の読み書きができない
4
 失行のため、同時に二つ以上のことに気配りできない
5
 注意障害のため、突然興奮したり、怒り出す

解答

1:○

2:×使い方は知っているが、目の前の空間の半分(多く左側)に注意が向かない障害です。

3:×すぐに人に頼ったり子供っぽくなったり、欲求のコントロールができなくなったり、感情コントロールができないなどの障害です。

4:×麻痺はないのに意図した動作や指示された動作ができなくなる障害です。

5:×この文章は社会的行動障害の説明なので間違いです。

 

参考

高直脳障害の社会的行動障害→すぐに人に頼ったり子供っぽくなったり、欲求のコントロールができなくなったり、感情コントロールができないなどの障害のことをいう。

高次脳機能障害の注意障害→注意を向けること、維持することの障害である。

高次脳機能障害の記憶障害→新しいことを記憶することが困難になる障害である

高次脳機能障害の行動と感情の障害→行動や感情をコントロールすることの障害である

高次脳機能障害の遂行機能障害→日常生活や仕事の内容を整理・計画・処理・実行することの障害である。

高次脳機能障害の失語症→話す・聞く・書くことの障害である。

高次脳機能障害の半側空間無視→目の前の空間の半分(多く左側)に注意が向かない障害である。

高次脳機能障害の失行症→麻痺はないのに意図した動作や指示された動作ができなくなる障害である。

高次脳機能障害の地誌的障害→地理や場所についてわからなくなる障害である。

高次脳機能障害の失認症→見ているもの・聞いているもの・触っているものがわからなくなる障害である。

高次脳機能障害の半側身体失認→身体の片側(主に麻痺側)に対する認識が低下してしまう障害である。


問題94 知的障害に関する次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1
 一度、正常に発達した知的機能が、脳の器質的障害により低下した状態をいう。

2 知的機能の障害及び日常生活の支障によって特徴づけられる。
3
 その障害がおおむね10歳までにあらわれたものをいう。
4
 重症心身障害とは、重度の知的障害と重度の内部障害が重複した状態をいう。
5
 知的障害児・者の施設入所者数は在宅者数に比べて多い。

 

解答

1:×「知的障害者」とは「知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にあるもの。」と定義されています。

2:○「知的障害者」とは「知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にあるもの。」と定義されています。

3:×「知的障害者」とは「知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にあるもの。」と定義されています。

4:×重症心身障害とは 重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態をいいます。

5:×施設入所者(約12万人)よりも在宅者(約42万人)のほうが圧倒的に多いです。

 

問題95 広汎性発達障害の特性として、正しいものを一つ選びなさい。

1 親の育て方による障害

2 本人の努力不足による障害

3 その症状が通常成人期以降に発現する障害

4 コミュニケーションの障害

5 廃用症候群による障害

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

参考

「広汎性発達障害」は、「自閉症」「アスペルガー症候群」「レッド症候群」「小児期崩壊性障害」「その他の自閉症」という5つ障害の総称です。

 この障害では、人と関わることが苦手、会話が苦手で自分の言いたいことだけを一方的に話してしまう、何か想像して行動するのが苦手で、おままごとやお買い物ごっこなどが上手にできないといった特徴があります。このような「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像力とそれに基づく行動の障害」が、3歳までに6ヶ月以上見られた場合、広汎性発達障害の診断を考慮します。

 

問題96 知的障害があるFさん(51歳、女性)は、入所施設で生活介護を受けながら生活していた。ADLActivities of Daily Living;日常生活動作)は自立しているが、家事や金銭管理について援助が必要な状況である。家族から経済的支援、精神的支援を得ることはできない。ある日、Fさんから「仕事はできないけれど、ここから出て暮らしてみたい」との希望があり、検討することになった。入所施設がFさんの地域生活を支援するためのアプローチとして、最も適切なものを一つ選びなさい。

 

1 就労以降支援の利用を勧める

2 行動支援を受けるために、市町村に申請する

3 一人で外出できるように、入所施設内で手引き歩行の訓練を行う

4 発達障害者支援センターに連絡を取り、支援を依頼する

5 地域自立支援協議会に個別支援計画の検討を依頼する

 

解答

1:×問題文中「Fさんから「仕事はできないけれど、ここから出て暮らしてみたい」との希望があり」とあるので就労支援は不適切です。

2:×問題文中「ADLActivities of Daily Living;日常生活動作)は自立している」とあるので行動支援を市町村に申請するのは不適切です。

3:×問題文中「ADLActivities of Daily Living;日常生活動作)は自立している」とあるので手引き歩行の訓練は必要がない。

4:×発達障害者支援センターとは ... アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害など発達障害のある方とそのご家族、関係する方たちのための支援センターです。ですから知的障害者は支援の対象となりません。

5:○地域自立支援協議会とは障害のある人とない人が、ともに暮らすことのできる地域づくりのため、市民、事業者、行政が協働して取組を進めるものです。ここでは個別の支援計画も検討します。

 

【こころとからだのしくみ】12問 97〜108問題
問題97 マズロー(Maslow,A.H.)の欲求階層説に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 承認欲求は生理的欲求である

2 最下層にあるものは自己実現の欲求である
3 欲求を4段階に分類している
4 所属・愛情の欲求は最上層の欲求である
5 安全欲求は欠乏欲求である

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○

参考

人間の欲求は,5段階のピラミッドのようになっていて,底辺から始まって,1段階目の欲求が満たされると,2段階、3段階と1段階上の欲求を志すようになるというものです。

人間の欲求の1段階→生理的欲求:人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求

人間の欲求の2段階→安全の欲求:人間が生きる上での衣食住等の根源的な欲求

人間の欲求の3段階→親和の欲求:他人と関りたい,他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求

人間の欲求の4段階→自我の欲求:自分が集団から価値ある存在と認められ,尊敬されることを求める認知欲求

人間の欲求の5段階→自己実現の欲求:自分の能力,可能性を発揮し,創造的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求

 

問題98 介護老人保健施設に入所しているGさん(78,女性)は上品で化粧も上手で、入所している人から関心を持たれていた。訓練の際にも入所者から励まされ、どうにか伝い歩きができるようになっていた。そこへ車いすのHさん(75,女性)が新しく入所してきた。Hさんは裕福な家庭で、家族の来訪の際には入所者へのプレゼントもあり、入所者の関心はHさんに移ってしまった。するとGさんは伝い歩きをしなくなり、失禁までするようになった。

Gさんの適応機制(防衛機制)として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 逃避

2 同一化(同一視)
3 退行
4 昇華
5 抑圧

 

解答

1:×

2:×

3:○防衛機制(適応機制)の退行とは、たえがたい事態に直面したとき、発達の未熟な段階にあともどりして自分を守ろうとする機制です。Gさんはいままで入所者の関心が自分にあったのにHさんに皆の関心が移ったことで耐えられなくなり自分の前生活史の失禁行為をしてしまったと考えられます。

4:×

5:×

 

 

問題99 血液中において酸素の運搬を行っている成分として、正しいものを一つ選びなさい。

1 血しょう

2 血小板

3 赤血球

4 白血球

5 リンパ球

 

解答

1:×血漿(血しょう)は、血液の血球成分を除去したものです。

2:×血小板は血液 に含まれる細胞 成分の一種で血管が損傷した時に集合してその傷口をふさぎ(血小板凝集)、出血を止める作用を持ちます。

3:○ヘモグロビンは、血液中に存在する赤血球の中にあるタンパク質であるが、酸素分子と結合する性質を持ち肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っています。

4:×白血球は、体内に細菌や異物が進入すると、それらを自分の中に取り込み、消化分解しています。したがって、体内に細菌や異物が進入して炎症を起こすと白血球が盛んにつくられ、血液中に白血球が増えます。

5:×リンパ球は体内にウイルスなどの異物が侵入してくると、これを「抗原」と認識し、抗原の活動を邪魔する「抗体」を作って捕まえます。

 

 

問題100 老化に伴う口腔・嚥下機能の変化として、正しいものを一つ選びなさい。

1 唾液分泌量が増加する

2 味蕾の数は変わらない

3 嚥下反射が亢進する

4 咀嚼力は変わらない

5 舌の動きが低下する

 

解答

1:×下記の参考を参照してください。

2:×

3:×

4:×

5:○

 

参考

高齢者は、加齢とともに歯が欠損し、舌の運動機能が低下、咀嚼(そしゃく)能力が低下し、唾液の分泌も低下、口腔感覚の鈍化、塩味に対する味覚の低下などが生じて、咽頭への食べものの送り込みが遅れるような口腔での問題が生じます。

 

問題101 I A D L (Instrumental Activities of Daily Living;手段的日常生活動作)に含まれる項目として、正しいものを一つ選びなさい。

 

1 洗面

2 更衣

3 移乗

4 洗濯

5 友人との付き合い

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○手段的日常生活動作には買い物や洗濯、掃除等の家事全般や、金銭管理や服薬管理、外出して乗り物に乗ること等で、最近は、趣味のための活動も含むと考えられるようになってきています。「友人との付き合い」は手段的日常生活動作に含まれません。

5:×

参考
手段的日常生活動作とは、電話の使い方、買い物、洗濯、家事、移動、外出、服薬の管理、金銭の管理など、 日常生活動作 (ADL: activity of daily living)ではとらえられない高次の生活機能の水準を測定するものです。

問題102 脊髄小脳変性症(spinocerebellar degeneration)に見られる歩行として、正しいものを一つ選びなさい。

1 小刻み歩行

2 間欠性跛行

3 失調性歩行

4 すくみ足歩行

5 加速歩行

 

解答

1:×

2:×

3:○脊髄小脳変性症では、歩行時にふらついたり(体幹動揺、失調性歩行)、手足の動きがぎこちなくなり、言葉が不明瞭になります。

4:×

5:×

 

参考

脊髄小脳変性症 (せきずいしょうのうへんせいしょう)は、運動失調を主な症状とする 神経疾患で歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状をおこします。

 

問題103 長期臥床により生じやすい症状・疾患として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 無尿

2 心機能亢進

3 下痢

4 肺炎(pneumonia)

5 貧血(anemia)

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○長期臥床により廃用症候群になると、摂食・嚥下障害が 引き起こされ誤嚥性肺炎発症の リスクが高まります。

5:×

 

問題104 Jさん(80,女性)は腰椎圧迫骨折(lumbar compression fracture)のため2週間入院し、10日前に退院した。症状は軽快し現在はコルセットを使用しており、腰痛もない。ほかに持病はなく日常生活は自立している。近所に住む娘から「昼間の様子を見に行くと、いつも横になっている」と相談を受けた。Jさんに対して、特に廃用症候群(disuse syndrome)の予防のために行う介護職のアドバイスとして、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 日中の休養は座位でとるようにする

2 食事の量を制限して体重を減らす

3 鎮痛剤を多めに服用する

4 病院に再入院を依頼する

5 ポータブルトイレを利用する

 

解答

1:○寝るばかりでなく日中は座位をとることが褥瘡の予防となります。

2:×褥瘡予防には食べて栄養をとることが大切です。

3:×問題文に「症状は軽快し現在はコルセットを使用しており、腰痛もない」との記述があるので鎮痛剤の服用は必要ないのでは。

4:×問題文に「腰痛もなく、ほかに持病はなく日常生活は自立している」との記述があるので病院への再入院の必要はありません。

5:×

 

問題105 摂食・嚥下に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 先行期は認知機能の影響を受ける。

2 準備期では食塊を咽頭に送り込む。

3 口腔期の食塊の移送は口唇で行う。

4 咽頭期は鼻腔が開放して始まる。

5 食道期は随意的な運動で行われる。

 

解答

1:○先行期は認知期とも言われています。つまり、これから摂食する食物の性状を認知することにより、食べ方・唾液分泌・姿勢といった摂食に必要な準備を整えます。

2:×以下は下記参考を参照のこと。

3:×

4:×

5:×

 

参考

摂食・嚥下の過程は5つに分けられます。

@先行期→何をどのくらい、どのように食べるかを判断する時期。

A準備期→食物を口に取り込み、咀嚼し、唾液と混ぜて飲み込み易いように食塊をつくる時期。

B口腔期→食塊を舌によって口からのどへ送り込む時期。

C咽頭期→食物をのどから食道へ送り込む時期。

D食道期→食塊を食道内から胃へと送り込む時期。

 

問題106 42度以上の高温による入浴が身体に与える影響として、正しいものを一つ選びなさい。

1 心拍数が減少する

2 血圧が低下する

3 筋肉が収縮する

4 腸の動きが活発になる

5 腎臓の働きが促進される

 

解答

1:×心拍数は増加します。

2:×入浴直後は皮膚への温度刺激で交感神経が刺激され、さらに血圧が上がります。

3:○下記参考を参照してください。

4:×下記参考を参照してください。

5:×下記参考を参照してください。

 

参考

42度以上の高温では、熱による刺激によって、交感神経が緊張した状態になります。その結果、心拍が増え、血圧は上昇し、呼吸は促進され、消化管運動は抑制され、発汗が促されます。 逆に、39度以下の低温では、交感神経の緊張が解かれ、副交感神経優位になります。その結果、心拍は減り、血圧は下がり、胃腸の動きが活発となり、体の緊張が解かれ、鎮静効果が得られます。

 

問題107 睡眠に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 睡眠時間が長ければ長いほど健康的である。

2 レム睡眠は30分ごとに繰り返し出現する。

3 抗ヒスタミン薬は覚醒作用がある。

4 最も深い眠りの段階はノンレム睡眠である。

5 ヒトは松果体に体内時計がある。

 

解答

1:×睡眠時間は長くても短くても病気になりやすく、寿命が短くなることが分かっています。大切なのは長さではなく睡眠の質です。

2:×下記参考参照 30分ではなく90分サイクル

3:×抗ヒスタミン薬は中枢神経系に作用して眠気を引き起こします。

4:○下記参考参照

5:×124時間の生活に調節する体内時計はどこにあるのかというと、視交叉上核(しこうさじょうかく)といって視床下部にある神経細胞にあります。ここが光を感じると松果体に信号を送ります。松果体からはメラトニンという睡眠を誘うホルモンが分泌されます。

 

参考

ヒトは眠っている間にレム睡眠とノンレム睡眠を周期的に繰り返していますレム睡眠は浅く呼吸をして、眼球が活発に働いている状態のことをいいます。ノンレム睡眠は深い寝息で眠っている状態のことです。このとき脳は活動を低下させ、休息しています。ノンレム睡眠とレム睡眠がセットになり、おおよそ90分のサイクルを何回か繰り返していることがわかっています。

 

 問題108 キューブラー・ロス(Kübler-Ross,E.)が示した終末期にある人の心理の過程として、正しいものを一つ選びなさい。

1 悲観

2 怒り

3 卑屈

4 悟り

5 平安

 

解答

1:×

2:○下記の参考を参照してください。

3:×

4:×

5:×

 

参考

キューブラーロスの「死の受容への五段階」

@否認→ A怒り→ B取引→ C抑うつ→ D受容

@否認→自分自身の病を否定する気持ち  

A怒り→病気になった自分や周囲に対して怒りの感情を持つ。「なぜ自分が…」

B取引→神に変わる対象に対して取引を行う。「もし病気が治るなら自分の人生を社会に役立てたい」

C抑うつ→気分の落ち込み、食欲不振、不眠、絶望

D受容→自分自身の死を受け入れる

 

【総合問題】12問 109〜120問題

次の事例を読んで問題109から111までについて答えなさい。

{事例}
K
さん(78歳、女性)は、アルツハイマー型認知症(dementia of hte Alzheimer's type)(認知症高齢者の日常生活自立度ランクUa)と診断されていた。夫が亡くなった後、隣町で理容店を営む息子夫婦と同居するようになった。3ヶ月たった頃から夕方になると「夫が帰って来ない」と玄関先に座るようになり、夜中に夫を探して家中歩き回るようになった。診察の結果、認知症(dementia )の進行(認知症高齢者の日常生活自立度ランクVb)が認められた。Kさんが夜間に徘徊するため息子の妻は不眠が続き体調を崩してしまった。現在、Kさんは自宅に近いグループホームに入所している。

 

問題109 夕方になると「夫が帰ってくるので、家に帰ります」と言って足早に外に出ようとするKさんに介護職がかける言葉として、最も適切なものを一つ選びなさい。

 1 「暗くなるので外は危ないですよ」

2 「家に帰りたいのですね」

3 「ここがKさんの家ですよ」

4 「明日息子さんに来てもらいましょう」

5 「もうすぐ夕食の時間ですよ」

解答

1:×

2:○

3:×

4:×

5:×

 

問題110 息子夫婦は週一回面会に来るようになったが、Kさんの病状が進行していくことを心配している。息子夫婦に対する介護職の働きかけとして、最も適切でないものを一つ選びなさい。

1 過去1週間のKさんの生活の状態を報告した

2 面会時にKさんと一緒に近所を散歩することを勧めた

3 今後予測されるKさんの状態を説明した

4 他の利用者を考慮して月1回の面会にしてほしいと頼んだ

5 病状のことで問題があれば医療職と連携して対応することを伝えた

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

 問題111 認知症高齢者の日常生活自立度ランクWまで認知症が進行したときに予測されるKさんの状態として、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 息子夫婦の商売を心配するようになる
2 自室の掃除など身の回りのことをするようになる
3 食事のたびに代金の事を心配するようになる
4 夫のことを言わなくなる
5 妄想による問題行動が継続する

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

《総合問題2》

 

次の事例を読んで、問題112から問題114までについて答えなさい。
{事例}
Lさん(24歳、男性)は、小さい頃からスポーツ好きだった。特に球技が得意で、学生時代はサッカー選手だった。2年前に大学を卒業後、就職して2カ月後に交通事故で胸髄損傷(thoracic spinal cord injury)を負い、両下肢が不全麻痺の状態になった。尿意はなかったが自己導尿が可能となっていた。障害手帳を取得したものの、家に引きこもって家族の介護を受けていた。1年前よりようやく生活介護事業所に通所できるようになった。通所当初から障害を受容できず、何事にも消極的で、他の利用者や職員とほとんどコミュニケーションをとらなかった。生活面も車いすへの移乗や移動は職員任せであった。時折、外を見ながら、涙ぐんでいるときがあった。ある日、送迎時の車の中で、Lさんは職員に「なぜこんなことになったのか、僕には仕事も、スポーツも、結婚も、もうない」とぽつりと言った。

問題112 送迎に付き添う介護職が、Lさんにかける言葉として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 「頑張ればきっとよくなりますよ」
2 「リハビリをして仕事に復帰しましょう」
3 「サッカーの試合を観戦しに行きませんか」
4 「今の思いをゆっくり話してみませんか」
5 「学生時代の友人に会ってみませんか」

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

問題113 職員はLさんがサッカー選手だった事を知り、週末に地域にある障害者スポーツセンターに行くことを勧めた。それが良いきっかけとなったの か、その後、Lさんは車いすバスケットボールを始めることを考えるようになった。
Lさんが障害者スポーツに参加するための支援として、適切な物を一つ選びなさい。

 1 移動支援
2 行動支援
3 重度障害者等包括支援
4 居宅介護
5 コミュニケーション支援

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

 問題114 Lさんは、車いすバスケットボールをすることにより、様々な活動に積極的に参加するようになった。半年後週2回の自立訓練(機能訓練)を始めて、現在では右足で体重が支えられるまで

になった。そこでLさんは、両上肢を利用して車いすへの移乗が可能であったが、自分の足で車いすへの移乗ができることを希望し訓練を始めた。

この時点で、Lさんがベッドから車いすに自力で移乗する際に介助をするときの留意点として、適切なものを一つ選びなさい。

 1 左側に車いすを置く

2 右足を前に出す

3 上体を垂直にする

4 勢いをつけて立ち上がる

5 右足の膝折れに注意する

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:×

5:○

 

《総合問題3》

次の事例を読んで、問題115から問題117までについて答えなさい。

{
事例}
 Mさん(55歳、男性、要介護5)は、妻(54歳)と娘(25歳、会社勤務)の三人暮らしである。52歳のときに、筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)を発症した。54歳でほぼ全介助となった。現在、食事はミキサー食である。風呂好きであったが、発症後は妻が清拭と部分浴をしている。リフトを使用してリクライニング式車いすへ移乗し、午前と午後に1時間程度座っている。右手の親指のみ、少し動かすことができる状態である。
 最近のMさんは球麻痺症状が強くなり、呼吸もしづらくなってきている。医師から「今後1か月以内には、胃瘻の造設と人口呼吸器装着が必要になるだろう」と説明を受けている。主となる介護者は妻であるが、娘は夕方から就寝まで手伝っている。
 娘は半年後に結婚を控えている。Mさんは結婚式に出席して、娘を祝福したいと思っている。

問題115 現在、Mさんに現れている症状として、正しいものを一つ選びなさい。
1 認知障害
2 感覚障害
3 嚥下障害
4 膀胱直腸障害
5 眼球運動障害

解答

1:×

2:×

3:○

4:×

5:×

 
問題116 自宅でMさんの入浴介護を行うために簡易浴槽が必要になった。利用できるサービスとして、正しいものを一つ選びなさい。
1 特定福祉用具販売
2 生活支援事業
3 日常生活用具給付等事業
4 福祉用具貸与
5 難病患者等居宅生活支援事業


解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 
問題117 娘の結婚式を2週間後に控え、娘を祝福したいというMさんの願いをかなえるために、Mさん、妻、介護支援専門員、医師、看護師、作業療法士及び訪問介護員によるカンファレンスが開かれた。 
訪問介護員の役割として、最も適切なものを一つ選びなさい。

1 医療職と連携し、体調管理をする
2 痰の吸引方法を指導する
3 結婚式場の環境を一緒に下見する
4 意思伝達装置のスイッチを工夫する
5 人工呼吸器の事故が発生したときの対応方法を指導する

 

解答

1:○

2:×

3:×

4:×

5:×

 

次の事例を読んで、問題118から問題120までについて答えなさい。

{
事例}
Nさん(75歳、女性)は一人暮らしで、公営住宅の3階に住んでいる。公営住宅にはエレベーターはない。10年前より高血圧の内服治療を受けている。軽度の知的障害があるが、通常の生活を送っている。近所に住んでいる甥は週に1回程度Nさん宅を訪問し、金銭管理面の世話をしている。
 1か月くらい前から、いつものように動くと息切れがする、疲れやすい、足がむくんでだるい、お腹が張るなどの症状がNさんに出現した。主治医から「心不全(heart failure)を起こしているから安静にするように」と告げられた。入院治療を勧められたが拒否し、自宅での生活を続けることになった。甥はNさんのことを心配し、介護保険制度を利用することを提案した。

問題118 Nさんは、訪問介護サービス〔週3回(昼のみ)〕、訪問看護サービス〔週1回〕を利用することになった。訪問介護員がNさんの状態について訪問介護員がNさんの状態について訪問看護師に報告する内容として、最も優先すべきものを一つ選びなさい。
1 口臭の有無
2 体重の変化
3 便の回数
4 睡眠時間
5 家事動作

解答

1:×

2:×

3:○便秘が原因でいきむことがあると血圧が上昇し心臓への負担を増加させることがあります。問題文にもあるように「お腹が張るなどの症状がNさんに出現。主治医から「心不全を起こしている…」という記述があることから、最も優先すべきことは便の回数ということを正解としました。ちなみに試験センターの公式正解は3:○となっています。(平成28年1月12日解説追加)

(参考)これについては、いろいろ論議がり「心不全になると腎臓への血液の量も減るため尿量も少なくなり、余分な水分が身体にたまりむくみやすくなるので2:体重の変化が正解ではないかとの意見もありました。

4:×

5:×


問題119 訪問介護サービス開始後1か月経過した。Nさんの症状は軽減し、医師から「少しずつ身体を動かしていくようにしましょう」と言われた。訪問介護員が行う日常生活の支援として、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 1回の食事摂取量を増やすよう促す
2 買い物に出かけるよう促す
3 食事を一緒につくるよう促す
4 布団を上げて掃除をするよう促す
5 長時間の入浴を促す

解答

1:×

2:×

3:○

4:×

5:×

 

問題120 さらに2週間が経過して、Nさんの生活は病気になる前の状態に近くなり、訪問看護サービスは終了となった。一方、仕事の都合でNさんの甥は遠方に引っ越した。
今後、Nさんが自立した生活をしていくための訪問介護員の対応として、最も適切なものを一つ選びなさい。
1 訪問介護サービスを終了する。
2 金銭の管理を甥から引き継ぐ。
3 甥を一人で訪問するよう勧める。
4 1階への転居について相談するよう勧める。
5 食事の味付けを濃くするよう勧める。

 

解答

1:×

2:×

3:×

4:○

5:×

 

inserted by FC2 system